『サイバーパンク2077』延期とクランチ強制の報道が影響? CD Projekt REDの株式がピーク時より25%下落の報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サイバーパンク2077』延期とクランチ強制の報道が影響? CD Projekt REDの株式がピーク時より25%下落の報道

『サイバーパンク2077』は12月10日リリース予定です。

ニュース ゲーム業界
『サイバーパンク2077』延期とクランチ強制の報道が影響? CD Projekt REDの株式がピーク時より25%下落の報道
  • 『サイバーパンク2077』延期とクランチ強制の報道が影響? CD Projekt REDの株式がピーク時より25%下落の報道
  • 『サイバーパンク2077』延期とクランチ強制の報道が影響? CD Projekt REDの株式がピーク時より25%下落の報道
  • 『サイバーパンク2077』延期とクランチ強制の報道が影響? CD Projekt REDの株式がピーク時より25%下落の報道

オープンワールド『サイバーパンク2077』のリリースを12月10日へと延期したCD Projekt RED。現在同社の株式がピーク時より25%下落していることが明らかになりました。

海外メディアGameIndustryによると先日発表された同社の時価総額は72億ユーロで、これまでの最高値を記録した8月27日の約96億ユーロから約25%下落しています。5月にはユービーアイソフトを抜いてヨーロッパ最大の市場価値を持つ企業となっていた同社ですが、現在は再逆転されているようです。

同メディアはこの下落について、『サイバーパンク2077』の延期発表だけでなく、同社が「クランチ(長時間労働)」を強制しているという報道が影響を及ぼしているのではないかと指摘。また、8月のピークは「ウィッチャー」シリーズのARゲーム『The Witcher: Monster Slayer』の発表が好影響を及ぼしていたのではないかと予測しています。
《Mr.Katoh》

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも

    『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも

  2. 目指すは国立国会図書館で遊べるゲームの保存!漫画家/国会議員の赤松健氏「過去のゲームの合法的保存」の進捗報告―国会では質疑応答を実現

    目指すは国立国会図書館で遊べるゲームの保存!漫画家/国会議員の赤松健氏「過去のゲームの合法的保存」の進捗報告―国会では質疑応答を実現

  3. 期間限定無料!見下ろしステルスACT『Intravenous』Steamで配布中―続編『Intravenous 2』も8月16日発売決定

    期間限定無料!見下ろしステルスACT『Intravenous』Steamで配布中―続編『Intravenous 2』も8月16日発売決定

  4. 2月発売の『スースク』が早くも無料配布!Prime Gamingプライムデーイベント限定配信タイトル発表

  5. 最大90%オフ! 対戦格闘ゲーム対象のセールイベント「Steam格闘ゲームフェス」開催

  6. TVアニメ開始の『天穂のサクナヒメ』がお買い得!『ブリガンダイン』『すばせか』など最大70%OFFで販売中【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  7. 従業員の発言切っ掛けに議論が過熱。ゲームへの多様性導入巡り開発コンサル企業に海外で是非の声

  8. エクスペリエンス新作は2DフィールドハクスラRPGとDRPG!『モンカルファンタ 勇者と水晶の少女』『デモンキルデモン:黄泉1984(仮題)』新情報公開

  9. 性加害やパワハラなどで『アイマス』『チュウニズム』参加の作曲家ESTiさんが告発受ける―本人は疑惑を否定【UPDATE】

  10. Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

アクセスランキングをもっと見る

page top