人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】

Steamのオータムセールの中でも有名タイトルや他ではあまり取り上げられないオススメ作品をピックアップ。一風変わったタイトルは如何でしょう?

連載・特集 特集
人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】
  • 人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】
  • 人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】
  • 人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】
  • 人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】
  • 人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】
  • 人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】
  • 人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】
  • 人には秘密にしたいものから定番まで、今こそ未プレイジャンルに触れるべき【Steamオータムセール】

迫る年末の12月にはウインターセールも待ち構えていると思われるSteamの大型セール。そんな前哨戦ともいえるブラックフライデーを兼ねたオータムセール。各種ゲームメディアでもセールのオススメ情報や最安値の情報は出ているかと思われます。ですので今回はセール作品の中でも有名タイトルや他ではあまり取り上げられないオススメ作品をピックアップしてみました。

押さえておきたい有名タイトル

The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition

今回のオータムセールでも破格の値段(以前価格改定があり100円ほど高くはなっています)で販売されています。10周年記念パッケージでもある『スカイリム アニバーサリーエディション』ですが、今回のセールと合わせると4000円を切る価格で購入可能です。筆者のフレンドでも300人近くが所持している上、読者にもメジャーすぎて逆に持っていない人の方が少ない気もしますが・・・逆をいえばプレイしたことがない方には何故メジャーであり、何故そんなにも評価を得たのかを知るのにもいい機会かもしれません。

ただ一度ハマるとノルドの地から数千時間は帰ってこれなくなるでしょう。


Deus Ex: Mankind Divided

こちらも若干古いタイトルにはなってしまいますが。DirectX12の看板タイトルでもあった本作品はカットシーンとゲームシーンのグラフィックのシームレスな移行など今見てもグラフィック面でも素晴らしいです。銃撃戦が苦手な人でも銃を撃たなくても解決できるアプローチ方法があるなど、自由度という点でも他の作品の追随を許さない今でも素晴らしいタイトルです。

Age of Empires III: Definitive Edition

4も発売され、日本国内でも賞金付き大会がつい先日の2021年11月19日に行われたばかりですが、その前作にあたるリメイク版の3も今回のセールでかなり安くなっています。

新世界(アメリカ大陸)進出をテーマにした本作品は過去作品と違いカードデッキシステムというリアルタイムストラテジー作品の中でも異質の作品になっており、旧来のユーザーから若干の反発もありましたが、逆に旧来の作品にはない最後まで気が抜けない逆転要素すら含んだシステムは他シリーズ作品にはない魅力です。筆者自身もシリーズでは一番3が好きなのですが、現在でも早朝近くまで日本人同士の対戦が盛り上がっている程にはユーザーが存在しています。

428 ~封鎖された渋谷で~

元々2008年にWiiで発売され、1998年に販売された『街 ~運命の交差点~』の精神的続編にあたる本作品。各人物毎に進む物語でありながらザッピングシステムという物語中の文章から違う人物へとシナリオがシフトするという新機軸で話題となりました。チュンソフトを一躍有名にした『かまいたちの夜』に続くサウンドノベルシリーズの7作目にあたり、予想もつかない二転三転するシナリオ展開は非常にオススメです。

Tropico 6

架空の島国トロピコの運営シミュレーション。国家予算を中抜きして自分の秘密口座にお金を溜め込む、反対勢力の指導者を暗殺する、など、他では考えにくい一風変わった国家運営が可能な本作品。

公式の日本語訳も配信されたため、手が出しやすくなっています。

インディータイトルだって凄い!メジャーにも負けないオススメ有名タイトル

Bloodstained: Ritual of the Night

ニンテンドースイッチでも『メトロイドドレッド』が販売されたことで、メトロイドヴァニアというジャンルがまた盛り上がっています。メトロイドヴァニアの代名詞となった『悪魔城ドラキュラ』の後期プロデューサーでもあるIGA氏自信のプロデュース作品である『Bloodstained: Ritual of the Night』は本ジャンルの中でも屈指の一本です。

まだ、プレイしていないのであれば是非ともこの機会にプレイされることをオススメします。

GIGA WRECKER

過去のBitsummitで出展されていた際には「ウチはポケモンの会社でも任天堂の子会社でもありません!」と自虐ネタで笑いを誘っていたゲームフリークによるオリジナルタイトル。

瓦礫や鉄屑を集めて攻撃や移動などを行うプラットフォームアクションで、若干パズル要素が強めになっています。とはいえ、ゴリゴリのアクションゲームの部分も多くメリハリの効いた作品になっています。

Noita

ローグライクではありますが、非常に難易度の高いパズルの様な作品。というのも作成しているクリエイターが著名なパズルゲームのクリエイターたちで構成されており、頭をフル活用した上で常に思考を必要とするゲームデザインにあります。

やり応えという点でも、難しさという点でもローグライクの中でもトップレベルに歯ごたえのある作品です。

7 Days to Die

クラフトできるサバイバルゲームが欲しいあなたには早期アクセス作品ではありますが『7 Days to Die』がオススメです。Coopでも良し、シングルでも長く遊べ、遊び足りないならMODでハードコアに遊ぶなど多種多様な遊び方が可能です。

更新も適度に行われており、サバイバルADVの中でも良作の一本です。

個人的には秘密にしておきたいオススメタイトル

Forgotton Anne

人の意識から忘れられた物が集う世界フォゴットンワールドで執政官のアンとして反逆を企む物たちを抑えるべく奔走するADVゲームです。背景も含め、非常に美しい手書きアニメは注目です。

日本語字幕もあり手を出しやすいタイトルにもなりました。


シンフォニック=レイン

故岡崎律子氏の遺作でもある本作品。雨が降り続ける街ピオーヴァを舞台にしたビジュアルノベル作品になっています。簡単な音ゲー要素はありますが、本作品の本質は読んだ人間の心を突き刺すような強烈なシナリオにあります。

ADV作品が好きな筆者がSteamの販売作品の中から選ぶならオススメする上位タイトルの一つです。

Fight’N Rage

CPS-2を模した起動画面やリスペクトとオマージュに溢れるベルトスクローンアクションゲームです。ドットも非常に気合いが入っており、揺れる、壊れるといったドットアニメーションも非常に滑らかで、言い方は悪いですが値段の割にはボリュームも豊富でやりこめばやりこむほど発見がある位に楽しめます。

プレイアブルキャラクターのLadyに注目が行きますが、何故注目してしまうのかはプレイしてみれば良く分かるでしょう。

エコロコーション

コウモリの持つエコーロケーションをテーマにしたアクションゲーム。魅力的なコウモリを使用して夜の狩りを行うゲームです。寝る前にサクッと遊べるボリュームではありますが、スコアアタックを頑張り出すと熱中して意外と時間を溶かす作品になっています。

プレイすれば夢中になること間違いなしのシンプルなアクションタイトルです。

最後に

オータムセールはSteamの時期セールの中では始まったのもまだ最近なこともあるのですが、後に控えていると思われるウインターセールもあり値引率もやや渋いタイトルもあるのも事実です。本記事のオススメ以外にもまだ勧めたいタイトルはあるのですが、実は意外に大幅な値引率が入っているタイトルも一杯あるので数多くあるタイトルを自分でも探してみることをオススメします。

意外な発見があるかも?


《rate-dat》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top