『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】

『ボイド・テラリウム』のように、一見すると想像もつかない“ゾクッ”とする要素を含んだ作品を、日本一ソフトウェアはいくつも手がけています。今回は、そんな“本当は怖い”作品から3タイトルをピックアップしてご紹介!

連載・特集 特集
『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
  • 『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
  • 『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
  • 『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
  • 『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
  • 『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
  • 『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
  • 『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】
  • 『ボイド・テラリウム』だけじゃない! “本当は怖い”日本一ソフトウェア作品に迫る─リアルに重い『クリミナルガールズ』、開始2分でトラウマ級の『夜廻』【特集】

!注意!
本記事には、日本一ソフトウェア作品のネタバレが含まれています。


日本一ソフトウェアといえば、最凶のやり込み要素で有名な『魔界戦記ディスガイア』シリーズなどが有名ですが、積極的に新規IPの開拓に励んでいることでも知られています。

2020年1月23日発売の『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』(以下、ボイド・テラリウム)も、そんな意欲作のひとつ。本作は、人類最後の少女「トリコ」を守るため、プレイヤーは「お世話ロボット」となり、危険なダンジョンへ挑むローグライクRPGです。


『ボイド・テラリウム』で注目したい点は、本作の軸とも言える存在の「トリコ」。彼女は有毒な菌類に汚染されており、「テラリウム」の中でしか生きられません。また彼女は、食べ物に蓄積された毒物や環境の変化が原因で、体調を崩すこともしばしばあります。


「トリコ」を襲う症状は、「風邪」「骨折」といった一般的なものから、「にわとり化」「ゾンビか」といった、この世界ならではのものまで様々。ドロドロに溶けてしまう「液状化」は、ビジュアルも含めてかなりヘビーな状態です。

同社は様々なジャンルを手広く扱っており、『流行り神』シリーズなどのホラー作品もあります。しかし、一見可愛い見た目ながら、容赦のない描写や衝撃的な展開でユーザーを戦慄させるゲームも少なくありません。

そこで今回は、『ボイド・テラリウム』のように、見た目からは想像もつかない“ゾクッ”と来る同社のタイトル3作品をピックアップし、独断で紹介させていただきます。この特集を通じて、「日本一ソフトウェアの怖いゲームは、ホラーだけじゃない!」と力強くお伝えしたい所存です。この想いが届きますように・・・!

なお、各作品の内容について触れるため、一部ネタバレを含みます。その点について、あらかじめご注意ください。

◆少女たちの“罪”がリアルに重い『クリミナルガールズ』


映像は『クリミナルガールズ INVITATION』のものです

セクシー要素とRPGの組み合わせはかなり相性が良く、一時期はPC市場で数多く見られました。もちろん家庭用ゲーム機にも数多く登場しており、2010年に発売されたPSPソフト『クリミナルガールズ』も、この組み合わせに当てはまります。

画像は『クリミナルガールズ』のものです

ですが、『クリミナルガールズ』はセクシー要素だけに頼っておらず、ターン制のシステムとプレイのテンポ感を両立させたゲームシステムが好評を博し、RPGとしてもしっかり面白い作品に仕上がっています。そのためプレイ満足度が高く、根強く支持するファンも少なくありません。シリーズ最新作に当たる『クリミナルガールズX』のクラウドファンディングが成功した件を見ても、その人気ぶりが窺えます。

そして、『クリミナルガールズ』の人気を支えているのは、セクシー要素とユニークなゲーム性だけではありません。将来的に罪を犯すであろう「半罪人」と呼ばれる少女たちが、その更生を目的として「ヨミガエリ」と呼ばれるプログラムに挑む物語も、本作が評価されている特徴のひとつです。

画像は『クリミナルガールズ』のものです

未来の犯罪者(少女たち)と、彼女らを導く主人公(教官)の関係性は、状況的に最悪なこともあり、かなり劣悪な状態から始まります。しかも、セクシー要素である“おしおき”は戦力強化にも繋がる一方で、当たり前ですが少女たちは嫌がるため、関係の改善もなかなか捗りません。

画像は『クリミナルガールズ』のものです

──が、「泥ノ試練」や「炎ノ試練」などを突破していくうちに、少女たちは次第に心を許し始め、信頼感も芽生えていきます。特に、疑心暗鬼に駆られるギミックがある「氷ノ試練」突破後は、その苦難を乗り越えたためか、主人公と少女たちは「仲間」と呼んでも差し支えのない関係へと成長します。

画像は『クリミナルガールズ INVITATION』のものです

ここまでは、ある意味順当な“人間関係の構築”が描かれており、そのままラスボス戦→エンディングを迎えてもおかしくない流れでした。しかし、そんな一行に立ちはだかった新たな試練「学び舎、16時の記憶。」で、状況は著しく一変。ここで、なぜ少女たちが「半罪人」となったのか──その理由が明らかとなります。

画像は『クリミナルガールズ INVITATION』のものです

周囲に置いていかれるのが怖くて、ブランド品を買い集めたキサラギは、そのために援助交際(ご飯やカラオケなど)に手を染めた過去が明らかに。双子のサコは、妹であるユコに依存し、自分の元を離れないよう“目の離せない姉を”演じ続けました。またユコは、そんなサコを利用し、面倒を全て押しつけて要領よく生きてきたことを暴露されてしまいます。

RPGに波乱や困難はつきものですし、例えば世界の命運を背負わされたり、信頼していた親友に裏切られるといった重みのある展開も少なくありません。しかし、等身大の少女達が抱えている重みは、プレイヤーの身近にあってもおかしくない話ばかり。その距離感の近さゆえに、リアルな重みをずっしりと感じさせてくれます。

画像は『クリミナルガールズ INVITATION』のものです

特に衝撃的だったのは、美人で人当たりもいいトモエの罪。その美貌と印象を武器に、周囲の人間関係に亀裂を入れ、人の心を弄んで楽しむのが彼女の日常でした。その愉悦は、彼女の従姉妹にもおよび、縁談まで壊れてしまい・・・まさかRPG(しかもセクシー要素ありの!)で、こんな切り口の重さを味わうとは思わず、ノーガード状態からのフルコンボ。まさに、衝撃的の一言でした。

不意打ちとも言えるリアルな重みに、思わず“ゾクッ”とさせられる──こんなRPG作品を、忘れられるわけがありません。ホラー的な意味合いではない“恐ろしさ”が、ここにあります。

このほかの少女たちの罪も、なかなかヘビーなものがあるので、気になった方はぜひプレイをどうぞ。今遊ぶならば、原点であるPSP版よりも、PS Vita/PC版の『クリミナルガールズ INVITATION』がお勧めです。なぜなら、罪が明かされる少女が更に増えるので・・・!



このゲームの主人公にだけは、絶対になりたくない・・・
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top