2D格ゲー『Dual Souls: The Last Bearer』―クロスプラットフォームやロールバックネットコードに対応した昔ながらの格闘ゲーム【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2D格ゲー『Dual Souls: The Last Bearer』―クロスプラットフォームやロールバックネットコードに対応した昔ながらの格闘ゲーム【開発者インタビュー】

2D格ゲー好きなら誰もが知っている名作から影響を受けています。

連載・特集 特集
2D格ゲー『Dual Souls: The Last Bearer』―クロスプラットフォームやロールバックネットコードに対応した昔ながらの格闘ゲーム【開発者インタビュー】
  • 2D格ゲー『Dual Souls: The Last Bearer』―クロスプラットフォームやロールバックネットコードに対応した昔ながらの格闘ゲーム【開発者インタビュー】
  • 2D格ゲー『Dual Souls: The Last Bearer』―クロスプラットフォームやロールバックネットコードに対応した昔ながらの格闘ゲーム【開発者インタビュー】
  • 2D格ゲー『Dual Souls: The Last Bearer』―クロスプラットフォームやロールバックネットコードに対応した昔ながらの格闘ゲーム【開発者インタビュー】
  • 2D格ゲー『Dual Souls: The Last Bearer』―クロスプラットフォームやロールバックネットコードに対応した昔ながらの格闘ゲーム【開発者インタビュー】
  • 2D格ゲー『Dual Souls: The Last Bearer』―クロスプラットフォームやロールバックネットコードに対応した昔ながらの格闘ゲーム【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Stun Games開発、PC/Mac/Linux/iOS/Android向けに10月20日に正式リリースされた2D格闘ゲーム『Dual Souls: The Last Bearer』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は様々な名作2D格闘ゲームにインスパイアされたオールドスクールな格闘ゲーム。複数のゲームプレイモード、名作格闘ゲーム風の高度なシステム、ロールバックネットコードを搭載したオンライン対戦モードなどが特徴です。記事執筆時点では日本語未対応。

『Dual Souls: The Last Bearer』は、620円で配信中(Steam)


――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか?

GalipStun Gamesのリードデベロッパー、Galipです。私は2D格闘ゲームの大ファンで、特に好きなのは『GUILTY GEAR』シリーズと『サムライスピリッツ』シリーズですね。

――本作の開発はなぜ始まったのですか?

Galip私は2002年発売のGBA用ゲーム『Dual Blades』のリードデベロッパーでもあり、これは日本でも発売されましたが、あまり知られていない2D格闘ゲームです。

そして2013年、私はこのゲームのモバイル版をHD画質で作ろうと決め、出来上がったのが『Slashers: The Power Battle』です。

その後、私たちはこのゲームのすべてのグラフィックとアニメーションを刷新し、本作が出来上がりました。ですので、本作の開発が始まったのは8年前の『Slashers: The Power Battle』がきっかけだと言えるでしょう。

――本作の特徴を教えてください。

Galip本作は『GUILTY GEAR』シリーズや『月華の剣士』シリーズのような2D格闘ゲームです。他のゲームで言う「ブロッキング」「スーパーアーツセレクト」「ロマンキャンセル」「簡易入力」などと言った高度なシステムも、本作には搭載されています。

本作のオンライン対戦はクロスプラットフォーム(iOS/Android/PC/スイッチ)に対応しており、現在の格闘ゲームでは標準となったロールバックネットコードも搭載しています。プレイヤーの方は本作をスマートフォンの画面をタッチすることでプレイしたり、PC版をゲームパッドを使ってプレイしたり、また、モバイル版をゲームパッドで遊ぶと言うことも可能ですよ。

――本作はどんな人にプレイしてもらいたいですか?

Galip『GUILTY GEAR』『ストリートファイター』『サムライスピリッツ』などといった2D格闘ゲームのプレイヤーであれば、本作も同じようにプレイすることができるでしょう。日本はこのジャンルを生み出した国ですので、そのようなプレイヤーの方はたくさんいますよね!

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Galipはい、『GUILTY GEAR』『サムライスピリッツ』『月華の剣士』『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』から影響を受けています。

――本作の日本語対応予定はありますか?有志翻訳は可能ですか?

Galip本作はまさに日本人プレイヤーにとってぴったりだと思いますので、日本語にはぜひ対応させたいです。どなたでもお気軽にメールでお問い合わせください。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Galipいえ、それほどありませんでした。以前から私たちはリモートで開発を行っていたのです。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

Galipはい、大丈夫です!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Galip本作は2D格闘ゲームへの情熱と愛情、そして私たちが影響を受けたゲームの生まれた国である日本への想いと共に作られました。

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top