もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

海外ピクセルアーティストSea Handler Artは、 アトラスの人気RPG『ペルソナ5』をゲームボーイアドバンスタイトル風にしたファンアートを公開しました。

ゲーム文化 カルチャー

海外ピクセルアーティストSea Handler Artは、 アトラスの人気RPG『ペルソナ5』をゲームボーイアドバンスタイトル風にしたファンアートを公開しました。

Twitterでは、"2003年4月4日発売予定"という文とともに、4枚のスクリーンショット風の画像が公開。同作がもしもゲームボーイアドバンスでリリースされていたらこんな感じだったかもと思わせる、ユニークな仕上がりになっています。

Sea Handler ArtのTwitterではこの他にも、『ペルソナ4』の中央通り商店街や、アニメ「ゆるゆり」の部室などを再現した作品が公開中。気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. EAが悪質な行為を働いたプレイヤーを同社全ゲームおよびサービスから追放―プレイヤー側は徹底抗戦の構え

    EAが悪質な行為を働いたプレイヤーを同社全ゲームおよびサービスから追放―プレイヤー側は徹底抗戦の構え

  2. 草が生えたら刈れ! 草刈りシミュレーター『Mowing Simulator』Steam配信予定

    草が生えたら刈れ! 草刈りシミュレーター『Mowing Simulator』Steam配信予定

  3. 『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN

    『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN

  4. Ninja、『Apex Legends』から原因不明のBAN―TGA 2019にて「Best Multiplayer Game」賞を手渡した数日後

  5. Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

  8. 10代の青年が深層学習型の『CS:GO』チーター検知AIを開発、約一日の稼働で15,000人以上をBAN

  9. 「東京ゲームショウ2020」開催概要が発表!今年のテーマは「未来は、まずゲームにやって来る。」

  10. ミニマルなサバイバル探索ゲーム『Nira』早期アクセス開始日決定ー動きが細かい新トレイラー披露

アクセスランキングをもっと見る

page top