『ディビジョン2』公式ライブストリーミングにてタイトルの現状と今後のアップデート予定について説明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ディビジョン2』公式ライブストリーミングにてタイトルの現状と今後のアップデート予定について説明

ユービーアイソフトとMassive Entertainmentは、『ディビジョン2』の公式ライブストリーミング「State of the Game」にて、タイトルの現状と今後のアップデート予定について説明しました。

家庭用ゲーム PS4
『ディビジョン2』公式ライブストリーミングにてタイトルの現状と今後のアップデート予定について説明
  • 『ディビジョン2』公式ライブストリーミングにてタイトルの現状と今後のアップデート予定について説明

ユービーアイソフトとMassive Entertainmentは、『ディビジョン2』の公式ライブストリーミング「State of the Game」にて、タイトルの現状と今後のアップデート予定について説明しました。

第122回目となった「State of the Game」では、司会進行役のHamish Bode氏に加え、リードAIデザイナーのDrew Rechner氏が参加。今回のライブストリーミングで語られた内容は以下の通りです。


メンテナンスを伴うアップデート


今週初めにお伝えしていた不具合について

  • ネルソンシアターのクラシファイド任務に正常に突入できない問題を修正済

  • ワールドクラス5に正常にクラスアップできないプレイヤーが存在した問題を修正

  • 8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」の初週クリア報酬アームパッチが正しく配布されない場合がある不具合を改善済。初週にクリアしていたプレイヤーには遡ってアームパッチを配布していますが、もしも条件を満たしているにもかかわらず、報酬のアームパッチが配布されない場合は開発チームにお知らせください(リンク先英語)


今週金曜日に予定しているメンテナンスについて

  • NPCの挙動(詳細は本記事下部)を修正予定

  • クラシファイド任務のマッチメイキングに参加する際、プレイヤーが地面を突き抜けて落ちてしまう場合がある不具合を修正予定

  • ミッション「銀行本部」の悪用可能箇所について修正予定


来週に予定されているパッチ3.1について

  • 複数の種類のマスクが小さく、ズレて表示されてしまっている不具合を修正予定

  • 「ジャンクとして拾う」コマンドが使えなくなっていた不具合を修正予定

  • タイトルアップデート3以降、連射速度が低下していたセミオートマチックの武器を修正予定


その他

  • 「リバイバーハイヴ」や「レインフォーサーケミランチャー」の仕様変更を含むタイトルアップデート4を現在開発中

  • スキルのアップデートや、ビルドの多様性、そしてアイテムルートに関して、現状まだお伝えできる情報はありませんが、開発チームはこれらの事柄に関するプレイヤーの意見を十分に認知しており、フィードバックを収集し、適切な変更を加えられるよう作業中です


リードAIデザイナーDrew Rechner氏による『ディビジョン2』のAI解説



  • 『ディビジョン2』は「Snowdrop」エンジンで動作しており、AIの挙動にはエンジンの強力な下層構造(low-level architecture)が用いられている

  • 『ディビジョン2』のAIの構築作業が始まったのは、初代『ディビジョン』のDLC「サバイバル」に登場した敵NPC「ハンター」を開発していた時

  • 『ディビジョン2』の敵は初代『ディビジョン』よりも手強く、より多彩な挙動の選択肢を持っている(今作では敵の種類が増え、伏せることも出来、より多くの状況に対応できる)

  • 『ディビジョン2』のAIの複雑性については、Drew Rechner氏とリードAIプログラマーPhilip Dunstan氏のより詳しいインタビュー記事をご覧いただけます(リンク先英語)


タイトルアップデート3以降に生じた、敵AIの意図せぬ挙動


敵NPCのアグレッシブさ

  • 不具合:敵NPCがプレイヤーの死角にポジショニングした後、プレイヤーに向かってダッシュし殴り掛かる

  • 原因:敵NPCが「走っている」動作をしている際、プレイヤーの位置を正確に把握できていなかった

  • 原因:敵NPCが開発の意図していないポジショニングを行っていた(例:エンジニア・メディックがプレイヤーの背後をとろうとする)


敵NPCの移動速度

  • 不具合:敵NPCが瞬く間に高速に達し、攻撃を当てられない

  • 原因:敵NPCの「ターン」アニメーションや「登り・降り」といった上下方向の移動アニメーションに問題があった

これらの不具合については、パッチ3.1にて幅広く修正予定

  • 近いうちのアップデートで、より一層の問題改善を図ります




『ディビジョン2』通常版はPS4Xbox One、PC(Ubisoft Store)にて、9,072円(税込)で発売中です。Epic Gamesストアでは現在一時的に販売が取り下げられています。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 美少女ACT『日之丸子』ティザートレイラー公開!滅亡寸前の大日本帝国を舞台に、軍の切り札「日之丸子」が動き出す

    美少女ACT『日之丸子』ティザートレイラー公開!滅亡寸前の大日本帝国を舞台に、軍の切り札「日之丸子」が動き出す

  2. 『サイバーパンク2077』CDPR開発者にインタビュー!オープンワールドRPGとしてのディテールを根掘り葉掘り訊いた【TGS2019】

    『サイバーパンク2077』CDPR開発者にインタビュー!オープンワールドRPGとしてのディテールを根掘り葉掘り訊いた【TGS2019】

  3. 『ポケモン ソード・シールド』謎の新ポケモンに関する続報発表―紹介ページの復旧は9月18日22時頃に!

    『ポケモン ソード・シールド』謎の新ポケモンに関する続報発表―紹介ページの復旧は9月18日22時頃に!

  4. 可愛い音ゲー『Muse Dash』日本でも公式グッズ展開の予定アリ!【TGS2019】

  5. 『CoD:MW』日本時間18日にクロスプレイ機能を紹介するライブストリーミングを実施

  6. 『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』PS4日本語版正式発表!シニアプロデューサーインタビューも【TGS2019】

  7. 『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

  8. 『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

  9. 『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

  10. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

アクセスランキングをもっと見る

page top