棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】

まさかタイトルの『Bo: Path of the Teal Lotus』の頭にある「BO」が「棒」という意味そのままだったとは思わなかった…。

連載・特集 プレイレポート
棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】
  • 棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】
  • 棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】
  • 棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】
  • 棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】
  • 棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】
  • 棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】
  • 棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】
  • 棒を駆使して攻略だ!和風メトロイドヴァニア的プラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』プレイレポ【TGS2022】

2021年より規模を拡大した千葉幕張メッセのリアル会場と、オンラインプラットフォームの両面で開催となった国内最大規模のゲーム展示会「東京ゲームショウ2022」。インディゲームブームにてプレイアブル出展されていたSquidShock Studiosの2.5Dアドベンチャープラットフォーマー『Bo: Path of the Teal Lotus』のプレイレポをお届けします。

本作は、小さなキツネの妖怪となって冒険する日本神話ベースのメトロイドヴァニア的な2Dアクションゲーム。TGS2022版では、文章などが日本語化されていないもののチュートリアルを含む序盤までがプレイ可能でした。

序盤までプレイできるため、派手で高度なアクションなど求められませんが、小さな神社にて回復することや竹柵を破壊して、新たに探索できる範囲を広げられることを体験しました。主人公が用いる棒は、迫りくる敵を倒すだけでなく、マップのところどこにいる提灯や敵を攻撃すると再びジャンプが可能となるシステムを持っています。

そのため、マップの所々にあるシークレット的なものに触れるためには敵などを上手くおびき寄せて、攻撃する必要があります。また、途中で登場する芋虫のような敵を攻撃し、空中に上げて投げつけることで進められるギミックも存在。これはパズル的な要素を持ち合わせており、打ち上げて敵を倒すこと以外にも、オブジェクトに当てて提灯を出すことや竹柵を破壊する事にも使います。

ここでは敵が一体1出現するため足場からジャンプ→敵を攻撃→ジャンプ→提灯を攻撃→ジャンプの順でシークレットにたどり着くことが出来る

遠景を映す背景には、巨大なガシャドクロなどを筆頭とした妖怪が所々出現するのも面白いポイント。より完成度が高められ、様々な妖怪が出現することを思うと、背景ネタ探しも楽しめそうです。なおブースの担当者に話を聞いたところ、タイトルの頭にある『BO』はそのまま『棒』という意味であるそうです(小さなキツネの妖怪が棒を使うためであるからとのこと)。

『Bo: Path of the Teal Lotus』はPC/ニンテンドースイッチ向けに2024年Q1にフルリリースを予定しています。


るるぶ原神 (JTBのムック)
¥1,375
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《G.Suzuki》
G.Suzuki

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top