【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』

吉田おじさんのイラストがいつもより気合が入っている気がします。

連載・特集 特集
【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』
  • 【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』
  • 【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』
  • 【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』
  • 【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』
  • 【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』
  • 【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』
  • 【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』
  • 【吉田輝和の絵日記】これサメか…?人喰いまくって変な方向に進化させる鮫オープンワールド『Maneater』

今回プレイするのは、Tripwire Interactiveが贈る『Maneater』のPC版。プレイヤーはサメとして、オープンワールドの海で様々な生物を捕食して、己を進化させていくことなります。

鮫を題材にした作品といえば、「ジョーズ」や「ディープ・ブルー」などのトラウマ級のパニック映画がありますが、現在では、時代の経過によっておバカ映画の方が多い印象です。


最近のサメ映画のバカさ加減は、良くも悪くもクセになり、動画配信サービスなどでついつい観てしまいます。

本作からも鮫作品特有のB級的な雰囲気がプンプンするのですが……一体どんな作品なのでしょうか!

舞台は海中、時々地上。主人公は人喰い鮫!



海中からゲームスタート。周りには魚や亀が泳いでいる。

このメジロザメの成魚が主人公だろうか。


対象に噛み付く「捕食」と、尾びれで相手を気絶させる「テールウィップ」が主な攻撃方法だ。操作確認がてら魚や亀を美味しくいただくぜ!


ジャンプすれば陸にも上がれるぞ。

長時間地上に居ると次第に体力が減っていくので、ある程度人間を襲ったら一旦海に戻る。


この前の「じゃんげま」でサメゲーの話をしていたけど、プレイ中に安らかな顔になるろめ子ちゃんの気持ち、めっちゃわかるわ……人を喰う時ってこんな気持ちになるんだな……。


その後も逃げ惑う人間どもを襲いまくっていると、とうとうハンターが出動してきた。

ハンターは銃を使って攻撃してくる。船に飛び乗ってハンターに噛み付いたり、船を破壊したりして対抗する。


人を喰い続けて悪逆の限りを尽くす鮫だったが、ハンターのスケイリー・ペートによってとうとう捕まってしまう。

メジロザメは、吊るされ、腹を掻っ捌かれ、腹の中の子鮫を引きずり出される。


引きずり出された子鮫はそんな状態でもまだ生きていた。子鮫は、隙を見てペートの腕を食いちぎり船から脱出する。

産まれたばかりなのにめっちゃアクティブ!


後に数多の命を喰らう化け物へと進化する、狂気の人喰い鮫の誕生であった。

目に映る全ての生き物はオレの餌!



操作キャラクターが母鮫から子鮫に代わり、ここから本格的にスタートだ。

指定されたストーリーミッションをこなしてゲームを進めていくのだが……最初のミッションは、先程食い千切ったペートの手を食べることだ。


おっさんの手なんか食べたくないのだが、生き物を食べることによって成長するシステムなので仕方ない。嫌々とペートの手に齧り付く。

魚であろうと人間であろうと、殺して食べることで経験値が入り、レベルが上がっていくぞ。


ペートの手を食ったあとは、洞窟を訪れるミッションだ。マップで目的地を確認して向かう。


フィールド上にはランドマークや宝箱が配置されており、ミッションの進行がてら、これらを探して海中散歩するのも楽しいだろう。

ただ、海中には無害な生物のほかに好戦的な生物がいるのだ。


アリゲーターは序盤における強敵。魚や亀と違って体力も多く、動きも素早い。


なにか食べれば体力が回復するので、無害な亀や魚を食べつつ挑むが……なかなか手強く、何度もやられてしまった。


リトライ画面にデカデカと表示された「お魚フード!」の文字。食われて魚のエサになったってことか……?

一旦アリゲーターのことはスルーして先へ進もう。レベルアップすればいつか勝てる日が来るさ……。

鮫のアイデンティティーが失われていく謎の超進化!



ストーリーミッションの他にもサブミッションが用意されている。

サメゲーなので「特定の魚を殺す」「人間を殺す」など、噛み殺すミッションが多い。

ある程度人間を捕食し続けているとハンターがやって来るのだが、さらにそのハンターを倒し続けていると、ボス格のハンターがやって来る。


沼地の惨劇……バイユー・ウィリー!


バーテンダーに終焉をもたらす者……ボビー・ボジャングルズ!


獰猛な小エビ漁師……プーキー・ポール!

面白い二つ名があってザコハンターと比べると確かに強いのだが……そこは人間と鮫なので案外サックリ倒せる。


名前付きのハンターを倒すと悪名ランクが上がり、スキルが入手出来る。


スキルは、顎や尻尾や内臓などの部位ごとに装着可能。ロボットかよ!


子鮫をさらなる進化に導くぜ!


レベルが上がるにつれて、子供だった鮫もいつしか大人に……各種ステータスもアップだ!


入手したスキルの数も増え、いつの間にか電撃まで放てるようになった。一般人はもちろん、あんなに苦戦していたアリゲーターさえ今や問題ではない。


進化と引き換えに、鮫としてのアイデンティティーが薄れていく。

鮫とは一体(哲学)



この後もどんどん鮫離れした進化を遂げていきます。

このことからもわかるように本作は、紛うことなくバカゲーなのですが、思った以上に作り込まれており、出落ち的なインパクトだけのバカゲーではありませんでした。しっかり作り込まれた面白いバカゲーです!

ただ、やることは基本的に捕食するだけなので、やや単調なのが残念でした。ボリュームも少なめなので十数時間ほどでクリア出来ると思います。

海中のグラフィックは美しく、ランドマークや宝箱を探しつつ、戯れに人間を海に引きずり込んでいるだけで楽しめます。鮫映画好きの方にもそうでない方にも是非プレイしてもらいたい1本です。

『Maneater』は、Windows(Epic Gamesストア)/PS4(海外)/Xbox Oneを対象に配信中。ニンテンドースイッチ版も年内に登場するとのことです。

なお、Game*Sparkではレビューも掲載されています。

吉田輝和のプロフィール:自画像の絵日記を20年以上書き続けている謎のおじさん。近年、「ちおちゃんの通学路(KADOKAWA)」や「お稲荷JKたまもちゃん(一迅社)」、「からかい上手の高木さん(小学館)」などの人気漫画のモブキャラとして登場しており、これまでアニメ作品に3回登場した。何故こんなに漫画に登場しているのか、描いた漫画家も吉田本人もよくわからないらしい。 吉田のTwitterはこちら
「吉田輝和の絵日記」で取り上げてほしいゲームタイトルがありましたら、こちらの申込みフォームで教えてください!すべての要望には応えられませんが、それでも出来るかぎり応えていきたいと思います。
《吉田 輝和》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top