旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに

旧作『DOOM』が現代風高解像度で楽しめるユーザーMod「Doom Remake 4」ですが、同Modが海外ゼニマックスにより公開差し止めとなったことが報じられました。

ゲーム文化 Mod
旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに
  • 旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに
  • 旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに

旧作『DOOM』が現代風高解像度で楽しめるユーザーMod「Doom Remake 4」ですが、同Modが海外ゼニマックスにより公開差し止めとなったことが報じられました。

同Modは旧作『DOOM』に「高解像度テクスチャ」、「PBR対応のマテリアル」、「3Dモデル」などを追加して現代風高解像度で同作を楽しめるようにするもの。上記映像では、一目見てわかるほど変わっているゲームプレイが確認できます。

DSO GamingPC Gamerによると、Mod作者のvasyan777氏は海外ゼニマックスより、"ウェブサイトやソーシャルメディアページにおける『Doom』IPの使用状況はゼニマックスの承認なしであり侵害である"とする旨の差止め要請を受けたとのこと。同氏は『DOOM』に関連した画像などを削除するとともに、スタンドアローンであった動作を変更。Steam/GOG.com版のオリジナル『DOOM』を要求するようにModの改変を行いましたが、十分ではありませんでした。

vasyan777氏は、海外ゼニマックスが「サードパーティ製のゲームエンジン」に言及しており、最終的にその部分を問題としている様に思えたとしています。また、同Modに添付されていたのは、2次配布なども認めたGPLライセンスの元で公開されている『DOOM』ソースをベースに、有志が長年改良を加えた“一般的”なエンジンである「GZDoom」です。

同エンジンは2016年のリブート『DOOM』にも多大な影響を与えた「Brutal Doom」でもエンジンとのバンドルはされていないものの利用されており、今回の差止めには不明瞭な部分も。ゼニマックス、vasyan777氏の動向が気になります。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「戦争ゲームは戦争を美化している」―名誉勲章を受章した元海兵隊員が語る

    「戦争ゲームは戦争を美化している」―名誉勲章を受章した元海兵隊員が語る

  2. 『モンスターハンター フロンティア』に12年分の感謝を…「モンハン酒場」にて記念フェアが開催!熱い思い出を語らおう

    『モンスターハンター フロンティア』に12年分の感謝を…「モンハン酒場」にて記念フェアが開催!熱い思い出を語らおう

  3. 『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過

    『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過

  4. 『エルシャダイ』一部フリー素材化─商用利用も可能でいいの? 「大丈夫だ、問題ない」

  5. 新作発表に期待がかかる「BlizzCon 2019」詳細スケジュールが公開!

  6. 任天堂直営オフィシャルショップ「Nintendo TOKYO」11月22日グランドオープン決定!人気キャラ大集合の限定オリジナルグッズを販売

  7. 80年代の音楽レコードにコモドール64のプログラムが隠されていた! カセットテープに録音して実行可能

  8. これが最終形態…!『Fallout 4』プレストン・ガービーをスーパーミュータント化するModが登場

  9. ホネホネ恐竜現る!『ARK: Survival Evolved』のハロウィンイベントが開始

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

1
page top