帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】

今回の爆速プレイレポでは7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』をご紹介。約7年ぶりのイオンちゃんはやっぱり可愛い。

連載・特集 プレイレポート
帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】
  • 帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】
  • 帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】
  • 帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】
  • 帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】
  • 帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】
  • 帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】
  • 帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】
  • 帰ってきたイオンちゃん!7次元コミュニケーション『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』で生活に彩りを【爆速プレイレポ】

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

今回はコーエーテクモゲームスが、2021年03月04日にPC/PS4/ニンテンドースイッチ向けにリリースした7次元コミュニケーションゲーム『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』について生の内容をお届けしたいと思います。

本作に至るまでの流れをかいつまんで記すと、2012年に発売されたオンライン専用PSVitaソフト『シェルノサージュ ~失われた星に捧ぐ詩~』が、ユーザーからの様々な意見を取り入れつつ、2014年にオフライン版としてもリリースされました。本作はそれを元に2021年現在、最新の各ハードに合わせて高画質リマスター化されたもので、最初からすべてのストーリーと多くのDLCコンテンツが収録されています。

今回の執筆にあたり、筆者はニンテンドースイッチでプレイ。トントンしつつやってまいりましょう。

『シェルノサージュ ~失われた星に捧ぐ詩~』とは?

イオンちゃんがかわいい。

以上。


……失礼いたしました。本作では、主人公である記憶喪失の少女イオン、彼女の記憶を取り戻していくのが主なストーリー。本来であれば、やんごとなき立場であるはずの彼女が、何故1LDKみたいな部屋で一人暮らしをしているのか。それを明らかにすべく、我々プレイヤーはこの世界に「端末機」を通してアクセス、彼女の内側にある夢セカイを修復して、記憶を取り戻す手助けをしていきます。

本編開始


ゲームを開始するとムービーが流れて、なにやらこの世界における専門用語が並びます。

曰く、惑星ラシェーラが危機的状況で、そこに住む人類は別惑星へ移住するか現惑星を再生するかの2つにわかれて揉めているとのこと。その解決手段として次の皇帝即位を利用することになり、移住派の組織「天文」と再生派の組織「地文」はそれぞれ皇帝候補を立て、民衆はそのどちらかを支持。そうすることによって最終的に選ばれた方の派閥が惑星の未来を決めることに。

そのため皇女たちは着の身着のままで、民衆が暮らす区域へ降り、そこで彼らと一緒に生活しつつ地道に活動をいく……というのが大まかな流れのようです。そう、イオンちゃんことイオナサル・ククルル・プリシェールは天文の皇女、物語はここから始まるのです。

ここは初見だと少々わかりにくいかもしれません。本作は様々な専門用語が飛び交うため、最初のうちは「専門用語が専門用語して専門用語になる」といった具合に頭がこんがらかってしまいがち。しかしゲームを進めていくうちにそういった用語に慣れてくるのと、キャラクターがある程度説明してくれたりするため、そこまで大きな混乱にはならない筈です。


ともあれ冒頭のムービーについては、物凄く簡単にまとめると、アイドル総選挙で勝つと惑星の命運を握れるくらいに捉えておくと良いでしょう。


さて下々の世界にやってきた地文皇女のカノン嬢は、力強い演説で浮足立つ人々をまとめあげ早速支持を集めます。その間、筆者は画面に映る民衆の極めて少ないバリエーション、かつコピペ配置ぶりに目を奪われてそれどころではありません。


一方こちらは我らが天文アイドルのイオンちゃん。半ばパニック状態の民衆に取り囲まれ、文字通り身ぐるみを剥がされてしまいます。これはこれで筆者は、一連の導入と彼女の台詞にハラハラしっぱなしです。大丈夫でしょうか、CEROレーティングはC(15歳以上)ですけど、いろいろな意味で本当に大丈夫でしょうか。


ボロボロになりながら路地裏に逃げ込みやりすごすイオンちゃん。どうやらレーティングと風紀は守られたようです。この時点で総選挙の先行きが大いに不安になります。

イオンちゃんと話そう!


……という夢だったのさ、と言いたくなるレベルの場面転換。ここは一体どこでしょう、私は誰?


どうやら私は端末機としてカメラレンズ越しに、目の前の美少女を見ているようです……ってイオンちゃんじゃないですか。どうやら先ほどのムービーは、彼女の記憶が夢となって流れていたようです。あとアングルが下向きなのは、スティック操作を調整しているからであって決してやましいことはありません。


なんとこの端末、声こそ出せないものの何かしらの思念?で彼女とコミュニケーションを取ることができるようです。


Who are you?当然の疑問です。偶然起動した端末から偶然思念が飛んでくるとか何か裏を想像してしまいますよね。ここは正直に自分が何者であるかを答えましょう。ごきげんようお嬢さん、私はこの端末機を通じてあなたの世界にアクセスしている善良で一般的な独身男性で……、


選択肢の悪意よ。学生と強がるにしては、社会に出てからずいぶん経ちましたし、働いている大人というには平日のこんな朝に寝間着の美少女を愛でていることがチクリと気になります。ここはあえて「何もしていない人です」を選択。


おやおや、それを言ったら戦争ですよ。

イオンちゃんを触ろう!

このゲームでは、端末機を通してイオンちゃんに触れることができます。これは本作最大の特徴的機能であり、最高の魅力であるといっても過言ではありません。当時、PSVitaであったころは画面をトントンとタップして彼女に触れることができるという、多くのプレイヤーを狂わせた罪な機能でもありますね(誉め言葉)

さあ!この機能を堪能するために筆者はニンテンドースイッチ版を購入したのですよ!こい!天文の皇女!お望み通りいろんなものでトントンしてやるッ!


衝撃の事実。

しばらく絶句したのち、椅子から崩れ落ちました。画面タップによるトントン無いの……?ええ……無いの……?コントローラでボタン操作なの……?

トントン(画面タップ)は封印されました。

編集部に対して悲鳴を残す筆者のログ

いやたしかに公式ウェブサイトをよく読むと「コントローラーを使ったタッチ操作でイオンとコミュニケーションができます」とあるので、これは完全に筆者の思い込みと勘違い。私がすべて悪い。申し訳ありませんでした、としか言いようがありませんが、それでも申し上げたい……どうしてオミットされたのですか画面タップトントン……。


わかりますか。画面を指でタップするという直感的な操作のおかげで、イオンちゃんと私の関係性は、言うなれば二点間をシンプルに結ぶ直線だったのです。線の両端にいる彼女と私だけで、線上には何もない。それが、「スティックによるカーソル移動」と「押し込みによる決定操作」という2つの要素が間に入ったことで、直感的な操作とはいえなくなってしまったのですよわかりますか(錯乱)


あとこれも個人的な好みの話だというのは重々承知の上ではありますが、そもそもこのスティックによる操作が極めて難しい……というのがいかんともしがたい。タッチはともかく、「撫でる」はボタン操作にスティックを押し込みつつ、さらに傾けなければならないので、非常に狙いにくいのです。そしてカーソルの移動速度もワンテンポ遅れた緩急がついているため、やはりタップ操作に比べると直感的な操作とは言い難いものがあります。

ともあれ、1LDKの部屋で暮らすイオンちゃんにカメラの焦点を合わせてボタンを連続2回押すことでお触りできるようになるので、積極的に利用していきましょう。


あとはシャール(後述)によるデイリー目標達成のため、彼女に触れというタスクも出てきたりします。というかどれだけ身体に触りたいんですかこのタスク一覧。


まあ触るんですけど。


これはタスク達成のためにやむを得ず触っているのであって……、


……決して楽しんでいるのではありません。そう仕方なく……仕方なくなのです……!

イオンちゃんに作ってもらおう!


トントン無いのか……と落ち込んでばかりもいられません。彼女はずっと寝間着姿で流石に可哀そう。ここはひとつ新しいおべべを着せてあげたいところですね。


幸い、先ほど発覚した衝撃のファーストブリット(タッチ操作のこと)で服のレシピを取得することができました。


メニュー画面から彼女にお願いするを選択して、レシピを元に作成してもらいましょう。本当ならこちらで作ってあげたいのですが、残念ながら端末機である私にそんな高度な動きが要求される針仕事は行えません。


はいカワイイ。こういう作業中とかそういう場面の切り替えの時に現れるこの画面のゆるふわな雰囲気は良いですね。


さあ作業開始です。可愛らしい動きで針を動かすイオンちゃん。画面左側には工作中の文字と、作業完了までのタイマー、そしてゲーム内の昼夜を示す時計が配置されています。一方で画面右上には現実世界の時間が表示されており、いまは平日の朝9時16分。服の制作は少々時間のかかる作業のようなので、一度スリープモードに入れてここからはしばらく放置。対馬で蒙古の拠点を滅ぼしながら過ごし、お昼ぐらいにまた再開するとしましょう。


戻ってきました。ホント政子殿はなんで話を聞き終わる前に斬っちゃうかな……って、あれ!?イオンちゃんまだ作ってる!?

よく見ると、現実世界では2時間以上経過したのに、ゲーム世界では10分程度しか進んでいません。時間経過はスリープにかかわらず連動していたような気がするのですが……記憶違いでしょうか……?


念のため作業をもう一度頼んでみたところ、それはもうお願いされているよとのこと。何が一体どうなっているのでしょうか。

時よ止まれ!


こういう時は再起動せよという古今東西で伝わる教えに従い、セーブせずにタイトル画面へ戻りました。


ここでロードし直すことで、前回のセーブ時点での時間から、現時点まで時間を飛ばすことができます。


服が完成していました。あれ、どうしてだろう……。

気になったのでその後も何度か試してみたのですが、ニンテンドースイッチでは、スリープモードに入るとゲームと現実世界の時間がズレてしまうようです。本来なら数分で終わる作業がなかなか終わらないため、この対処としては作業開始とともにセーブしてソフトを終了し、しばらく経過してから起動して様子を見るいうサイクルを回すと良いかもしれません。正直カジュアルなプレイ体験からは遠く離れていますが……。


またはHymPというポイントを消費して時間を飛ばせば解決できるものですが、このポイントは他にも様々な用途で使用するため、なるべく温存しておきたいところ。


他の作業、例えば採取をお願いして送り出す場合も、時間経過で作業が完了するため、上記のいずれかの方法で彼女の帰りを待つと良いでしょう。

夢セカイで記憶を取り戻そう!


ずっと部屋にこもってイオンちゃんとイチャイチャするだけで生涯を終えたいのですが、ゲームの進行的にそういうわけにもいかないので先に進みます。メニュー画面からイオンちゃんと一緒に何かするを選択すると「夢のセカイ」へ行くことができます。この画面に映っている女性はイオンちゃんに酷似していますが、別人です。夢セカイにおけるナビゲーター的役割の機能です。ナビゲーターイオンとでも呼びましょうか。


専門用語に専門用語を重ねる説明が続きますが、ナビゲーターイオンが最終的にまとめてくれたので助かりました。この夢セカイでは、シャールという妖精を生み出し、使役することで、イオンの欠落した記憶を修復させることが、主な活動になります。

シャールを生み出そう

妖精シャールを生み出すにはバーコードを入力する云々と説明がありましたが、ちょっと待ってください……ニンテンドースイッチには、PS Vitaのようなカメラによる読み込み機能はありません。


では、いったいどうすれば良いのかという部分については、画像のように、こちらで身の回りの品にあるバーコードの数字、または任意の数字を入力することで対応できます。ネットで調べると、有志によって「どういった組み合わせでどのようなシャールが生まれるのか」という傾向を掴むことができますが、ご利用は自己判断で。


ともあれランダム生成によって、今回は「フラン・シャラネ」という妖精を生み出しました。


イオンちゃんの記憶世界は、細部まで作りこまれた街並みなのですが、記憶が戻るまでは廃墟のような見た目になっています。シャール達を使役して急ぎ修復しましょう。

廃墟、つまり記憶の欠落箇所は属性として「金」、「木」、「水」、「土」の四種類を持っており、またその属性はシャールも持っています。そのため修復作業には、対応した属性を持つ妖精を担当させる必要があります。この作業も時間経過によって完了するので、スリープモードは避けて、時間をおいて再起動、またはHymPで時間をスキップすると良いでしょう。


先ほどの画像では、そのことを失念したまま全然違う属性のシャールを当てて時間を浪費してしまいました。そのためもう一体生み出して、対応させることにします。

無事に記憶を修復させることができました。

戻った記憶の内容はテキストによるドラマパート形式で確認できます。時系列としては冒頭で流れたムービーの続きから、ということになります。


なお記憶を思い出すと、それに合わせてレシピも追加されるため、1LDK部屋で作成できる服や食事などのバリエーションが広がっていきます。

それにしてもずいぶんとキワドイ寝間着です。


ともあれ以降も夢セカイにおいて「broken point」という表記がされた箇所を選択しては、記憶の欠落修復していきます。この表記も、たまに画面の端で見切れていることがあるので、今後もしアップデートがあれば、現行機に合わせて画面サイズの調整をしてもらえたら幸いです。


ゲームが進むと、要求される属性数が増え、さらに作業完了に必要な時間も伸びてくるため、ちょっと億劫になるかもしれません。


しかし大丈夫、その頃になるとHymPが数千単位で溜まっているため、画像のようにシャールを複数体用意し、時間スキップをしつつ作業を進めることができます。


ところで登場するモブキャラクターについて、造形のバリエーションが少なかったり、言動が唐突に攻撃的だったりします。そのため個人的に感じるのは、メインキャラと比較するとモブが浮いてしまっており、その温度差がやや気になったり……。


しかしながら全体的なお話の流れとしては、目の前の困難をみんなで力を合わせて乗り越えていく王道モノなので楽しめますね。

お客さんだよイオンちゃん


ある程度ゲームを進めると、イオンちゃんと端末機である私の住まう1LDK部屋に、バニースーツめいた衣装に身を包んだ女性が現れました。


調子はどうかの~?とか言いながら端末をのぞき込む「ねりこ」というこの女性。画像は、不意を打たれたのでこのカメラアングルになってしまっただけで、筆者は懸命にスティックを押して顔を写そうとしていました。ほんとうですしんじてくださいけっしてやましいきもちは(早口)


この世界のドレスコードは一体どうなっているのかなんて悶々としていたら、案の定図星を突かれました。


正直に答えます。現実世界なら弁護士を通じてお話しする展開かもしれません。


むしろ気に入られました。社会に出て長くなると相手に調子を合わせることで事なきを得るというスキルが育ちますが、それが功を奏しました。

おわりに

本作は、可愛らしいイオンちゃんと暮らしながら彼女を蝶よ花よと愛でるという部分が屋台骨なので、そこにおいては充分に楽しむことができます。

しかしながら……これは筆者の超個人的な感想かつ、本作は「高画質リマスター」であることはよく理解しているつもりではありますが……それでもやはりUIやシステム部分については、もう少し手を入れて、プレイ体験の向上を目指すことは出来なかったのかと惜しい気持ちが出てきます。

スリープモードで時間がズレるのもそうですが、特にトントンをオミットしたのはなぜどうして……。他ハードと足並みを揃えるためだとは想像しますがしかし……それでも……!

なお色々と専門用語が重なり、かつ操作方法が意外と複雑なので何をどうしたらよいかわからなくなってしまった!という場合は公式Webマニュアルを見れば、大抵のことは解決できるのでお試しあれ。

タイトル:『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX』
対応機種:PC/PS4/ニンテンドースイッチ
記事におけるプレイ機種:ニンテンドースイッチ
発売日:2021年03月04日
記事執筆時の著者プレイ時間:約4時間(スリープモードなどによる放置時間は除く)
価格:6,380円
《麦秋》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top