基本無料SFニンジャACT『Warframe』ネイティブPS5版が海外時間11月26日よりスタート! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

基本無料SFニンジャACT『Warframe』ネイティブPS5版が海外時間11月26日よりスタート!

PS5版では、映像の見栄えが向上し、最大4K解像度と60fpsで動作。ゲーム全体の読み込み時間短縮、DualSenseコントローラーの新機能による各近接武器の振りや遠隔武器のトリガーの手応えなど新たなプレイ感で楽しめるとされています。

家庭用ゲーム PS5
基本無料SFニンジャACT『Warframe』ネイティブPS5版が海外時間11月26日よりスタート!
  • 基本無料SFニンジャACT『Warframe』ネイティブPS5版が海外時間11月26日よりスタート!
  • 基本無料SFニンジャACT『Warframe』ネイティブPS5版が海外時間11月26日よりスタート!
  • 基本無料SFニンジャACT『Warframe』ネイティブPS5版が海外時間11月26日よりスタート!

カナダのデベロッパーDigital Extremesは、現在サービス中のオンラインアクションゲーム『Warframe』のPlayStation 5版を、海外時間11月26日より開始すると発表しました。

PS5版では、先日の発表の通り、これまでにない美しい動的ライティングで映像の見栄えがさらに向上。また最大4K解像度と60fpsで動作。次世代SSDにより、ゲーム全体の読み込み時間が短縮されるほか、DualSenseコントローラーの新機能により、各近接武器の振りや遠隔武器のトリガーの手応えなど新たなプレイ感で楽しめるとされています。

仕様面では、PS4とPS5間でのみのクロスセーブおよびクロスプレイ対応の他に、現時点では過去実施された他のプラットフォームからのアカウント移行措置を予定していないこと、アカウント引継ぎ時、トロフィーの進行状況自体は移行されるものの、トロフィー自体は移行されず新たにアンロックする必要があることが説明されています。

また11月12日から、PlayStation版の7周年を記念したイベントを現在実施中。日本時間12月3日午前4時までにログインすると「Paracesis Obsidian スキン」、「Obsidian Monast スガトラ」、完成品「Forma」、3日間の「リソースブースター」をプレゼント。

さらに同期間限定のアニバーサーリーアラートをクリアすることで「Noggles」、「ウェポンスキン」などが獲得可能。ゲーム内マーケットでは「Azura Excalibur Glyph」、「PSIV Color Palette」が同期間限定1クレジットで販売中です。

新世代の表現でプレイできるPS5版『Warframe』は海外時間11月26日より開始。PS5でもプレイできるPS4版は現在PS Storeで配信中。Xbox Series X|Sへのネイティブ対応日は、現時点で後日発表となっています。

《technocchi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本

    リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本

  2. ポケモン風MMORPG『Temtem』PS5/XSX|S/スイッチ/PC向けに現地時間9月6日正式リリース!

    ポケモン風MMORPG『Temtem』PS5/XSX|S/スイッチ/PC向けに現地時間9月6日正式リリース!

  3. PS5の機能が徹底活用された『ホグワーツ・レガシー』新トレイラー公開―コントローラが魔法の杖になる!

    PS5の機能が徹底活用された『ホグワーツ・レガシー』新トレイラー公開―コントローラが魔法の杖になる!

  4. 『ドラゴンズドグマ』シリーズ10周年で記念サイトオープン―スイッチ版『ダークアリズン』のセールも実施中

  5. クイックセーブ&巻き戻しでクラシックタイトルがさらに楽しく?新生PS Plusの更なる追加機能が明らかに

  6. 『モンハンライズ:サンブレイク』ダウンロードカード各種が5月30日より販売開始!購入者特典や豪華抽選プレゼントも

  7. 「誓って殺しはやってません」桐生一馬、参戦!『レインボーシックス シージ』×『龍が如く』コラボスキンまもなく販売!

  8. 『FINAL FANTASY XV』全世界累計販売本数が1000万本を達成―シリーズ歴代2位に

  9. 戦場にカーテンを張れ!新オペ「SENS」、射撃練習場の実装に『龍が如く』コラボなど『レインボーシックス シージ』イヤー7シーズン2を見る【先行プレイレポ】

  10. 「GO!GO!ブリキ大王!!」は影山ヒロノブ氏が担当!スイッチ版『ライブアライブ』の「西部編」「近未来編」「バトルシステム」等の最新情報が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top