『サイバーパンク2077』主人公V&バイクが立体化!「figma V」「ex:ride YAIBA KUSANAGI」予約受付スタート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サイバーパンク2077』主人公V&バイクが立体化!「figma V」「ex:ride YAIBA KUSANAGI」予約受付スタート

両方買えばバイクに乗せることも可能!

ゲーム文化 ホビー・グッズ
『サイバーパンク2077』主人公V&バイクが立体化!「figma V」「ex:ride YAIBA KUSANAGI」予約受付スタート
  • 『サイバーパンク2077』主人公V&バイクが立体化!「figma V」「ex:ride YAIBA KUSANAGI」予約受付スタート
  • 『サイバーパンク2077』主人公V&バイクが立体化!「figma V」「ex:ride YAIBA KUSANAGI」予約受付スタート
  • 『サイバーパンク2077』主人公V&バイクが立体化!「figma V」「ex:ride YAIBA KUSANAGI」予約受付スタート
  • 『サイバーパンク2077』主人公V&バイクが立体化!「figma V」「ex:ride YAIBA KUSANAGI」予約受付スタート
  • 『サイバーパンク2077』主人公V&バイクが立体化!「figma V」「ex:ride YAIBA KUSANAGI」予約受付スタート

グッドスマイルカンパニーは、オープンワールドアクションRPG『サイバーパンク2077』の主人公「V」のフィギュア「figma V」の予約販売を開始しました。Vの愛車である「YAIBA KUSANAGI」を立体化した「ex:ride YAIBA KUSANAGI」も同時に予約開始しています。

「figma V」は、figmaオリジナル関節パーツや素材にこだわり、作中のあらゆるシーンを再現可能な可動域を実現。付属品として武器「Arasaka JKE-X2 Kenshin」「Militech M221 Saratoga」と、サイバーウェア「マンティスブレード」「プロジェクタイルランチャー」がセットになっています。

「ex:ride YAIBA KUSANAGI」はホイールやステアリングが稼働し、スタンドを立てることで本体のみの自立が可能。作中に出てくるバイクのマーキングなどを塗装で再現するほか、ステッカーの用のシールが付属しています。また、「figma V」を搭乗させることもできるようです。

GOODSMILE ONLINE SHOPでの予約は、2021年3月30日12時から2021年5月12日21時まで。「figma V」は2022年1月発売予定で10,800円、「ex:ride YAIBA KUSANAGI」は2022年2月発売予定で9,000円です。


《Mr.Katoh》

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

    駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

  2. 『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

    『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

  3. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

    『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  4. 『Cult of the Lamb』日本に来た教祖様が終電逃してヤケ酒…京都府PRキャラとも激突するやんちゃぶりを見せる

  5. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

  6. 格闘ゲームの祭典「EVO」、2025年はなんと4回も開催!アメリカにフランス、そして日本も

  7. 『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

  8. ゲームトレイラーと本編の内容が違った…!『メタルギアソリッド2』『Hello Neighbor』他、海外ゲーマーたちの叫び

  9. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  10. 「悲しいけどテキストだけでRPGのクエストをクリアする人、ほとんどいないのよね!」『The Elder Scrolls Online』ディレクターが海外メディアに語る

アクセスランキングをもっと見る

page top