対戦シューター『Dirty Bomb』が完全無料化!次回アップデートにて課金要素が廃止に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

対戦シューター『Dirty Bomb』が完全無料化!次回アップデートにて課金要素が廃止に

先日開発終了が発表されたSplash Damageの対戦シューター『Dirty Bomb』。同作から全ての課金要素が廃止されることが発表されました。

PC Windows
対戦シューター『Dirty Bomb』が完全無料化!次回アップデートにて課金要素が廃止に
  • 対戦シューター『Dirty Bomb』が完全無料化!次回アップデートにて課金要素が廃止に
  • 対戦シューター『Dirty Bomb』が完全無料化!次回アップデートにて課金要素が廃止に

先日開発終了が発表されたSplash Damageの対戦シューター『Dirty Bomb』。同作から全ての課金要素が廃止されることが発表されました。

これは、以前の開発終了時に発表された「最後の修正アップデート」の内容が変化したもので、全てのプレイヤーが同作を無料で体験可能となりました。武器ケースは25,000クレジットとなり、課金通貨RADがゲームから削除、既存のRADは1RAD=20.84クレジットのレートで変換されます。

また、全てのロードアウト及び武器のSteam上でのトレーディングが可能となる他、イベント限定アイテムやケースなどの購入も可能に。クレジットの獲得量自体も3倍近くに向上します。

Steamにて配信中の『Dirty Bomb』完全無料化は2019年1月15日からを予定。サーバーは2019年末までの維持は約束されていますが、それ以降の展開については未定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 主要6勢力の兵科ツリーを含む『Mount & Blade II: Bannerlord』ベータ映像!

    主要6勢力の兵科ツリーを含む『Mount & Blade II: Bannerlord』ベータ映像!

  2. 『Halo』元クリエイターが贈るSFシューター『Disintegration』海外向けクローズドベータ申込開始

    『Halo』元クリエイターが贈るSFシューター『Disintegration』海外向けクローズドベータ申込開始

  3. 国産オンラインRPG『Master Of Epic』の事業譲渡が発表―今後は株式会社MOEによる運営へ

    国産オンラインRPG『Master Of Epic』の事業譲渡が発表―今後は株式会社MOEによる運営へ

  4. Steamで48本ゲームが同時に配信される―月2本ゲームを作ったインディー制作集団の2年間の成果

  5. 『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

  6. 『Dying Light 2』26分4Kゲームプレイ映像!華麗なパルクールをその目で見よ

  7. ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

  8. PC版『Halo: Combat Evolved Anniversary』パブリックテスト実施延期の可能性?

  9. 『ESO』新シリーズは1000年前のスカイリム地方が舞台に―今後のコンテンツ展開も発表

  10. 8bit風32bit風選べる美麗ドット絵ARPG『Lenna's Inception』配信開始―バグった王国に秩序を取り戻せ

アクセスランキングをもっと見る

page top