『サイバーパンク2077』や『The Elder Scrolls』のファンメイドムービーを「Unreal Engine 5」で制作!猛烈な勢いで公開する人現る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サイバーパンク2077』や『The Elder Scrolls』のファンメイドムービーを「Unreal Engine 5」で制作!猛烈な勢いで公開する人現る

リアルさで有名になった「Unreal Engine 5」で作られたファンメイドムービーをいくつかご紹介。あの作品にリアルさを加えればどのような作品になるのでしょうか?

ゲーム機 技術
『サイバーパンク2077』や『The Elder Scrolls』のファンメイドムービーを「Unreal Engine 5」で制作!猛烈な勢いで公開する人現る
  • 『サイバーパンク2077』や『The Elder Scrolls』のファンメイドムービーを「Unreal Engine 5」で制作!猛烈な勢いで公開する人現る

今年の4月に公開されて以降、「リアルすぎる駅」や「倍々で増えるまんじゅう」などで一躍注目を集める「Unreal Engine 5」ですが、これを用いて猛烈な勢いでファンメイドムービを作成、Youtube上に公開する人が現れました。

ENFANT TERRIBLEさんは「Unreal Engine 5」の公開以降、『サイバーパンク2077』や『Fallout』といった多くのファンメイドムービーを作成し、Youtube上に公開されてきました。その数はすでに10本以上におよび、その制作のペースもさることながら、その質の高さは実に素晴らしい作品となっています。本記事では、そのうちいくつかを紹介したいと思います。

まずは10日前に公開された『サイバーパンク2077』の次作をイメージしたファンメイドムービーです。本作の特徴ともいうべきカラフルすぎる照明の数々とその反射は言うまでもなく、雨の降りしきる街やゴミの散らばる廊下を走るネズミまで、素晴らしい質感で再現されています。

次は、『Fallout』をイメージした作品です。シリーズの代名詞ともいうべきパワーアーマーのヘルメットから始まる出だしといい、途中に挟み込まれるレンジャーやエンクレイブ、デスクローの群れといったツボを押さえた表現の数々からは、作品への深い理解と愛が滲み出ています。加えて、終始BGMとして流れているThe Ink Spotsの「It's All Over But The Crying」もGood!

最後に『The Elder Scrolls』をイメージした作品を。『The Elder Scrolls』シリーズでは作品ごとに舞台となる土地が異なり、『Oblivion』の舞台であるシロディール地方と『Skyrim』の舞台であるスカイリム地方ではまるで異なる風景が広がっています。本ムービーでは霧の広がる森林から荒涼とした岩場まで、「Unreal Engine 5」の力で見事に表現されています。

おどろおどろしい地下ダンジョンといい、川岸のリバーウッドの村の様子に、ホワイトラン近くの崩れた見張り砦などはよく見知った風景かと思います。続く城壁を前に開いた、炎渦巻くオブリヴィオンゲートはかの有名なクヴァッチでしょうか?知る人であれば、あの風景がこの美しさで再現されていることに感嘆すること間違いなしです。

ここまで3作品を紹介しましたが、どれも「Unreal Engine 5」の表現力の素晴らしさを感じさせる作品だったかと思います。次はこの「Unreal Engine 5」をフル活用してどのようなゲームが作られるか、楽しみで仕方がありません。


【PS4】サイバーパンク2077
¥6,039
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ワールド・オブ・サイバーパンク2077 (G-NOVELS)
¥4,400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《K.K.》
K.K.

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 「メガドライブミニ2」『アウトラン』『ふしぎの海のナディア』など第2弾収録タイトル公開―「サイバースティック」同時発売も決定

    「メガドライブミニ2」『アウトラン』『ふしぎの海のナディア』など第2弾収録タイトル公開―「サイバースティック」同時発売も決定

  2. PC版『エースコンバット7』最新アプデでLogicool/Thrustmasterのフライトスティックに対応

    PC版『エースコンバット7』最新アプデでLogicool/Thrustmasterのフライトスティックに対応

  3. ゲームボーイアドバンスを据え置き化!ハンダ付け不要HDMIキットのKickstarterが進行中

    ゲームボーイアドバンスを据え置き化!ハンダ付け不要HDMIキットのKickstarterが進行中

  4. ビデオデッキに「ゲームボーイ ポケットカメラ」も…「Steam Deck」にレトロ機器を接続しようと競い合うユーザー達

  5. 圧倒的な臨場感と没入感!VR都市建築シミュレーション『Cities: VR』配信開始―無料コンテンツアップデートも予定

  6. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」新モジュールで「ニンテンドウ64」に対応へ!

  7. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  8. 「POLYMEGA」のドリームキャスト対応の可能性は?「枠にとらわれずアイデアを練っている」開発元CEOが海外インタビューで語る

  9. VR対応巨大ロボット戦闘シム『Vox Machinae』Steamにて正式リリース―V1.0リリースから2カ月でついに

  10. 約1cmの地獄!『DOOM』を超極小レゴ・モニターでプレイ…それ、見えてる?

アクセスランキングをもっと見る

page top