『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収

マイクロソフトのゼニマックス買収を凌ぐ巨額。

ニュース ゲーム業界
『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収
  • 『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収
  • 『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収
  • 『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収
  • 『GTA』『ボダラン』開発元親会社テイクツーがモバイル大手Zyngaを約1兆4600億円で買収

グランド・セフト・オート』等のロックスター・ゲームスや『ボーダーランズ』等の2K Gamesを所有するアメリカのテイクツー・インタラクティブは1月10日、アメリカのソーシャルゲーム開発大手のZyngaを買収することを発表しました。

テイクツ―はZyngaの発行済株式の全てを、1株当たり現金3.50ドルと自社の株式6.361ドルの組み合わせにより、総額127億ドル(日本円で約1兆4600億円)で取得。取引完了は、2022年6月30日までが予定されています。

また、買収の結果、2021年9月末までの1年間において、プロフォーマ利益が61億ドル(約7000億円)を誇る、世界最大級のインタラクティブエンターテインメント企業が誕生することになるとのこと。

ブランドを維持する形でのZyngaのモバイルゲーム事業を統合後、最初の2年において、1年間当たり約1億ドル(約115億円)のコスト削減、長期的には年間5億ドル以上の純利益が見込まれるほか、テイクツー全体の純利益におけるモバイル事業の割合も、2022年の会計年度で予測される12%から、2023年度には50%以上にまで上昇することが予測されています。


《technocchi》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steam旧正月セールがスタート!『Valheim』や『No Man's Sky』など人気タイトルも対象

    Steam旧正月セールがスタート!『Valheim』や『No Man's Sky』など人気タイトルも対象

  2. レジェンド3体を無料配布!『Apex Legends』3周年ログインキャンペーン開催決定

    レジェンド3体を無料配布!『Apex Legends』3周年ログインキャンペーン開催決定

  3. 【期間限定無料】オンライン協力・対戦対応メカアクション『デモンエクスマキナ』PC版がEpic Gamesストアにて配布開始

    【期間限定無料】オンライン協力・対戦対応メカアクション『デモンエクスマキナ』PC版がEpic Gamesストアにて配布開始

  4. 弱肉強食オープンワールドサバイバル『Conan Exiles』PC向けアップデート配信―お気に入りのエモートを奴隷やペットにアサイン可能に

  5. 「待望のゲームを完璧な形で届ける」ワーナーメディアCEOが『ホグワーツ・レガシー』などの年内販売を公約

  6. 『メトロイドプライム4』発売はまだ先か?開発スタジオが2部門のスタッフを募集開始

  7. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」本編映像「その子の名前は…」公開

  8. Blizzard Entertainmentリーダーが『オーバーウォッチ』や『ディアブロ』など既存タイトルの新報を示唆

  9. 『タイニー・ティナとドラゴンの城塞』『ドラゴンズクラウン・プロ』などが登場!PS Plus2月提供コンテンツ公開

  10. 『スパロボ30』や『FF7』がお買い得!最大80%オフのPS Store「旧正月セール」開催

アクセスランキングをもっと見る

page top