一人称ホラー『God's Basement』「本作を完成させるため中退してしまいました」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

一人称ホラー『God's Basement』「本作を完成させるため中退してしまいました」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Erebus氏開発、PC向けに10月17日リリースされた一人称ホラー『God's Basement』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
一人称ホラー『God's Basement』「本作を完成させるため中退してしまいました」【注目インディーミニ問答】
  • 一人称ホラー『God's Basement』「本作を完成させるため中退してしまいました」【注目インディーミニ問答】
  • 一人称ホラー『God's Basement』「本作を完成させるため中退してしまいました」【注目インディーミニ問答】
  • 一人称ホラー『God's Basement』「本作を完成させるため中退してしまいました」【注目インディーミニ問答】
  • 一人称ホラー『God's Basement』「本作を完成させるため中退してしまいました」【注目インディーミニ問答】
  • 一人称ホラー『God's Basement』「本作を完成させるため中退してしまいました」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Erebus氏開発、PC向けに10月17日リリースされた一人称ホラー『God's Basement』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、一人称視点によるシングルプレイのホラーゲーム。平凡なオフィスで目覚めた主人公は、「オペレーター」と名乗る人物の指示に従うことに。部屋に散らばる書類は、ここが「神の地下室」と呼ばれる死後の世界であることを暗示しており、奥深くへ進んでいくうちに、過去の人生の真実や恐怖を解き明かしていきます。日本語にも対応済みです。

『God's Basement』は1,520円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Erebus氏:ゲームデベロッパーのErebusです。本作の開発当初は大学二年生で、本作を完成させるため中退してしまいましたが、あれは正しい選択だったと思っています。今は21歳で、将来的により多くのウォーキング・シミュレーター・スタイルのゲームをリリースしたいと思っています。大学では機械工学を専攻していました。チームで何かをするのは得意でなく、一人で仕事をするのが好きです。他の人と意見を調整する必要がないので、効率的だと思います。しかし私は3Dモデリングやアニメーションのスキルがないので、これによりどうしても技術的な制限が生まれてしまいました。あと、私はホラーの大ファンで、伊藤潤二さんの作品が大好きです!

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Erebus氏:本作の開発は2017年1月ごろに始まりました。一番の困難は、自ら始めたことを最後までやりきるということでした。何かプロジェクトを始めたり、アイデアを出すのはとても簡単なのですが、完成品を作り上げると言うのは大変難しいことです。

また、自分が本当にゲームデベロッパーになりたいのかと言うこともはっきりしていませんでした。そのため躊躇してしまうこともありましたが、今から数ヶ月前、自分の持つ全ての力を本作の開発に注ぎ込もうと決心したのです。開発最初の一年は、全力で取り組むことができませんでした。


――本作の特徴を教えてください。

Erebus氏:本作は雰囲気ホラーと言うことに重点を置いており、強烈な物語体験も特徴です。本作は『Outlast』のような他の作品と比べると、とてもスローペースです。驚かせるような演出はプレイヤーに大きな緊張感を与えるので、本作の中ではかなり疎らに散りばめられています。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Erebus氏:本作は明らかに『P.T.』から影響を受けています。また、『Layers of Fear』のようなホラー・ウォーキング・シミュレーターからの影響もあります。『P.T.』の開発を主導したと言うこともあり、私は小島秀夫さんの大ファンでして、彼の最新作となる『DEATH STRANDING』が本当に楽しみです。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Erebus氏:本作をプレイしていただいた日本のプレイヤーの皆さん、ありがとうございます。皆さんのサポートに感謝すると同時に、今後もより多くのゲームをリリースしたいと思っています。日本文化はとても奥深く、面白く、いつかは日本に行ってみたいです。皆さんに本作を楽しんでいただけると嬉しいです!

――ありがとうございました。


《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top