『フォートナイト』ウクライナ人道支援の募金額は約176億円に―2週間で得た収益を全額寄付 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォートナイト』ウクライナ人道支援の募金額は約176億円に―2週間で得た収益を全額寄付

3月20日から4月3日まで行われていたプログラムの結果報告です。

ゲーム文化 その他
『フォートナイト』ウクライナ人道支援の募金額は約176億円に―2週間で得た収益を全額寄付
  • 『フォートナイト』ウクライナ人道支援の募金額は約176億円に―2週間で得た収益を全額寄付

Epic Gamesは『フォートナイト』上で行われていたウクライナへの人道支援プログラムについて、最終的な募金額が1億4,400万ドル(日本円でおよそ176億円)になったと発表しました。

この人道支援プログラムは、2022年3月20日から2022年4月3日までの期間にEpic Gamesが『フォートナイト』から得た収益の全額を複数の人道支援団体に寄付するというもの。Xboxもこの取り組みに協力しており、Microsoft Storeにおける『フォートナイト』に関連する売り上げについては純利益が寄付に充てられています。また、3月30日の時点で1億ドル(日本円でおよそ122億円)が集まったとの発表が行われていました。

Epic Gamesは、1億4400万ドルの委託先となったのはウクライナにおける戦争で影響を受けた人々への人道支援を行っている、Direct Relief、国連児童基金(UNICEF)、国際連合世界食糧計画(UNWFP)、国連UNHCR協会 - 国連難民高等弁務官事務所、World Central Kitchenの計5団体であるとし、本プログラムをサポートしたユーザーに感謝を示しています。



《kamenoko》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

    これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  2. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

    波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  3. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

    『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  4. 小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

  5. ひたすら空気を読め!究極の空気読みゲーム『空気読み。オンライン』6月よりSteamで早期アクセス開始【INDIE Live Expo 2022】

  6. 『Apex Legends』第9回「CRカップ」の開催が6月4日に延期-カスタムマッチの「エラー落ち」が改善されないため

  7. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  8. Steamコントローラ特許裁判でValve敗訴―4億円以上の支払いへ

  9. ゆったり養蜂シミュレーション『APICO』配信開始! ハチの繁殖や保護を体験

  10. 2人のゲームクリエイターの物語描く『GOODBYE WORLD』2ndトレイラー公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top