ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】

新年、あけましておめでとうございます!

連載・特集 特集
ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】

読者の皆さま、新年、あけましておめでとうございます!

本稿では、各ゲーム関連企業の代表者様や、クリエイターの方々よりいただいた「年頭所感」を掲載していきます(順不同)。今年の年頭所感記事に関して各関係者様にお伺いした質問は下記の4問です。

  • 2022年に遊んだゲームで最も楽しんだものは?

  • 2022年のゲーム業界を、漢字1文字/単語(主に海外の方)ひとつで表すなら?

  • 2023年の抱負をお聞かせください。

  • 2023年に注目しているモノやテクノロジー、人

年末のお忙しい時期に関わらず、ご回答頂いた皆様、そしてご調整頂きました広報ご担当の皆様には、この場を借りて、あらためて厚く御礼申し上げます!

今回は多くの方からいただきましたご回答を3記事に分けております。前編後編追補記事もあわせてご覧ください。

MyDearest

岸上 健人氏

・2022年に遊んだゲームで最も楽しんだものは?

『Stray』。猫でしか実現できないゲームというものを見せつけられて大変好きでした!

VRゲームでいうと『BONELAB』が衝撃的でした。過去最高速度で売れている大ヒットVRゲームで、これが世界で人気が出るVRゲームなのかと驚きを受けてプレイしています。

・2022年のゲーム業界を、漢字1文字/単語ひとつで表すなら?

実はVRゲームめっちゃ盛り上がった年でした!世界中、そして日本からも沢山のVRゲームが出た年でした!

・2023年の抱負をお聞かせください。

コンソールゲーム進出!PSVR2やSwitchに最新作のディスクロニアをリリースします!

・2023年に注目しているモノやテクノロジー、人

ENDROLL社の前元健志です!同世代で一番頭が切れてロジカルなゲームクリエイター兼経営者です!

© Project DYSCHRONIA.
© Project DYSCHRONIA.

株式会社NEOWIZ

『Lies of P』開発部門 Round8Studio スタジオ長(Head of Round 8 Studio)
パク・ソンジュン氏 

・2022年のゲーム業界を、漢字1文字/単語ひとつで表すなら?

「躍」でしょうか。混乱した年でしたが、進む方向性が見え始めた年という意味を込めて選びました。

・2023年の抱負をお聞かせください。

これまでオンラインゲーム大国として知られていた「韓国ゲーム業界」でしたが、『Lies of P』を通じて、コンソールゲームで日本や世界に認められ、「韓国ゲーム業界」の新しい時代を開きたいと思っております。

・2023年に注目しているモノやテクノロジー、人

2023年は前世代のゲーム機やPCなどのサポート支援が終了し、本格的に現世代の機能と性能をきちんと活用したゲームが出てくる時期だと考えます。

技術的により進歩したゲームが出てくると期待しており、AIと融合したアップスケーリング技術やコンテンツ制作技術が本格的に活用される一年と予想しています。

©NEOWIZ All Right reserved.
©NEOWIZ All Right reserved.

PLAION

・2022年のゲーム業界を、漢字1文字/単語ひとつで表すなら?

「改」
TGS等の対人イベントも徐々に再開され、改めてゲーム業界の成長が進む昨今、弊社は以前の「Koch Media」より「PLAION」へと名称を改めました。その様々な状況の変化を一字で表す言葉として、この漢字を選びました。

・2023年の抱負をお聞かせください。

PLAIONの新タイトルにご注目ください!

・2023年に注目しているモノやテクノロジー、人

ファンの皆さんとのつながり


《高村 響》
高村 響

多義的に面白いことが好きです 高村 響

兵庫県生まれ。子供の頃からゲームを初めとしたサブカル全般にハマっていたものの、なぜか大学にて文学研究で博士課程まで進むことに。本が好きで、でも憎い。純文学を中心とした関係性の中で生きていたが、思うところあってゲームライターに転向。その結果、研究のさなかゲームをしまくっていたことが恩師にバレつつある。 読んでくださっている皆様、どうぞよろしくお願いします。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top