Steamが一定の収益レベルに達したゲームの収益分配率を変更―ビッグタイトルとの利益一致を図る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamが一定の収益レベルに達したゲームの収益分配率を変更―ビッグタイトルとの利益一致を図る

Valveは、Steamにおけるゲーム配信契約に新しい収益分配率を設定し、その詳細について発表しました。

ニュース ゲーム業界
Steamが一定の収益レベルに達したゲームの収益分配率を変更―ビッグタイトルとの利益一致を図る
  • Steamが一定の収益レベルに達したゲームの収益分配率を変更―ビッグタイトルとの利益一致を図る
  • Steamが一定の収益レベルに達したゲームの収益分配率を変更―ビッグタイトルとの利益一致を図る

Valveは、Steamにおけるゲーム配信契約に新しい収益分配率を設定し、その詳細について明らかにしました。

発表によれば、これはビッグタイトルの開発者によって生み出された肯定的な効果に対する褒賞となることを意図したもので、対象となるタイトルやそのコミュニティとSteamとの利益一致を狙った措置であるとのこと。これにより、2018年10月1日以降にSteamにおけるゲームの収益が1,000万ドル以上に達した作品は、そのアプリケーションの1,000万ドルを超えた以降の収益分配率が75%/25%に調整されます。

さらに、 収益が5,000万ドルに達した時点で、それ以降の利益に対する収益分配率は80%/20%に変更されることも伝えられています。なお、この収益には、ゲームパッケージやDLC、ゲーム内販売やコミュニティマーケットプレースのゲーム料金が含まれるとのこと。また、これに際して売上データの機密性に関する取決めやVRに伴う安全保証に対しても規約の明示化や追加などが行われています。

PC版『Fallout 76』がBethesda.netからの専売になるなど、大型タイトルのSteam離れが話題になった昨今ですが、果たして今回の措置は今後どのように影響するのでしょうか。今後の続報にも注目していく必要がありそうです。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し

    販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し

  2. 『第五人格』に怪盗団が現れる!?『ペルソナ5』コラボでジョーカーやモルガナが人形チックに大変身

    『第五人格』に怪盗団が現れる!?『ペルソナ5』コラボでジョーカーやモルガナが人形チックに大変身

  3. 今年の目玉は特典付き“PCエンジン mini”―アマゾンプライムデー内覧会レポ

    今年の目玉は特典付き“PCエンジン mini”―アマゾンプライムデー内覧会レポ

  4. ナイアンティック「Field Trip」サービス終了へ…『ポケモンGO』『Ingress』の礎となった位置情報アプリ

  5. 台湾高評価ホラー『還願』一時販売中止―「くまのプーさん」に関連した政治的主張の混入とQAチェックのため

  6. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』怪盗団の演技派(?)女優「高巻杏」紹介映像!モルガナと少女漫画風の新技を披露

  7. 『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド参戦!亜種モンスター2種や「ビューモード」機能も

  8. Amazonが「ロード・オブ・ザ・リング」の基本無料MMORPGをPC/コンソール向けに開発中

  9. 販売停止中の台湾ホラーゲーム『還願』中国パブリッシャーが免許取り消しに

  10. ヨルダンで『PUBG』が禁止に…『フォートナイト』なども対象にあがるー市民の苦情や“ゲーム障害”への影響を考慮

アクセスランキングをもっと見る

page top