『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え!

せっかくもらった『theHunter:CotW』ですから、セール中に最大限楽しんじゃいましょう。

連載・特集 特集
『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え!
  • 『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え!
  • 『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え!
  • 『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え!
  • 『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え!
  • 『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え!
  • 『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え!
  • 『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え!
  • 『theHunter:Call of the Wild』のハンターのみんなー!ひと狩り行こうぜー!そしてDLCはこれを買え!

先日、Epic Gamesストアにて『theHunter: Call of the Wild』が無料配布されました。せっかくだからと、週末ハンターとなった方、少なくないのでは?更には開催中のSteamオータムセールでハンターになった方もいることでしょう。今回はそんな新任ハンターの皆様に、狩猟に役立つDLCをいくつか紹介していこうと思います。はい、本記事は「せっかくセールだからついでにDLCも買っちゃおうよ!で一緒に遊ぼうよ!」と、財布の紐をゆるめるための特集です。お金の力でレッツらくらく狩猟ライフ!

Tents & Ground Blinds

まずはこちら。テントが手に入るDLCです。テントには便利な機能が集まっており、「寝袋による時間のスキップ」「インベントリの整理・ショップへのアクセス」「ファストトラベルポイントの生成」が可能という、狩猟生活にはなくてはならない存在です。

注意点としては、少し価格がお高いという点と、そこそこ重たいこと。銃と呼笛をしっかり用意しつつテントまで持って歩こうとすると重量オーバーになりやすいです。よってテントの利点を活かすためには、最低限の装備で歩きつつ、「ここをキャンプ地とする」と拠点を作り、しっかり装備を整えましょう。ちなみに設置音が非常に大きいため、獲物のすぐそばでの設置は厳禁。

Silver Ridge Peaks

初心者にオススメの追加マップ。ロッキー山脈で狩りが可能となります。「ただの追加マップ?」とお思いの貴方にもオススメの理由はなんといっても狩猟のしやすさ。開けた場所が多く、かつ動物の密度が高いんです!

アウトポストから50mほど歩いた場所で双眼鏡を覗くだけでこの動物王国状態。慣れないうちは動物を探し回るも、動物の姿を一切見ずに1時間経っていた、なんてこともありがちな本作ですが、ここではとりあえず歩いていれば動物に会えます。まずはこのマップで動物を見つける楽しさを覚えてみてはいかがでしょう。

なんならこの地域では七面鳥のほうから飛んで会いに来てくれます。そんな時はこのマップDLCにおまけでついてくる七面鳥用の笛で呼びましょう。同じくおまけでもらえるデコイを置けばより会いに来てくれる可能性が高まるのでこちらも併用するとグッド。

High-Tech Hunting Pack

名前の通り、ハイテクな装置が手に入るDLC。まずは夜間の狩猟を劇的に変えてくれる暗視双眼鏡とライフル用暗視スコープ。獲物のすやすやタイムを襲撃するのにうってつけ。昼間のあの苦労は一体……となること請け合いです。

さらにこちらもう一つの魅力は、狩猟対象との距離が離れるほど狙いがつけにくくなる弓での狩りのお供、測距儀付きサイトです。なんと対象のいる地点までの距離を弓を構えながら測ることができ、矢がどこに落ちるかまで教えてくれます。あとは緑の点を獲物に合わせて放てばだいたい当たるというとんでもない代物。もうこの言葉を使ってもいいでしょうか、Pay to Winです。ついでに夜間の狩猟や、弓を始めたての際に矢じりが光って着弾点が理解しやすくなるトレーサーアローもついてきます。

ATV SABER 4X4

狩猟の足となるATVが手に入るDLCです。歩きではちょっと遠いんだよなぁ……という地点に素早く移動できます。新しく挑戦するマップでははじめにファストトラベルポイントとなる拠点をアンロックして回りたいため、ATVがあるとなにかと助かります。舗装された道はもちろん、草原を突っ切っても斜面を下り降りてもOK。ちなみに耐久値が存在するため、トップスピードで木にぶつかったり、崖から落ちたりを繰り返すと壊れます。その場合は拠点に戻って修理しましょう。

あと稼働中はメチャメチャうるさいので、動物は周囲からいなくなります。ほぼ出会えないと思っておきましょう。獲物までの距離を一気に詰めるといった使い方はできません。

Bloodhound

人類の最良の友である犬を飼えるようになるDLC。狩猟のお供として連れて行くと、獲物の血痕を追ってくれます。自身のレベルが低いうちは追跡に関するスキルも少なく、獲物の倒れている場所がわからずに諦める、なんてことも。そんな時は彼らに任せましょう。無事に獲物を見つけたらなでてあげてください。犬に経験値が入ってぐんぐん能力が上がっていきます。一定のレベル毎に習得できるスキルも獲物が警戒状態に入ったことを教えてくれるなど、便利なものが揃っています。

Weapon Pack 1

購入後は狩りの前に射撃演習場でスコープの具合などを確認しておくといいかも。

個性的な武器がいくつかセットになったDLC。「クロスポイントCB-165」という名のクロスボウは高倍率スコープと高い貫通力が魅力。バイタルにヒットすれば数歩も歩かずに獲物が倒れてくれます。もちろん火薬を使わず静かなため、着弾音で一旦は逃げた群れもすぐに戻ってきてくれるのも利点です。

「ヴァイラント.22LR」はウサギや鳥撃ち用ライフルです。反動が非常に少なく、セミオートで撃てるので鳥の群れを一掃させたい時などに有用。

Smoking Barrels Weapon Pack

ハイテク装置のあとはローテク装置も使いましょう。このDLCではマズルローダーやM1、レバーアクションショットガンが手に入ります。

「HUDZIK .50 CAPLOCK」は銃口から弾を装填する古の銃です。リロードには大変な時間がかかり、一発撃つと煙で周辺は見えなくなります。が、威力は申し分なし。さらにゲーム的な利点として、獲物のサイズ区分でいうところのクラス3~8、小さめのシカからイノシシ、アメリカグマ、ヘラジカといった大型獣まで対応しているため、だいたいなんでもかんでもこの銃で撃っていいというのが大変楽です(対応していないクラスの獲物を撃つとボーナスが入らない)。群れへの対応はほぼできなくなりますが、ロマンあふれる一品でしょう。

「M1 IWANIEC」はゲーマーならみんな大好き、クリップの「キーン」が聞けるセミオートライフルです。反動は少し大きめですが、セミオートの利点である連射力で中型のシカの群れを一掃させることも可能です。クラス対応もそこそこ広いため、この銃1本であたりをブラつけます。ちなみに写真では絵面的な理由でスコープをつけていませんが、しっかり装着可能ですのでご安心を。

「MILLER MODEL 1891」は弾薬を選べば超大型獣にも対応できる唯一のショットガンです。前述のシルバーリッジピークスに生息するヘイゲンバイソンなどを狩りたい時にオススメ。ただし射程は非常に短いため、じわじわ近づく勇気と時間が必要。


いろいろ紹介してきましたが、本作に存在する膨大なアイテムの中から実際に使いやすいアイテムを見つけるための手がかりとして皆様の狩猟の参考になれば幸いです。

あ、あと最後に伝えたいことが一つありまして、

このゲーム面白いから紹介してないDLCも全部まとめて買っちゃったほうがいいよ!


《KADEN》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top