実写映画「Doom: Annihilation」初映像―海兵隊vs悪魔を描くも、「公式は関与せず」【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実写映画「Doom: Annihilation」初映像―海兵隊vs悪魔を描くも、「公式は関与せず」【UPDATE】

ユニバーサル・ピクチャーズは、海外メディアを通じid SoftwareのFPS『DOOM』を原作とした映画、『Doom: Annihilation』のトレイラーを公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
実写映画「Doom: Annihilation」初映像―海兵隊vs悪魔を描くも、「公式は関与せず」【UPDATE】
  • 実写映画「Doom: Annihilation」初映像―海兵隊vs悪魔を描くも、「公式は関与せず」【UPDATE】
  • 実写映画「Doom: Annihilation」初映像―海兵隊vs悪魔を描くも、「公式は関与せず」【UPDATE】
※ UPDATE(2019/3/12 12:05):本作の公開形態について追記し、タイトルを調整しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。


ユニバーサル・ピクチャーズは、海外メディアを通じid Softwareの『DOOM』を原作とした映画、『Doom: Annihilation』のトレイラーを公開しました。

ホラー映画を取り扱うBloody Disgustingによると、本作は「激しいアクション満載」の作品であるとのこと。公開された映像は初代『DOOM』、『DOOM3』のように、海兵隊vs悪魔の激しい戦いを予感させる内容となっています。また、Varietyは、本作が非劇場公開作品として世界中のメディアに直接配給されることにも言及。ビデオスルー作品や、Netflixのようなデジタル配信プラットフォーム向け映画として登場する可能性を伝えています。

一方、世界でも有数の知名度を誇るFPSキャラであるところの「DOOM Guy」ないしリブート版の「ドゥームスレイヤー」らしき人影は見えず。告知中には「求む: ドゥームスレイヤー」との言及がありますが、果たして彼の出演はあるのでしょうか。また公開された本作の出演俳優は女優のエイミー・マンソン。ともすれば、女傑が地獄のモンスターたちと戦うような物語になるのかも知れません。

なお、DOOM公式はファンからの質問に対し、今回の映画には関わっていないことを明らかにしています。『Doom: Annihilation』は2019年秋に海外公開予定。ユニバーサル・ピクチャーズ・ホームエンターテイメントの制作部門Universal 1440 Entertainmentが手掛けています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

    実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

  2. 『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

    『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

  3. バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

    バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

  4. 『レッド・デッド・リデンプション2』のサントラが7月12日に発売―予約注文で2曲が先行DL可能

  5. 『Fallout 76 Power Armor Edition』生地が違うと問題になった特典バッグの交換が開始?ユーザーが写真投稿

  6. 「DeToNator」代表・江尻勝氏とStreamer・YamatoN氏がASUS JAPANの新製品発表会でゲーミングPCとe-Sportsの今を語る

  7. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  8. PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 98年風『バイオショック』のデメイク映像!―ビッグダディの不気味さがより一層…

アクセスランキングをもっと見る

page top