懐かしの名作がインディーで蘇る!クラシックゲーム最新作ひとまとめ【BitSummit 7 Spirits】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

懐かしの名作がインディーで蘇る!クラシックゲーム最新作ひとまとめ【BitSummit 7 Spirits】

6月1~2日、京都市勧業館みやこめっせにおいてインディーゲームの祭典『BitSummit 7 Spirits』が開催されました。ここでは過去の名作ゲームを現代ハードで蘇らせたタイトルをいくつかご紹介します。

ゲーム文化 イベント
懐かしの名作がインディーで蘇る!クラシックゲーム最新作ひとまとめ【BitSummit 7 Spirits】
  • 懐かしの名作がインディーで蘇る!クラシックゲーム最新作ひとまとめ【BitSummit 7 Spirits】
  • 懐かしの名作がインディーで蘇る!クラシックゲーム最新作ひとまとめ【BitSummit 7 Spirits】
  • 懐かしの名作がインディーで蘇る!クラシックゲーム最新作ひとまとめ【BitSummit 7 Spirits】
  • 懐かしの名作がインディーで蘇る!クラシックゲーム最新作ひとまとめ【BitSummit 7 Spirits】
6月1~2日、京都市勧業館みやこめっせにおいてインディーゲームの祭典『BitSummit 7 Spirits』が開催されました。ここでは過去の名作ゲームを現代ハードで蘇らせたタイトルをいくつかご紹介します。

メガドライブのベルスクアクションの代名詞が現代ハードで蘇る!『ベアナックルIV』




DotEmuブースでは、メイン展示が『ベアナックルIV』と『Windjammers 2』という名作ゲームの最新作。まずは『ベアナックルIV』からご紹介します。


『ベアナックル』シリーズは、セガがメガドライブでリリースしたベルトスクロール格闘アクション。シリーズ3作がリリースされており、『ベアナックルII 死闘への鎮魂歌』は9月19日発売予定のメガドライブミニにも収録されます。

本作『ベアナックルIV』は、原作(『II』以降)のテイストを残しつつキャラクターを含めたグラフィックがHD化されています。また、必殺技を使うと画面がアップになる演出も追加されています。

本バージョンではアクセルとブレイズを使った2人プレイが体験できました。開発はGuard Crush GamesとLizardcubeが担当しています。

熱いディスクバトルが再び登場!『Windjammers 2(フライングパワーディスク2)』




DotEmuからはもう一本。2017年に復刻されて話題になったネオジオ用対戦ディスクスポーツ『フライングパワーディスク』も最新ハードによってHD化され『Windjammars 2』として登場しました。今回のBitSummit版では新キャラ2名を含む4人でプレイできました(プレイヤー選択枠は現時点で10名)。


ゲームのプレイアビリティは原作同様、タイミングよくディスクをはじくことでエナジーチャージ、そのディスクを打ち返すことで必殺ショットが出せるというゲームシステムはそのままに、グラフィックがHD化されました。また、ラリーを続けることでキャラクターが光り、ボタンを押すとカットイン入りの超必殺ショットを撃つこともできます。

BGMは元データイーストサウンドチーム・ゲーマデリックのATOMIC花田氏が担当。『Windjammars 2』は、Steamとニンテンドースイッチで発売予定です。

海外で人気の奴らがリマスターされて帰ってきた『ToeJam & Earl: Back in the Groove』




珍妙なエイリアン・トージャムとアールが宇宙船の部品を集めて地球を旅するアクションアドベンチャー『ToeJam & Earl』。海外では続編が3まで発売され、オリジナル版が欧米版のメガドライブミニにも収録されるほどの人気があるそうです。

その第1作がリマスターされて『ToeJam & Earl: Back in the Groove』としてリリースされており、今回のBitSummit・HumaNature Studiosブースではその日本語版が展示されていました。


ゲーム内容は、地球人を避けつつ宇宙船の部品を集めること。ゲーム中に登場するプレゼントアイテムはローグライクなランダムになっていて、使うまでは効果がわかりません。キャラクターは全9体でそれぞれキャラクター性能と特殊能力が異なります。またローカル(画面分割)でもオンラインでも協力マルチプレイが可能となっているのも特徴です。

発売中のSteam版は、日本語テキストをサポート。コンソール版は日本ではPS4とスイッチでの発売が予定されています。パブリッシャーは決まってないそうですが、担当者曰く「セガの人が来た」とのこと。

ブースには日本版のROMカートリッジも!


※UPDATE(2019/6/3 20:00):本文内容を一部修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。
《岩井省吾》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

    レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

  2. 映画「バイオハザード」リブート版「めちゃくちゃ怖い」「ゲーム版に原点回帰」―監督自ら語る

    映画「バイオハザード」リブート版「めちゃくちゃ怖い」「ゲーム版に原点回帰」―監督自ら語る

  3. ヒトリデハキケンジャ…『フォートナイト』「クリエイティブ」で作成された『ゼルダ』風のオリジナルステージ!

    ヒトリデハキケンジャ…『フォートナイト』「クリエイティブ」で作成された『ゼルダ』風のオリジナルステージ!

  4. 『バイオハザード4』チェーンソー男を「蹴破ったドアの勢いだけ」で倒す仰天プレイ―14分の激闘

  5. 『ウィッチャー3』でドラマ版気分が味わえる!?ゲラルトをヘンリー・カヴィル風にするModが登場

  6. 『スカイリム』で『オブリビオン』をリメイク「Skyblivion」Mod新トレイラー!開発状況も「完成が見えてきた」

  7. 『Marvel's Spider-Man』誰も気付かなかったイースターエッグが判明―自撮りモード中の世界がわかる裏側も

  8. 『GTA SA』CJのセリフ「クソ!ゼロからやり直しかよ」が海外で流行中―イライラを表現するのに最適?

  9. 『ジェット セット ラジオ』ライクなオープンワールドACT『Neon Tail』開発中!

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top