ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】

地獄の沙汰も葉っぱ次第……ほのぼの2Dアドベンチャー『Luna's Fishing Garden』をご紹介。のんびりスローライフをするもよし、徹底的に効率に走るも良し。プレイヤーのスタイルによって見せる顔を変える不思議なゲームでした。

連載・特集 プレイレポート
ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】
  • ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】
  • ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】
  • ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】
  • ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】
  • ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】
  • ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】
  • ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】
  • ゆるふわ生活?いいえ、馬車馬のように働くだけです―スローライフ2DADV『Luna's Fishing Garden』でもひたすら葉っぱ(金)稼ぎの日々【爆速プレイレポ】

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”をモットーに、ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

今回はColdwild Gamesとillufinchが手掛けて、2021年06月17日にSteamにて、PC(Windows/Mac/Linux)向けにリリースした、スローライフ2Dアドベンチャー『Luna's Fishing Garden』について生の内容をお届けしたいと思います。

『Luna's Fishing Garden』とは?

本作は、ドットライクで可愛らしく表現された2D世界で、主人公の少女キャシーが、のんびりと作物を育てたり釣りをしたりして過ごす横スクロール型のスローライフゲーム。穏やかなBGMが優しく包む、精霊たちとのあたたかい交流は、日々のストレスに疲れた心に癒しを与えt……

いや、それが蓋を開けてみれば、徹底した経済活動が求められるなかなかのストイックプレイが楽しめました。こんなゆるふわ世界観で一体なんでどうしてと疑問を持たれたハズ。その答えを知るためにもさっそく紹介してまいりましょう。

なお本作における基本操作はキーボード、マウス、コントローラーが対応。今回はXbox Oneコントローラーを無線接続してプレイしています。

また言語は日本語対応しており、その翻訳によりキャラクターたちがより優しい雰囲気をまとっているように感じました。

本編開始

タイトル画面からして「ンマァー可愛い!」と少女キャシーに悶絶していた筆者。そんな彼女が、穏やかな波に揺られながらのんびり釣りをして始まる冒頭……から、間髪入れずに曇り空&トルネードのダブルパンチで連れ去られてしまいました。

目を覚ますとキツネ(?)の精霊めいた存在のルナに開口一番誰だお前は(5W1H)と質問攻めされますが、こちらこそなんだここはいったいどうすれば良いのだ状態です。

どうやらここはもともとキャシーがいた場所ではなく、精霊住まうファンタジー的世界の様子。とりあえず、帰る手立ても無いのでルナの仕事を手伝って、トルネードによって荒れてしまった島々のゴミ拾いを行いましょう。こうして物語とチュートリアルが始まります。

キャシーは、ジャンプこそできないものの、操作によって画面左右を移動し、オブジェクトを拾い上げてリュックにしまうことが可能。その個数は初期段階で12個で、今後登場する精霊(NPC)によって拡張もできます。

わりと経済してる

ツンデレの気配を見せるルナに掃除完了の報告をします。可愛いなこのキツネ。

すると報酬として“葉っぱ”と小船を渡されました。特に葉っぱの方は、今後アイテムの購入(?)など何をするにも枚数が必要になってくるので、ぶっちゃけた話、通貨として使用します。

画像は少しでもゴミを集めて葉っぱとして売りさばこうとしている主人公の図。

この画面左上にある葉っぱのマークに5の数字は、いわゆる所持金の表示です。そうなんですよ、この世界、ゆるふわかと思いきや割としっかり経済活動が発生します。筆者の中で拝金主義の気配がこの時点で立ち上り始めました。ちなみに画面右上は、ツンデレルナなどNPCに頼まれた仕事や現在の目標が表示されます。右下はリュックの中身確認や、オプション画面アイコン。

画面端までうろついてゴミを拾い、集めたものはすべてアイドルルナ(勝手に命名)へ売りさばきます。ゴミの単価は葉っぱ5枚。この世界の相場はわかりませんが、おそらく二束三文のはした金でしょう。それでも集めれば未来の種銭になるので必死です。僕も駆け出しの頃は、合法の範囲で何が何でも稼いでやると燃えていたのを思い出しますね。

魚を釣ろう

しかしさすがにこの稼ぎ方は、時間がかかる割にゴミの有無に左右される博打。いくらなんでも効率が悪いです。そこで何かほかに手は無いかと考えを巡らせていた時に、画像の精霊ジェリービーン氏から、以降の本作におけるメインウェポンを頂きました。

釣り竿です。これでレアな魚をじゃんじゃんばりばり釣り上げて蟹工船しましょう。さっきから出てくる単語が、ゆるふわ世界にまったく似つかわしくないものばかりですがご容赦ください。このゲーム稼ごうとすると、途端に徹底的な効率主義の馬車馬労働に様変わりするんです。

釣りの操作は画像のように、アイコンの緩急に合わせてボタンを押したり離したりします。無理に釣りあげようとボタンを長押しキープしてしまうと竿の色が緑から黄色そして赤色に変わって、最後は切れてしまいます。釣り竿が破損して失われるということはありませんが、最初からやり直しになります。

何度かの攻防の末にグッピーが釣れました。熱帯魚ですね。そういえば背景の積雲と蒼穹のコントラストが爽やかな季節を見事に表現していることからも、ここはゴキゲンな南国なのでしょう。

マダイ

いきなりチョイスが渋い。

パンザカナ

パン……?

やや狂気を感じましたが、話を釣りに戻します。魚が暴れて釣り上げるのが大変……そんな時は、ジェリービーン氏に頼んで釣り竿を強化してもらうと良いでしょう。もちろんそのためにも葉っぱが必要。この世界は葉っぱ(カネ)を中心に回っています。

植物を育てよう

このゆるふわウォール街(?)で稼ぎを得る方法は釣り以外にもあります。植物の種をまいてその実を売るのです。例えば画像はガマの実をゲットするべく種を植えました。

画像は文中の時間軸より少し後に撮影した確認画面

ちなみにガマの種は葉っぱ35枚の価値……そう、この種も葉っぱによる購入が必要です。

種が育って実をつけて、回収できるようになるまで数秒かかります。例えばガマだと植えてから15秒で、葉っぱ5枚の価値である実をつけます。キャシーはその間は魚を釣って時間を潰すと良いでしょう。金を払って種を植えると、時間経過で勝手に金(ガマ)が実る。その時間中に別の事業でさらに稼ぐ。投資みたいなもんですな(錯乱)。ここらへんから、筆者の頭の中で「単位時間当たりの稼ぎ」といった効率の歯車が回り始めます。

信用を得よう

アイドルルルルルナ……じゃなかった、ツンデレ狐ルナは出会った当初、なかなかのツンツンぶりでした。しかし、キャシーが黙って頼みを聞いて働き、責任ある行動を繰り返すとついに心を開いてくれるようになります。個人的にこういった新しい土地で、現地人(?)とあたたかな交流をするのは大好きです。

灯台で霧を晴らそう

初期島では稼ぎが伸び悩んできた……そろそろ新規市場開拓の時期ということでしょう。資本主義は飽くなき拡大のために外へ外へと市場を求めていくのはどの世界でも変わりませんね。しかし現状、マップの両端には霧がかかって行く手を阻みます。ルナの説明によれば、灯台に明かりを灯すことで霧を晴らし、さらに広い範囲へ移動可能になるとのこと。未知の魚と植物はきっと良い稼ぎになります。

しかしながら、灯台の扉は固く閉ざされており、開けるためには鍵が必要とのこと。

鍵が無いぞどうなってんだこれとルナの元に戻ると見慣れぬサルがいました。彼らの登場の仕方が、マップのスクロールに合わせてヌッ……と現れるので、初見だと割とビビりましたね。

新キャラとくればイベントもセットはゲームの常。彼らのお願いを聞けば、鍵が手に入りそうな気配をメタ的に感じるのでこのまま進めます。

バナナの樹は、そもそも植えるために葉っぱを180枚も支払わなければなりません。そしてバナナは葉っぱ30枚での買い取り。初期のガマが35枚のコストで5枚の売り上げだったことから、バナナは割と高級な果物であることが窺い知れます。ただし回収できるようになるまでの時間も45秒と長いので、一気にお金持ち!とはなりませんね。単純に出来上がりを待っているだけでは時間がもったいない……どうするか?

こうする(釣り)

回収!これを延々繰り返します。

指定本数バナナ納品!これで鍵を貰ったのでようやく先に進めます。

鍵があるのにまだ金取るの……?

色々な精霊と仲良くなろう!

何をするにも金金金……いや葉っぱか。大丈夫でしょうかこの世界。ともあれ今こうして目の前にいる精霊はナイジェル氏。この方に、手持ちの植物や魚を渡すことで図鑑に登録してもらえます。その登録した数によって、リュックの拡張という素晴らしいご褒美があるので積極的に利用すると良いでしょう。

センスのある表示の仕方
センスのある説明文

ちなみにこちらのサム氏は、登場の仕方が水中からざばぁっと現れるので思わず「ボス戦か!?」というくらいビビりました。

彼の頼みも聞くとこのようにアイテムを貰えますね。

おわりに

金が欲しい……じゃなかった、開拓の精神が芽生えた筆者による操作でガンガン土地を探索するキャシー。魚を狂ったように釣って稼いでは灯台につぎ込み次の場所へ。そこで出会う新しい精霊たちの頼みをまた聞いて……。

こうして執筆しながら考えてみると、本作はのんびりプレイすることを心がければ、葉っぱを追い求める必要はありませんね。魚の豊富な種類を、驚きとともに楽しめるスローライフでした。

ところが筆者のように、稼ぐことに夢中になり始めると効率マシーンが爆誕して、たちまちゲームが馬車馬のように働くシビアな労働に様変わりします。そういえば、方向性はやや違えど『ルーンファクトリー』でもトキメキタイを釣ろうとして必死でしたし、『どうぶつの森』でも季節の魚を釣ろうと躍起になっていました。いや、僕のプレイスタイルがズレてるだけでしたね。

ともあれこういうシンプルなゲームシステムにもかかわらず、プレイするユーザーによって見せる顔が違うのは非常に面白いと個人的に感じます。もしこの記事を読んで興味を持った方は、どのように感じるかちょっとだけ触れてみることをオススメします。

タイトル:『Luna's Fishing Garden』
対応機種:PC(Windows/Mac/Linux)
記事におけるプレイ機種:PC(Windows)
発売日:2021年06月17日
記事執筆時の著者プレイ時間:2.7時間
価格:通常価格 820円、セール価格 738円(21年06月22日まで)
《麦秋》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top