高速3Dアクション『Spark the Electric Jester 2』「壁やループ、天井を走ったりと、360度どこにでも行くことができます」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

高速3Dアクション『Spark the Electric Jester 2』「壁やループ、天井を走ったりと、360度どこにでも行くことができます」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Feperd Games開発、PC向けに5月16日リリースされた高速3Dアクション『Spark the Electric Jester 2』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
高速3Dアクション『Spark the Electric Jester 2』「壁やループ、天井を走ったりと、360度どこにでも行くことができます」【注目インディーミニ問答】
  • 高速3Dアクション『Spark the Electric Jester 2』「壁やループ、天井を走ったりと、360度どこにでも行くことができます」【注目インディーミニ問答】
  • 高速3Dアクション『Spark the Electric Jester 2』「壁やループ、天井を走ったりと、360度どこにでも行くことができます」【注目インディーミニ問答】
  • 高速3Dアクション『Spark the Electric Jester 2』「壁やループ、天井を走ったりと、360度どこにでも行くことができます」【注目インディーミニ問答】
  • 高速3Dアクション『Spark the Electric Jester 2』「壁やループ、天井を走ったりと、360度どこにでも行くことができます」【注目インディーミニ問答】
  • 高速3Dアクション『Spark the Electric Jester 2』「壁やループ、天井を走ったりと、360度どこにでも行くことができます」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Feperd Games開発、PC向けに5月16日リリースされた高速3Dアクション『Spark the Electric Jester 2』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、速いペースが特徴の3Dアクション。主人公のFarkを操り、『ソニック』シリーズを思わせるハイスピードでステージ内を駆け回ったり、ボスと戦ったりします。カットシーンもあり。記事執筆時点では日本語未対応です。

『Spark the Electric Jester 2』は2,050円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Felipeこんにちは、Felipeです。ネット上ではLakeFeperdとしても知られており、Feperd Gamesの創設者です!私はブラジルで生まれ、今もブラジルに住んでいます。私は小さな頃からゲームを作りたいと思っており、10代からファンゲームの開発をスタート。そこからオリジナルのゲーム開発へと繋がっていきました。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Felipe本作の開発は前作のリリース後、しばらくしてから開始しましたが、その間に小さなレーシングゲームデモ『XF』を作り、このアートスタイルが本作に繋がっています。これらすべての前から、昔私が作っていたファンゲームのようなものが作れる「Hedge Physics」というプラットフォーマーエンジンにも取り組んでおり、これが完成したことから、本作を作る自信に繋がりました。


――本作の特徴を教えてください。

Felipe本作一番の特徴は、早いペースのプラットフォーマーとアクションゲームのブレンドだと思います。昔2Dゲームではよく見たコンセプトですが、3Dではそれほど多くないように感じます。本作はまた、壁やループ、天井を走ったりと、360度どこにでも行くことができ、このタイプのゲームではなかなか見られないものではないでしょうか。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Felipe本作は多くのものから影響を受けています。昔のものから述べますと、『星のカービィ』『ロックマン』『ソニック』『メタルギア ライジング リベンジェンス』ですね。様々なものからインスピレーションを受けており、私が気になったものならなんでも影響があると言えるでしょう。他にはレースゲームですね。レベルデザインにおいて一番大きな影響を受けたのは、ゲーム音楽です。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Felipeまだありません。本作の開発はとても低予算で行なっており、すでに開発コストがとても大きくなっていることもあり、現時点で残念ながら日本語訳し、それを搭載させることはできません。もしかしたらいつかできるかもしれませんが、今は本作の開発だけで手一杯です。私は日本語が読めないので、翻訳したとしても何がおかしいかわかりません。これも実現させるのを難しくしている理由ですね。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Felipe日本の皆さん、こんにちは!皆さんがどんなゲームを好きなのかはわかりませんが、私のゲームを楽しんでいただけると嬉しいです!もし気に入っていただけたら、ぜひ教えてください。もしかしたら、本作もいつか日本語に対応することができるかもしれません!お読みいただき、ありがとうございました。

――ありがとうございました。


《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top