海外レビューハイスコア『デス・ストランディング ディレクターズカット』―グラフィックやパフォーマンスが大幅に向上しているほか、PS5の機能も十分に活用されている | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『デス・ストランディング ディレクターズカット』―グラフィックやパフォーマンスが大幅に向上しているほか、PS5の機能も十分に活用されている

PS5を対象に9月24日に発売の『デス・ストランディング ディレクターズカット』のMetacritic海外レビューをお届けします。

連載・特集 海外レビュー
海外レビューハイスコア『デス・ストランディング ディレクターズカット』―グラフィックやパフォーマンスが大幅に向上しているほか、PS5の機能も十分に活用されている
  • 海外レビューハイスコア『デス・ストランディング ディレクターズカット』―グラフィックやパフォーマンスが大幅に向上しているほか、PS5の機能も十分に活用されている
  • 海外レビューハイスコア『デス・ストランディング ディレクターズカット』―グラフィックやパフォーマンスが大幅に向上しているほか、PS5の機能も十分に活用されている
  • 海外レビューハイスコア『デス・ストランディング ディレクターズカット』―グラフィックやパフォーマンスが大幅に向上しているほか、PS5の機能も十分に活用されている
NME: 100/100
『デス・ストランディング』をまだプレイしていない人にとって、本作はあの絶対的な名作をプレイするのに最高の環境だ。すべてに触れることができると言うのは、とても羨ましい。雰囲気を壊さずに難易度を下げるため、システムの一部がカットされており、その結果として、オリジナル版よりもはるかに遊びやすくなっている。本作はPS5にしっかりと馴染んでおり、没入感、ロード時間、フレームレート、グラフィックなどが強化されたことで、すでに素晴らしいゲームだったものが桁外れのゲームになってしまった。オリジナル版をプレイしたユーザーも、多くの新コンテンツやセリフが追加されているので、アップグレードすることでたくさんの恩恵を得ることができる。セーブデータを移行し、ブリッジズのブーツを履き、再びあの世界に飛び込む絶好の機会となるだろう。
PlayStation LifeStyle: 100/100
God is a Geek: 95/100
本作は素晴らしいゲームだ。多くの新要素が追加され、全体的なゲーム体験が純粋に向上している。
Android Central: 90/100
Push Square: 90/100
本作は、魅力的なゲームの素晴らしい移植版だ。ゲーム体験を豊かにする多くの新要素が追加され、グラフィックやパフォーマンスが大幅に向上しているほか、PS5の機能も十分に活用されている。これらすべての要素により、オリジナル版をプレイした人もそうでない人も、本作は、コジマプロダクションによるあのやばい冒険をプレイするための最適な手段だ。好むと好まざるにかかわらず、『デス・ストランディング』であることに変わりはないし、他人の考えを変えることはできないが、このディレクターズカットが、このゲームを最高の形で表現していることは確かだ。
We Got This Coveredt: 90/100
Worth Playing: 87/100
PlayStation Universe: 85/100
IGN: 70/100
PS5向けのこのディレクターズカットは、QOLを向上させるための様々な改良が施されており、最も内容が充実した、手に取りやすい『デス・ストランディング』となっている。『デス・ストランディング』の素晴らしい景色やSF的な奇妙さをまだ体験しておらず、40時間に及ぶおつかいクエストに抵抗がないのであれば、本作はそれを最小限のストレスで楽しむことができる方法だろう。しかし、荷物を運ぶための強力なツールを新たに用意し、負担の大きいハイキングをやめて抵抗の少ない道を歩けるようにすることで、イライラを軽減させてはいるが、苦労して手に入れる満足感を犠牲にしている。本作は「ディレクターズカット」と呼ばれてはいるが、良くも悪くも、PS4のオリジナル版の方が小島監督のビジョンに近いような気がしてならない。
Comicbook.com: 50/100
本作の技術的な完成度の高さは否定できない。PS5に搭載されているあらゆる新機能を駆使して、見事なまでの没入感を実現している。もし、オリジナル版をプレイし、その扱いにくいゲームプレイに失望したのなら、本作をプレイしても満足はできないだろう。しかし、もし小島監督のストーリーテリングに惹かれたのであれば、本作は価値あるアップグレードと言えるだろう。

PS5を対象に9月24日に発売の『デス・ストランディング ディレクターズカット』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、87点(総レビュー数43件)をマークしています。

『デス・ストランディング ディレクターズカット』は、2019年にPS4向け(PC版は2020年)に発売されたオープンワールドアクションアドベンチャーのPS5版。グラフィックやフレームレートの向上のほか、様々な追加要素が入っています。プレイヤーは「伝説の配達人」と呼ばれるサムを操作し、起伏の激しい地形を乗り越えながら、様々なものを配達し、人々を繋いでいきます。メディアレビューでは、遊びやすさの向上やPS5の機能を上手く活用している点が高評価に繋がっている模様。ただ、「ディレクターズカットになっても『デス・ストランディング』は『デス・ストランディング』」と言うレビューも多くあり、独特なゲームシステムゆえに人を選ぶ点は変わっていないようです。

『デス・ストランディング ディレクターズカット』は、PS5を対象に発売中です。

《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top