『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

「すべてのエンターテインメントにおいてクリエイティブなベンチマークを再び打ち立てる」

ニュース ゲーム業界
『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も
  • 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も
  • 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も
  • 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も
  • 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

テイクツー・インタラクティブは2023年度第1四半期の収支報告において、人気オープンワールドクライムアクション『グランド・セフト・オートVGTA V)』の販売本数が1億7,000万本に到達したことを発表しました。

また、『GTAオンライン』のコミュニティは依然として強力で、プレイヤー規模はパンデミック前の2020年第1四半期より49%高い新常態で稼働しており、2022年3月にリリースされた最新世代版『GTAオンライン』のプレイヤーは今期40%以上増加するとともに、収益化率は前世代のプレイヤーより36%高いとのことです。最新世代版向けのプレミアムメンバーシップ「GTA+」もローンチ以来、一貫して成長を続けているそうです。

多くのファンが期待しているシリーズ最新作については順調に開発が進んでいることを明らかにし、「これまで最前線でリリースしてきた作品と同じく、過去作品、業界、そしてすべてのエンターテインメントにおいてクリエイティブなベンチマークを再び打ち立てます」と決意を示しています。

2013年に公開された公式ゲームプレイ映像

2013年に登場し3世代にわたって大ヒットを記録しつづけている『GTA V』。この偉業を塗り替えるのは至難の業ですが、初めて『GTA V』を見た時と同じくらいの驚きを再び味あわせてほしいですね。


《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

    体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

  2. ロボット世界が舞台のローグライクハクスラ『Oblivion Override』発表!

    ロボット世界が舞台のローグライクハクスラ『Oblivion Override』発表!

  3. アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

    アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

  4. 独自のガジェットを制作できるサンドボックス工作シム『Retro Gadgets』発表!

  5. SNK筆頭株主のムハンマド皇太子がサウジアラビア首相に就任―任天堂、カプコン、スクエニなどの株も保有

  6. 鉄道輸送で異世界の産業コロニーを管理する経営シム『RAILGRADE』日本語対応で配信開始!

  7. フロム・ソフトウェア、複数の“新プロジェクト”に向けてスタッフ募集開始!特設サイトには『アーマード・コア』や『Bloodborne』も

  8. 【期間限定無料】オンラインマルチ対応ACT『Runbow』&ドローンシム『The Drone Racing League Simulator』Epic Gamesストアにて配布開始

  9. バンダイナムコエンターテインメントがAIを活用したライブ配信・実況「配信AIキャラクター」プロジェクトを発足

  10. ゲームは正規の手段で入手すべし―直近1年で人気ゲームを装うマルウェアが増加傾向との調査結果

アクセスランキングをもっと見る

page top