発売から約11年、ドイツ版『Left 4 Dead 2』が再審査により暴力表現規制を撤廃! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

発売から約11年、ドイツ版『Left 4 Dead 2』が再審査により暴力表現規制を撤廃!

インターナショナル版に更新する無料DLCが配信。

ゲーム文化 カルチャー
発売から約11年、ドイツ版『Left 4 Dead 2』が再審査により暴力表現規制を撤廃!
  • 発売から約11年、ドイツ版『Left 4 Dead 2』が再審査により暴力表現規制を撤廃!
  • 発売から約11年、ドイツ版『Left 4 Dead 2』が再審査により暴力表現規制を撤廃!

これまでドイツはゲームの暴力表現規制が厳しいといったイメージがありましたが、近年では『Mortal Kombat 11』も無修正で発売されるなど随分と緩和されています。その流れを受けてかValveは2009年に発売したCo-opゾンビシューター『Left 4 Dead 2』の再審査を依頼し、その結果ドイツで無修正のインターナショナル版が解禁されたことを明らかにしました

『Left 4 Dead 2』ティーザー映像

本日よりドイツ版『Left 4 Dead 2』のプレイヤーはゲームをインターナショナル版に更新する無料DLCがダウンロード可能です(日本からのアクセスは不可)。発売から約11年が経過しているにも関わらず、このような対応をしてくれるのはファンにとっても嬉しいことですね。

ちなみに、初代『Half-Life』や『Half-Life 2』、『Counter-Strike: Source』など、その他のValveタイトルも3~4年ほど前に無修正版が解禁されていました。

《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

    波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  2. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

    『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  3. 私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

    私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

  4. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  5. あの問題作『POSTAL』のドリームキャスト移植版が完成! 日本語音声も収録して6月発売予定

  6. あの動画の影響を受けて…PS5『Dreams Universe』で実写のようなリアルな駅を作成したアーティスト登場!

  7. メガドライブ、セガサターン、ドリームキャスト…セガの大ヒット家庭用ゲーム機3種が1/2スケールのワイヤレス充電器になって登場!

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. ガンダムゲーム配信番組「GUNDAM GAME FEST」5月27日午前7時配信―『SDガンダム バトルアライアンス』『GUNDAM EVOLUTION』などの最新情報公開

  10. SFC互換機DIYキット「超ファミつく」は6月2日発売!こだわり外観もアイディア次第

アクセスランキングをもっと見る

page top