個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!

リアルタイムレイトレーシングに対応。要件を満たしていれば、その効果を体験できます。

PC Windows
個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!
  • 個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!
  • 個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!
  • 個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!
  • 個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!

個人デベロッパーFYQD-StudioのFPS『Bright Memory』アーリーアクセス版がリアルタイムレイトレーシングに対応しました。

昨年12月には『Bright Memory: Infinite』向けのRTX映像デモが公開されていた本作。今回のアップデートで、リアルタイムレイトレーシングのサポートが追加されました。Nvidiaの技術サポートによって、DLSSで画質とパフォーマンスを両立し、リアルタイムレイトレーシングの効果を体験できるようになったとのことです。Steamコミュニティのニュースでは、オン・オフ状態の比較画像が紹介されています。



リアルタイムレイトレーシングを使用する際に必要な技術要件は以下の通り。
  1. Windows10(バージョン1903以降)
  2. NVIDIAグラフィックドライバの最新バージョン
  3. ビデオメモリ6GB以上のRTXシリーズグラフィックカード
  4. 「DX12」インストール済みPC
  5. 注意:グラフィック設定に入った際に、グラフィックカードがRTXリアルタイムレイトレーシングに対応しているか確認します。確認には最大で10秒ほど必要とします。対応している場合は設定メニューにRTX設定が表示されます。表示されない場合は上記の性能を満たしているか確認してください。

なお、GTXシリーズのグラフィックカードには順次サポートしていくということです。

『Bright Memory』アーリーアクセス版は、Steamにて720円で配信中です。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. クラシックオープンワールドRPG『Gedonia』Steam早期アクセス開始―好きに成長して自宅も建てよう

    クラシックオープンワールドRPG『Gedonia』Steam早期アクセス開始―好きに成長して自宅も建てよう

  2. モンスターを栽培して収穫!『Path of Exile』新拡張「Harvest」発表

    モンスターを栽培して収穫!『Path of Exile』新拡張「Harvest」発表

  3. 止まない雨のファンタジー世界で滅びに耐える都市建設SLG『Against the Storm』Steam向けに2021年発売

    止まない雨のファンタジー世界で滅びに耐える都市建設SLG『Against the Storm』Steam向けに2021年発売

  4. ライアット新作FPS『VALORANT』バトルパスの仕組みと報酬が公式サイトにて紹介

  5. 『VALORANT』無料プレイ開始!日本含む全世界で正式リリース

  6. 『VALORANT』"180msPing問題"について日本マーケティング担当が情報提供を呼びかけ

  7. シリーズ最新作『Total War Saga: TROY』8月13日にEpic Gamesストア時限独占で販売決定―発売後24時間限定無料配布も

  8. 笑撃のホラーADV『The Walking Fish 2: Final Frontier』Steamでリリース―宇宙ステーションを徘徊する魚……

  9. 4Xストラテジー+ハクスラARPG!カルト宇宙ゲー新作『Drox Operative 2』早期アクセス開始

  10. 新たな武器やモンスターが登場する『GTFO』大型アップデート「The Vessel」6月11日配信開始!【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top