Respawnが『Apex Legends』開発専用スタジオをバンクーバーへ設立していたことが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Respawnが『Apex Legends』開発専用スタジオをバンクーバーへ設立していたことが明らかに

EAバンクーバースタジオ内に設立され、今後協力体制を得て開発と運営を続けていくようです。

ニュース ゲーム業界
Respawnが『Apex Legends』開発専用スタジオをバンクーバーへ設立していたことが明らかに
  • Respawnが『Apex Legends』開発専用スタジオをバンクーバーへ設立していたことが明らかに
  • Respawnが『Apex Legends』開発専用スタジオをバンクーバーへ設立していたことが明らかに
  • Respawnが『Apex Legends』開発専用スタジオをバンクーバーへ設立していたことが明らかに

Respawn Entertainmentがバトルロイヤルシューター『Apex Legends』専門の開発を目的とする、同社2つ目のスタジオをカナダに設立していたことが明らかになりました。

これは、海外メディアサイトGamesIndustry.bizのインタビューによって発表されたもの。今回の発表は新規スタジオの設立の発表ではなく、2019年から内部で稼働していたスタジオに外部人材を募集するため、存在を明らかにした形になります。インタビューによると、最大80人規模のスタジオを目指し、同作の安定した開発と運営を続けていきたい考えのようです。

新しいスタジオは、同作のパブリッシングを行っているEAのバンクーバースタジオ内に設立されており、現在は新型コロナウイルスの影響もあってリモートで業務を行っています。今後は同作ゲームディレクターであるChad Grenier氏などのスタッフが合流し、EAの人材や開発の援助を受けながら、本格的な活動を行っていくようです。

なお、Respawn Entertainmentは2020年5月で創設10周年を向かえ、先日記念のツイートと10周年記念映像を公開していました。

《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS Storeにて対象作品が最大85%オフとなるセール「Days of Play」開催! 『バイオハザード RE:3』や『仁王2』が登場

    PS Storeにて対象作品が最大85%オフとなるセール「Days of Play」開催! 『バイオハザード RE:3』や『仁王2』が登場

  2. テンセントが『Arma 3』『DayZ』などを手掛けるBohemia Interactiveの株式の過半数を取得―しかし現役スタッフは否定【UPDATE】

    テンセントが『Arma 3』『DayZ』などを手掛けるBohemia Interactiveの株式の過半数を取得―しかし現役スタッフは否定【UPDATE】

  3. PS5発表延期ツイート、53万を超える「いいね」を獲得―ゲーム関連のツイートで最多

    PS5発表延期ツイート、53万を超える「いいね」を獲得―ゲーム関連のツイートで最多

  4. 「#BlackLivesMatter」スクウェア・エニックスが黒人を支援する団体などに25万ドルの寄付を発表

  5. Twitch、6月のPrime会員特典無料ゲームの配信を開始―『オブザーバー』『Project Warlock』など5タイトル

  6. Humble Bundleが黒人ゲーム開発者に100万ドルの資金援助、人種差別に抗議する声明

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『CoD:MW』『Warzone』の新シーズン配信が延期―「今は平等、正義、変化のために声を上げる人たちの時間」

  9. 極寒世界ターンベースストラテジー『1971 Project Helios』プレイ動画公開―発売は6月9日

  10. 海外プロレスゲーム『WWE 2K』シリーズ次回作は大規模なオーバーホールを計画

アクセスランキングをもっと見る

page top