『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』米国で新たな商標出願が確認される―2014年発売の『NINJA GAIDEN』スピンオフ作品【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』米国で新たな商標出願が確認される―2014年発売の『NINJA GAIDEN』スピンオフ作品【UPDATE】

SNSユーザーの報告より、コーエーテクモゲームスが『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』の米国での商標出願を、新たに2019年1月2日に行っていたことが明らかとなりました。

ニュース ゲーム業界
『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』米国で新たな商標出願が確認される―2014年発売の『NINJA GAIDEN』スピンオフ作品【UPDATE】
  • 『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』米国で新たな商標出願が確認される―2014年発売の『NINJA GAIDEN』スピンオフ作品【UPDATE】
  • 『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』米国で新たな商標出願が確認される―2014年発売の『NINJA GAIDEN』スピンオフ作品【UPDATE】
  • 『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』米国で新たな商標出願が確認される―2014年発売の『NINJA GAIDEN』スピンオフ作品【UPDATE】
2014年2月公開の映像

Twitterユーザーの報告より、コーエーテクモゲームスが『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』の米国での商標出願を、新たに2019年1月2日に行っていたことが明らかとなりました。


『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』は、コーエーテクモのTeam NINJAとComceptの稲船敬二氏とのコラボレーションによって生まれた『NINJA GAIDEN』のスピンオフ作品です。サイボーグニンジャの主人公がゾンビを相手取って戦うアクションゲームとして、2014年にPC/PS3/Xbox 360向けにリリースされていました。

TwitterユーザーのAndrew Marmo氏は世界知的所有権機関(WIPO)のスクリーンショットを投稿しながら、「PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ向け移植が進行中かもしれない」とコメントしていますが、『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』の現世代機向け展開は現在までに発表されていません。

【UPDATE】(2019/1/9):過去の対応機種の誤りを修正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。
《technocchi》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Googleが新ゲーミングプラットフォーム「Stadia」を発表!あらゆるデバイスからゲームがプレイ可能

    Googleが新ゲーミングプラットフォーム「Stadia」を発表!あらゆるデバイスからゲームがプレイ可能

  2. 『Apex Legends』新レジェンド「オクタン」の詳細が判明―義足のアドレナリンジャンキー

    『Apex Legends』新レジェンド「オクタン」の詳細が判明―義足のアドレナリンジャンキー

  3. 航海ADV『FAR: Lone Sails』海外PS4/XB1で4月2日発売決定―滅びた文明世界と干上がった砂漠の海を往く

    航海ADV『FAR: Lone Sails』海外PS4/XB1で4月2日発売決定―滅びた文明世界と干上がった砂漠の海を往く

  4. 老舗シミュレーション最新作『アノ1800』海外と同日の4月16日に国内発売決定

  5. Gearbox Software新作予告イメージがさらに公開―今度は『Bulletstorm』と『Duke Nukem』に関係か

  6. 『Apex Legends』新レジェンド“オクタン”実装、シーズン1開始は日本時間3月20日午前2時から!

  7. 「Geforce GTX 1060」以上でのDXRリアルタイムレイトレーシング対応が発表!前世代カードでも楽しめる

  8. 孤島バトロワ『The Culling』紆余曲折の末、5月でサービス終了ー開発引継ぎの可能性も

  9. クラウドゲーミング「GeForce NOW」ソフトバンク協力の日本サーバー展開やVR/AR対応などが発表

  10. あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

アクセスランキングをもっと見る

1
page top