「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさんのお別れ映像が公開―すでにコメント欄には多数のメッセージが | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさんのお別れ映像が公開―すでにコメント欄には多数のメッセージが

『FF14』のプレイヤーのみならず、人々に大きな影響を与えました。

ゲーム文化 カルチャー
「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさんのお別れ映像が公開―すでにコメント欄には多数のメッセージが
  • 「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさんのお別れ映像が公開―すでにコメント欄には多数のメッセージが
  • 「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさんのお別れ映像が公開―すでにコメント欄には多数のメッセージが

2020年12月6日に他界した「光のお父さん」原作者・マイディーさんが所属していた「FCじょびネッツァ」。そのメンバーあるてみしあ氏は、「マイディーさんへ」と題したメッセージ映像を公開しました。

この映像は、マイディーさんの父親からお別れ会について「彼が生きた証として、 何処かに残る形で執り行って欲しい」とのお願いを受けて作られたものです。映像には、マイディーさんと関わりがある人々のメッセージとスクリーンショットが流れており、彼が『FF14』において大きな影響を与えていたことがわかります。映像の最後には、彼の父親がこの企画に対して感謝の言葉、そしてまだ息子を失った悲しみに沈んでいることを綴っています。

マイディーさんのお別れ会は、「データセンターの壁があること」「無関係なプレイヤーの迷惑になること」「時間の都合を合わせるのが難しいこと」「ゲーム以外でマイディーさんに出会った人でも参加できる形式にしたい」などを理由に『FF14』内では行われません。

ただ、YouTubeの動画のコメント欄からメッセージが送れるので、彼と知り合いではなくても「光のお父さん」を観て感動した人は、なにか言葉を残しておくといいかもしれません。すでに動画のコメント欄には、マイディーさんを偲ぶメッセージが多数寄せられています。

《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『CoD』を買いにロックダウン中の街を出歩いていた脱獄犯が逮捕―英バーミンガム市

    『CoD』を買いにロックダウン中の街を出歩いていた脱獄犯が逮捕―英バーミンガム市

  2. ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応

    ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応

  3. 100万のスパルタ兵 vs 2千のフルオートショットガン兵! 壮大バトルシム『UEBS2』技術デモ映像

    100万のスパルタ兵 vs 2千のフルオートショットガン兵! 壮大バトルシム『UEBS2』技術デモ映像

  4. 『Bloodstained』の「ミリアム」が3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』に参戦!

  5. 15年前にリリースされたバグだらけのクトゥルフホラー『Call of Cthulhu: Dark Corners of the Earth』が有志によって「Nexus Mods」Modマネージャーに対応

  6. 『Ghost of Tsushima』×対馬市が公認コラボ!対馬市公式サイト「Ghost of “REAL” Tsushima」を全世界に向けて開設

  7. 英国競争・市場庁がAppleの競争法違反に関する調査を開始―「App Store」に関する複数の開発者から苦情受け

  8. 国産ゲーム中心の「NEW GAME+ EXPO 2021 Showcase」発表内容ひとまとめ

  9. 改造「ポケモン」作成で男性逮捕、販売行為1年間で115万円以上の売上

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top