『CoD: MW』コンソール版パッチ容量についてInfinity Wardディレクターが釈明―今後は更に少なくしていく | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD: MW』コンソール版パッチ容量についてInfinity Wardディレクターが釈明―今後は更に少なくしていく

シーズン2が開始されたばかりの『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』のコンソール版パッチ容量について、Infinity Wardの開発者が発言を行いました。

PC Windows
『CoD: MW』コンソール版パッチ容量についてInfinity Wardディレクターが釈明―今後は更に少なくしていく
  • 『CoD: MW』コンソール版パッチ容量についてInfinity Wardディレクターが釈明―今後は更に少なくしていく
  • 『CoD: MW』コンソール版パッチ容量についてInfinity Wardディレクターが釈明―今後は更に少なくしていく
先日シーズン2が開始された『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』。同作のコンソール版パッチ容量について、Infinity Wardの開発者が発言を行いました。

これは同作のコンソール版において、数十GB単位のパッチが数週間おきに矢継ぎ早に配信されたことを受けてのもの。Infinity WardのプロダクションディレクターであるPaul Haile氏はTwitterにてこの状況に言及。ダウンロードサイズとストレージの専有容量の両方に対し常に対策を行ってきており、アセットパックを再度更新したことが状況を招いたとしました。

一方、同氏は、更新によりコンテンツ量が増えたにもかかわらず、ストレージ上の容量は減ったとしており、またこの機会にデータを整備しており今後のアップデートはより小さなものになるとしました。更には将来のアップデートにてコンソールユーザー向けのDLCパック管理画面を追加し、不要なDLCを削除できるようになるとのことです。
《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『L4D』開発元Co-opゾンビFPS『Back 4 Blood』“不測の事態”により日本でのベータテストが中止に

    『L4D』開発元Co-opゾンビFPS『Back 4 Blood』“不測の事態”により日本でのベータテストが中止に

  2. 『Valheim』大型アップデート「Hearth and Home」コンテンツを追加お披露目―宝箱や鉄格子が登場

    『Valheim』大型アップデート「Hearth and Home」コンテンツを追加お披露目―宝箱や鉄格子が登場

  3. 『アサシン クリード ヴァルハラ』大型拡張「パリ包囲戦」日本語版の表現修正内容を事前告知

    『アサシン クリード ヴァルハラ』大型拡張「パリ包囲戦」日本語版の表現修正内容を事前告知

  4. 新作基本無料アリーナシューター『エックスディファイアント』2つの対戦マップを紹介するプレビュー映像公開

  5. ヴァイキングARPG『Tribes of Midgard』の売上が早くも25万本を突破―巨人討伐数と同数の植樹も実施

  6. 『Apex』渋谷ハルさん主催「VTuber最協決定戦 SEASON.03」出場チーム・メンバーまとめ

  7. SFサバイバルホラーRPG『Chernobylite』日本語対応でPC版正式発売―当初よりボリュームが3倍に拡大

  8. 『L4D』開発元新作4人Co-op『Back 4 Blood』開催迫るオープンベータトレイラー公開―協力と対戦どちらもプレイ可能【UPDATE】

  9. ゆずソフト、全年齢参入!『PARQUET』7月31日配信開始―有名美少女ゲームメーカーの新たな挑戦か

  10. 『DayZ』クリエイター新作サバイバル『Icarus』発売延期―8月から長期間のベータを開始予定

アクセスランキングをもっと見る

page top