開発中止になったドリキャス版『悪魔城ドラキュラ』のプロトタイプ、プレイ可能な状態で発見―ソニア・ベルモンド主人公の『Castlevania: Resurrection』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発中止になったドリキャス版『悪魔城ドラキュラ』のプロトタイプ、プレイ可能な状態で発見―ソニア・ベルモンド主人公の『Castlevania: Resurrection』

同シリーズは2000年からPS2へ舵を切っています。

ゲーム文化 カルチャー
開発中止になったドリキャス版『悪魔城ドラキュラ』のプロトタイプ、プレイ可能な状態で発見―ソニア・ベルモンド主人公の『Castlevania: Resurrection』
  • 開発中止になったドリキャス版『悪魔城ドラキュラ』のプロトタイプ、プレイ可能な状態で発見―ソニア・ベルモンド主人公の『Castlevania: Resurrection』

ドリームキャスト用に開発されていたものの、発売中止となった『悪魔城ドラキュラ』シリーズ『Castlevania: Resurrection』のプレイ可能なプロトタイプが海外で発見されました。

これはフランス・中国・スイスのレトロゲームコレクターが主催するコミュニティで明らかにされたもので、実際にゲームを起動し、プレイする様子も動画で公開されています。

『Castlevania: Resurrection』はKonami of Americaによって開発されていたドリームキャスト用タイトルでした。ゲームボーイでリリースされた『悪魔城ドラキュラ 漆黒たる前奏曲』と同じくソニア・ベルモンドを主人公としていましたが、2000年にPS2へのシリーズ展開が始まったことなどを理由に開発が中止されています。同作は1999年のE3でクローズドながらプレイアブル出展されていたことから、その際に制作された試遊用ディスクの可能性がありそうです。

匿名の発見者がプレイする動画では、問題なくゲームが起動し、ソニア・ベルモンドがステージを移動する様子が確認できます。しかし右手にスマートフォンを持っているためか、ボタンの入力操作は確認できません。

どこの誰がどうやって入手したのかすべてが不明ですが、『Castlevania: Resurrection』のプロトタイプが良好な状態で現在まで残っていたことだけは確かな事実です。

《蟹江西武》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

    そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

  2. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

    『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  3. まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

    まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

  4. 『サイバーパンク2077』初期バージョンに存在していた「ウォールランニング」を復活させるModが登場! 一部で機能制限あり

  5. まさに至宝!『DEATH STRANDING』「クリフォード・アンガー」1/2スタチューが予約開始

  6. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  7. 『GTA V』をクリアするためには最低でも700人以上を殺めなければならない―海外ユーザーが約半年をかけた検証結果を報告

  8. 発売直後のインディーゲームがプレイヤー数15万人を突破、Xbox Game Passの影響も大―『レインパレード: イタズラ雲の冒険!』が快調を報告

  9. 真田広之のアクションが光る! 実写映画版「モータルコンバット」序盤7分が披露

  10. 殺される度に強くなる! まるでゲームのようなSFアクション映画「コンティニュー」公開決定―タイムループの謎を解き明かせ

アクセスランキングをもっと見る

page top