旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに

旧作『DOOM』が現代風高解像度で楽しめるユーザーMod「Doom Remake 4」ですが、同Modが海外ゼニマックスにより公開差し止めとなったことが報じられました。

ゲーム文化 Mod
旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに
  • 旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに
  • 旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに

旧作『DOOM』が現代風高解像度で楽しめるユーザーMod「Doom Remake 4」ですが、同Modが海外ゼニマックスにより公開差し止めとなったことが報じられました。

同Modは旧作『DOOM』に「高解像度テクスチャ」、「PBR対応のマテリアル」、「3Dモデル」などを追加して現代風高解像度で同作を楽しめるようにするもの。上記映像では、一目見てわかるほど変わっているゲームプレイが確認できます。

DSO GamingPC Gamerによると、Mod作者のvasyan777氏は海外ゼニマックスより、"ウェブサイトやソーシャルメディアページにおける『Doom』IPの使用状況はゼニマックスの承認なしであり侵害である"とする旨の差止め要請を受けたとのこと。同氏は『DOOM』に関連した画像などを削除するとともに、スタンドアローンであった動作を変更。Steam/GOG.com版のオリジナル『DOOM』を要求するようにModの改変を行いましたが、十分ではありませんでした。

vasyan777氏は、海外ゼニマックスが「サードパーティ製のゲームエンジン」に言及しており、最終的にその部分を問題としている様に思えたとしています。また、同Modに添付されていたのは、2次配布なども認めたGPLライセンスの元で公開されている『DOOM』ソースをベースに、有志が長年改良を加えた“一般的”なエンジンである「GZDoom」です。

同エンジンは2016年のリブート『DOOM』にも多大な影響を与えた「Brutal Doom」でもエンジンとのバンドルはされていないものの利用されており、今回の差止めには不明瞭な部分も。ゼニマックス、vasyan777氏の動向が気になります。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

    実際のゲーム画面ではありません!?『バイオショック2』ビッグシスターの精巧コスプレ

  2. 『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

    『サイバーパンク2077』E3でキアヌに愛を叫んだ男性に「コレクターズ・エディション」が贈呈?思いがけない幸運

  3. 「DeToNator」代表・江尻勝氏とStreamer・YamatoN氏がASUS JAPANの新製品発表会でゲーミングPCとe-Sportsの今を語る

    「DeToNator」代表・江尻勝氏とStreamer・YamatoN氏がASUS JAPANの新製品発表会でゲーミングPCとe-Sportsの今を語る

  4. 『Fallout 76 Power Armor Edition』生地が違うと問題になった特典バッグの交換が開始?ユーザーが写真投稿

  5. PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

  6. バイオレンスの宴!『Doom』過激化Mod「Brutal Doom」v21機能紹介トレイラー

  7. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  8. 『No Man's Sky』開発者達へ目に見える形で感謝を!ファンが心温まる計画を進行中

  9. 謎の猫ゲーム『Mew-Genics』の開発が正式に再始動!『アイザックの伝説』デザイナーの新作

  10. 全高約25cmの『メタルウルフカオス』フィギュアがDevolver Digitalストアで予約開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top