2DローグライトACT『Rift Keeper』「一番の特徴は、コミュニティによる提案に耳を傾けていること」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2DローグライトACT『Rift Keeper』「一番の特徴は、コミュニティによる提案に耳を傾けていること」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Frymore開発、PC向けに1月14日リリースされた2Dローグライトアクション『Rift Keeper』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
2DローグライトACT『Rift Keeper』「一番の特徴は、コミュニティによる提案に耳を傾けていること」【注目インディーミニ問答】
  • 2DローグライトACT『Rift Keeper』「一番の特徴は、コミュニティによる提案に耳を傾けていること」【注目インディーミニ問答】
  • 2DローグライトACT『Rift Keeper』「一番の特徴は、コミュニティによる提案に耳を傾けていること」【注目インディーミニ問答】
  • 2DローグライトACT『Rift Keeper』「一番の特徴は、コミュニティによる提案に耳を傾けていること」【注目インディーミニ問答】
  • 2DローグライトACT『Rift Keeper』「一番の特徴は、コミュニティによる提案に耳を傾けていること」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Frymore開発、PC向けに1月14日リリースされた2Dローグライトアクション『Rift Keeper』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、ファストペースの2Dローグライトアクション。プレイヤーは召喚された守護者となり、様々なアイテムを集めながら、30ものダンジョンに挑みます。日本語にも対応済みです。

『Rift Keeper』は1,010円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Frymore:Frymoreです。私たちはEfe(プログラマー)とYanki(アーティスト/作曲家)という二人のチームで活動しています。お互い6年前からの知り合いで、3年前に一緒に仕事を始めました。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Frymore:2017年に私たちのデビュー作となるホラーアドベンチャー『Firewood』をリリースしました。『Rift Keeper』は私たちの2作目で、開発は『Firewood』のリリース日(2017年8月1日)から始まったのです。Frymoreは二人の友人同士で、共に成長しつつ、素晴らしいゲーム開発を目指しています。

――本作の特徴を教えてください。

Frymore:細かなアイテムシステム、商人やNPCがいるメインハブ(街)、他のプレイヤーと競い合えるリーダーボード、終わりのないダンジョンラン、最初の30のダンジョンにおける手の込んだストーリーが特徴です。これら30のダンジョンは自動生成ではなく、一つ一つ手作りされています。

そして一番重要なのは、コミュニティによる提案に耳を傾けており、プレイヤーたちからのフィードバックを基に、新たな要素、使用アイテム(武器&装備)、そしてその他多くのコンテンツを頻繁に追加しているということです。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Frymore:主な部分は『キャッスルヴァニア』ですが、一部『デビルメイクライ』も混ざっています。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Frymore:日本はこのジャンルと、私たちの大好きなゲームの故郷です。いつまでもクールでいてください!

――ありがとうございました。


《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top