機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】

未知の世界を冒険し、ベースを構築し、敵を迎撃。さまざまな要素が詰まったサバイバルゲームです。

連載・特集 プレイレポート
機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】
  • 機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】
  • 機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】
  • 機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】
  • 機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】
  • 機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】
  • 機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】
  • 機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】
  • 機械だらけの未知の世界を冒険せよ!要素盛りだくさん見下ろしサバイバル『Scrapnaut』【爆速プレイレポ】

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

今回は2021年3月4日にSpiffyBitとRockGameよりPC(Steam/Epic Gamesストア)向けに早期アクセスでリリースされた『Scrapnaut』について、生の内容をお届けしたいと思います。


『Scrapnaut』とは

未知の世界を舞台にした、トップダウンビューのオープンワールドサバイバル。プレイヤーはクラフトや農業、戦闘などを行いながら、自身が置かれている世界や状況の確認と、その解決策を見つける冒険を行います。

プレイヤーはエリア内のキャンプ地点で、拠点となる家や冒険を快適にする様々な施設を建築可能。しかし、拠点には定期的に敵対NPCが襲撃してくるため、タレットなどの防衛設備も用意しなくてはなりません。

サバイバルと冒険、拠点防衛要素を兼ね備えた本作。プレイヤー自身の体力や空腹状態などのステータスを含め、さまざまなリソース管理が大切な作品です。

『Scrapnaut』の実内容に迫る!

墜落した飛行機の中で気絶から目覚めた主人公。ここで移動やカメラ回転、物資集めなどのチュートリアルを行いながら、状況を確認するために船内のコンピューターへとアクセスします。コンピューターの情報によると、飛行機は何者かに撃墜されたようです。



さいわい付近には古い機械施設がいくつかあり、そこを利用することで飛行機を修理できるかも知れないとのこと。まずは最寄りの通信塔を調査することになるのですが、船外は汚染された空気と敵の機械が待ち受けています。戦闘や基本UIを学びながら無事に塔を調査完了、新たに向かった施設でロボット「RUSTY」と出会います。

「RUSTY」によると、はるか南に飛行機のパーツが残されているようです。しかし、食べ物もろくに確保できていない現状ではたどり着くのはもちろん、生き残るのすら不可能な状態。RUSTYの指示のもとで空気清浄マシンを復旧させたあとは、この土地で生きるためのサバイバル拠点を作ることになります。




酸素フィルターを修復するとそのエリアでは自由に活動可能に。
ちなみに酸素が汚染された状態で酸素が尽きると即死です。

まずはベース作りから!設備は充実!

本作ではTabキーを押すことで建築モードへと移行。建築可能なのはフィールドにあるキャンプエリアのみで、材料さえあれば自由に配置可能です。まずは、基本となる「クラフトテーブル」を制作しましょう。クラフトテーブルでは斧やツルハシなどの基本ツールが製作できるほか、木材や電子部品など建築材料の加工が可能です。なお、クラフトアイテムにはスキルレベルが必要。スキルはステージ内に落ちている「スキルブック」を拾うことで上昇していきます。



キャンプでは、テントを作ることで夜を飛ばすことが可能に。調理鍋を作ることで「キノコ」「トマト」など手に入れた食材をスープにすることも可能です。食材はそのまま食べるよりも料理することで効果が大きくなります。食材はフィールド上に落ちている食べ物のほか、農場を作ることで栽培もできます。

本作では電気を使う施設も初期から導入可能。鉱石を加工する「電気炉」、農地に自動で水やりする「散水機」などは生活を向上させるためにも必須です。もちろん木を切り、石を砕いて行うクラフトも家や壁を作る序盤には欠かせないものです。




拠点を充実させるために素材を集め、施設の建築を行うオーソドックスな建築システムはやはり楽しいもの。しかし、その時間は「あなたの基地はすぐに攻撃されます」との警告で新たなフェイズを迎えることになります。

入念に準備して侵略者を撃退せよ!

警告文が出てからおよそ数分後、敵の機械がベースを襲撃してきます。序盤は数体で済むのですが、それでも脅威なことに変わりはありません。彼らはエリア内にある周囲の物体から攻撃する習性があるため、まずは重要な施設周りには木の壁を構築しましょう。

迎撃は機械の力に頼りましょう。作成できる施設には範囲内の敵を攻撃してくれる「攻撃タレット」があります。使用素材によって攻撃範囲などは異なりますが、序盤であれば初期性能でも十分です。注意しなければならないのは、パワーの基である「発電機」を壊されないような配置にすることですね。

初期であれば、プレイヤー自身のみで迎撃するのも可能。プレイヤーは盾である程度自動的に攻撃をブロックできるため、雑魚ならば囲まれない限りは簡単に負けることはありません。最悪の場合は逃げながら施設を攻撃させ、単騎撃破でも問題ありません。さいわい現在のビルドでは、壊された施設のアイテムは100%バックします。



襲撃イベントは定期的に訪れる厄介なものですが、こちらへの恩恵も十分あります。倒した機械からは、施設のクラフトで大切な「スクラップ」「電気スクラップ」などのアイテムを回収できるのです。ありがたく迎撃して拠点を充実させていきましょう。



とはいえ襲撃はだんだん敵の数も増え、驚異となっていきます。対処するためには世界を広げ、新たな素材や技術を手に入れることが大切です。

新たなアイテムを求めて未知の世界を冒険!

本作では、メインクエストを行うことで新たなエリアが開放され、冒険できる世界が広がっていきます。主人公は漂着している身の上のため、本船のコンピューターや「RUSTY」の助言に従わなければ先に進むこともできない状況。クエストで基礎を学んで世界を広げ、あとは箱庭で自由に遊ぶようなイメージです。

新しいエリアでもまず空気清浄フィルターを復旧し、キャンプを構築していくことで活動できる幅が広がっていきます。新たなエリアには新素材もあるため、なるべく早めに訪れたいところです。また、本作ではどんな場所でもテレポート可能な場所へは瞬時に移動できるため、世界を広げても移動には困りません。



テレポート機能がとても便利。

また、各エリアには捨てられた建物のほか、貴重なアイテムなどを確保できる「ストーンヘンジ」などの遺跡も存在。多くの重要拠点には必ずスキルブックが置いてあります。マップ上でなにかある場所はバナーで表示されているため、まずは色々と探してみるのが重要です。

冒険に出る際は、食事をたくさん持っていきましょう。本作では回復ポーションや食べ物以外で体力がまともに回復しないため、敵との連戦が続くと殺されてしまいます。冒険に出る際は、拠点で「缶詰マシン」を作って野菜缶を作るのがオススメ。野菜スープが回復量は大きいのですが、缶詰の方がスタックできてインベントリを圧迫しません。


缶詰最高!

ここまで紹介してきた『Scrapnaut』。冒険とクラフト、建築の気軽さや防衛などさまざまな要素のバランスが良く、現在のビルドでも十分な魅力を感じられる内容です。見下ろし画面のため建築にこだわるのが難しいですが、それでも配置バランスを考える楽しさは十分に堪能できます。ただし、現状では敵の種類が少ないなど単調な部分もあります。

日本語対応となっているものの翻訳精度はよくありません。会話シーンなどはまだニュアンスが理解できるのですが、銅と鉄鉱石がどちらも「鉄鉱石」と書いてある状態です(一応色で区別はできますが……)。鉱石関連はどうにもおかしく、フィールド上でも「石炭の鉄鉱石」など首をかしげるものがそこら中に存在しています。




早期アクセスはおよそ1年間を予定。ストーリークエストは現在75%完成しており、半年以内に完成する予定です。製品版では乗り物要素や新バイオームが追加されるほか、現在はマルチプレイ実装の構想もあるようです。

なお、現在Steamではゲームの序盤を楽しめるデモ版も配信中。こちらは日本語に対応していませんのでご注意ください。

タイトル:Scrapnaut
対応機種:PC(Steam/Epic Gamesストア)
記事におけるプレイ機種:PC(Steam)
発売日:2021年3月4日
記事執筆時の著者プレイ時間:5時間
価格:Steam:1,420円/Epic Gamesストア:1,480円

《Mr.Katoh》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top