ポイント&クリックパズルADV『Slice of Sea』―ペンとインクで描かれたグラフィックで4年の歳月をかけて完成【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ポイント&クリックパズルADV『Slice of Sea』―ペンとインクで描かれたグラフィックで4年の歳月をかけて完成【開発者インタビュー】

独特なアートスタイルが光る作品です。

連載・特集 特集
ポイント&クリックパズルADV『Slice of Sea』―ペンとインクで描かれたグラフィックで4年の歳月をかけて完成【開発者インタビュー】
  • ポイント&クリックパズルADV『Slice of Sea』―ペンとインクで描かれたグラフィックで4年の歳月をかけて完成【開発者インタビュー】
  • ポイント&クリックパズルADV『Slice of Sea』―ペンとインクで描かれたグラフィックで4年の歳月をかけて完成【開発者インタビュー】
  • ポイント&クリックパズルADV『Slice of Sea』―ペンとインクで描かれたグラフィックで4年の歳月をかけて完成【開発者インタビュー】
  • ポイント&クリックパズルADV『Slice of Sea』―ペンとインクで描かれたグラフィックで4年の歳月をかけて完成【開発者インタビュー】
  • ポイント&クリックパズルADV『Slice of Sea』―ペンとインクで描かれたグラフィックで4年の歳月をかけて完成【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Mateusz Skutnik氏開発、PC/Mac向けに11月11日にリリースされたポイント&クリックパズルアドベンチャー『Slice of Sea』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、プレイヤーが海の生き物「シーウィード」となってプレイするポイント&クリックパズルアドベンチャー。アイテムを集め、パズルを解き、シーウィードを故郷の海へと戻してあげるのが目標です。すべて手描きのグラフィックが特徴。日本語にも対応済みです。

『Slice of Sea』は、2,570円で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか?

Mateusz Skutnik氏(以下Mateusz)主にポイント&クリックパズルアドベンチャーといったゲームを作っている、Mateusz Skutnikです。私は漫画家でもありアーティストでもあります。これら2つのクリエイティビティが出会い誕生したのが、本作なのです。

もし好きなゲームを一本選ばなければいけないとすれば…thatgamecompanyの『風ノ旅ビト』ですね。ゲームが本物の芸術になり得るという、素晴らしい見本だと思います。

――本作の開発はなぜ始めたのですか?

Mateusz私はAdobe Flashを使って15年間ゲームを作っていました。そしてFlashのサポートが終わることが決定すると、2016年、私は別のゲームエンジンに移ることとしたのです。これにより、Steam向けのゲームが作れるようになりました。と言うことで、Steamでのデビューに向け、私は自分の持つあらゆる強みと能力を結集させることとしたのです。

――本作の特徴を教えてください。

Mateusz本作のグラフィックはすべて紙の上にペンとインクで描かれています。完成までに4年(2018年~2021年)かかりました。特徴は、私の漫画を描くスタイルそのものに出ているでしょう。ぜひその目でご覧ください。

――本作はどんな人にプレイしてもらいたいですか?

Mateuszアドベンチャーゲームとパズルを解くのが好きな人に遊んでもらいたいですね。本作はポイント&クリックゲームですが、キーボードを使ってメインキャラクターを操作し、マウスでパズルを解く、と言うひねりが加えられています。

また、ユニークなデザインや奇妙な世界観、そしてより変なクリーチャーたちに興味がある人にも遊んでいただきたいです。本作は、小さな子供から70年代の方まで、あらゆる歳の方たちに遊んでいただいています。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Mateusz本作は私の今までの作品すべてを起源としています。私の作ったゲームシリーズである『Submachine』『Daymare Town』、漫画シリーズだと「Revolutions」「Blacky」「Morphs」などですね。過去に作って良かった物を集めてくっつけ、本作を作ったのです。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Mateusz2009年から自宅で作業をしているので、影響はそれほどありませんでした。また、私は自分の作ったほぼすべてのゲームにおいて、音楽以外はすべて私1人で完成させています。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

Mateuszはい、もちろんです!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Mateuszみなさん、こんにちは。本作は日本語でもプレイ可能です。私の個人的な意見になりますが、本作は日本語版が他のあらゆる言語よりも綺麗に見えると思っています。おそらく本作内で使われている漢字のフォントのおかげですね。本作のグラフィックにまさにぴったりなのです。楽しんでください!

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。


《Chandler》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top