『サイバーパンク2077』が酷評を乗り越え、Steamで最もプレイされたゲームの一つに―今年のトップセラーランキング入りも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サイバーパンク2077』が酷評を乗り越え、Steamで最もプレイされたゲームの一つに―今年のトップセラーランキング入りも

配信当初の酷評やバグにも耐えました。

ニュース 発表
『サイバーパンク2077』が酷評を乗り越え、Steamで最もプレイされたゲームの一つに―今年のトップセラーランキング入りも
  • 『サイバーパンク2077』が酷評を乗り越え、Steamで最もプレイされたゲームの一つに―今年のトップセラーランキング入りも
  • 『サイバーパンク2077』が酷評を乗り越え、Steamで最もプレイされたゲームの一つに―今年のトップセラーランキング入りも

2020年12月にリリースされたオープンワールドRPG『サイバーパンク2077』が、Steamで最もプレイされた&トップセラータイトルの一つになったことが明かされました。

発売当初に200万本以上が返金されたりストーリーの進行不能バグが発生したことから何かと話題になった本作ですが、Valveから発表された2021年の年間ベストランキングにて、今年Steam上で最もプレイされたゲームとして表彰されました。

また、売上ランキングの「シルバー」にも入っているのですが、こちらは課金や有料DLCなどを含めた総額の売上となっているため、現状それらが実装されていない本作においては、純粋に本編の売上だけでランクインした、ということになります。

初日から多数のバグやフリーズなどの症状が発生したため批判にさらされ、周知が足りなかったとして、開発元のCD Projekt REDやプラットフォーム側は2020年12月に希望者に返金を行うことを決定。それに伴い同社の株価が暴落するなどの事態が起きていました。

そのほかにも2020年末にはバグの多さによりPlayStation Storeから一時的に削除されたほか、ゲームのソースコードを人質に身代金が要求されたり、リードゲームデザイナーも退職するなどさまざまなトラブルに見舞われた『サイバーパンク2077』。昨年から一年間かけ、多くのアップデートとバグフィックスを行い、次世代機版やDLCを含めた今後の展開をロードマップで公開するなどしてきたCD Projekt REDの努力が報われた形です。


《大里ミチル》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PS5累計販売台数は5,600万台突破!累計プレイ時間も増加で、PS4から移行の流れ続くか

    PS5累計販売台数は5,600万台突破!累計プレイ時間も増加で、PS4から移行の流れ続くか

  2. SIEが年末商戦期に主力シングルプレイ作品を毎年1本以上発売へ―予算控えめで革新性アピールの「実験的タイトル」ラインも別途展開予定

    SIEが年末商戦期に主力シングルプレイ作品を毎年1本以上発売へ―予算控えめで革新性アピールの「実験的タイトル」ラインも別途展開予定

  3. 『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作

    『スーパーマリオ ワンダー』3,499円、『龍が如く7外伝』2,299円など、ゲオ オンラインのセールソフトが更新! 1,000円以下のPS4ソフトも豊作

  4. 『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

  5. ベセスダ親会社の日本法人、ゼニマックス・アジア6月もって閉鎖か―人事部長の書き込みから浮上

  6. 『PUBG』のKRAFTONなどに韓国公取委からの調査―ガチャ確率の公表値との正確性めぐり

  7. 『The Sims 4』にログイン報酬のシステムが導入か―チュートリアル動画が見つかる

  8. 『Kerbal Space Program 2』開発元の行く末にやはり暗雲が…親会社CEOは閉鎖否定も社員のレイオフが開始へ

  9. シリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops 6』最新実写トレイラー「The Truth Lies」公開!リリース初日にXbox Game Pass追加も決定

  10. Steam“おま国”解禁の「ドラゴンボール」ゲーの同時接続プレイヤー数はその後……

アクセスランキングをもっと見る

page top