ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】 4ページ目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】

新年、あけましておめでとうございます!

連載・特集 特集
ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】
  • ゲーム業界人に訊く2022年の振返りと2023年の抱負(中編)【年頭所感】

Virtuos(ヴァーチャス)

最高収益責任者(CRO)
ジェイク・ディジェネロ氏

・2022年のゲーム業界を、漢字1文字/単語ひとつで表すなら?

「充」

2022年はVirtuos(ヴァーチャス)にとって充実した一年でした。全世界の従業員数は3,500人を超え、アジア、ヨーロッパ、北米で4つのスタジオを設立したほか、エンジニアリングと研究開発の分野でさらなる能力拡大に向けてVirtuos Labs – Montpellier (ヴァーチャス・ラボ – モンペリエ)を立ち上げました。Nintendo Switchの『NieR:Automata The End of YoRHa Edition(ニーア オートマタ ジ エンド オブ ヨルハ エディション)』や『ダイイングライト プラチナエディション』など、国内外のファンの人気を集めた様々なゲームの開発に携わりました。私も年末年始は、発売時に遊べなかったゲームを遊ぶという我が家の恒例行事に参加するのが楽しみです。

・2023年の抱負をお聞かせください。

2023年も新プロジェクトやスタジオ、新しいチームメンバーなど、様々なマイルストーンが目白押しです。さらに新旧フランチャイズからの新作リリースが予定されており、新情報をお伝えすることを楽しみにしています。

・2023年に注目しているモノやテクノロジー、人

2022年、ヴァーチャスは再び東京ゲームショウのビジネスミーティングエリアに出展し、自社が手掛けるフォトグラメトリ、アダプテーション、リマスター、そしてバーチャルワールドの構築について皆さんと対面でお話することができました。2023年も、これらの分野におけるテクノロジーに注目が集まると考えています。今年の東京ゲームショウも、とても楽しみにしています。

(C) Techland S.A. All rights reserved.
(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

Yostar

李 衡達氏

・2022年に遊んだゲームで最も楽しんだものは?

『星のカービィ ディスカバリー』

長いこと遊んできた『星のカービィ』シリーズですが、3Dになって帰ってきたカービィが可愛い。

これまでのカービィを踏襲しつつ、迫力ある演出、サウンド、レベルデザインも素晴らしい。

最後までワクワクする作品です。

・2022年のゲーム業界を、漢字1文字/単語ひとつで表すなら?

「乱」※弊社の話です。

2022年は久しぶりにオフラインイベントを開催し、直接ユーザーの皆さんの顔が見られて嬉しかったです。

一方で、ご迷惑をかけたこともありました。改めて気を引き締めていきたいと思います。

・2023年の抱負をお聞かせください。

「会社を存続させること」

引き続き、ユーザーの皆さんに面白いもの・楽しいものをお届けできるよう、来年も頑張っていきたいと思います。

・2023年に注目しているモノやテクノロジー、人

「桜井政博」さん

『星のカービィ』シリーズ、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズを生み出した桜井さんはリスペクトしています。

特に、ファンとしても『星のカービィ』シリーズ30周年はおめでたいですね!

アークシステムワークス

菊地氏

皆様、新年明けましておめでとうございます!

昨年は、アークシステムワークスのオリジナルタイトル『グランダイバー!~がんばれ!ツルハシくん~』、『つーじゃんせる!!』の発売をはじめ、『くにおくん』シリーズとしては20年以上の時を経てリバイバルされた『新・熱血硬派 くにおたちの挽歌 -with River City Girls Extra-』、人気の外伝シリーズ続編となる『熱血硬派くにおくん外伝 リバーシティガールズ2』、好評いただいた『くにおくんの三国志だよ 全員集合!』のPlaystation4/ Steam版での発売など、様々なタイトルを皆様にお届けすることができました。

また『GUILTY GEAR -STRIVE-』では、久々のオフライン開催となった「ARCREVO Japan 2022」をはじめ、シーズン2の開始や複数の新規キャラクター追加などが実施され、おかげ様で累計販売本数100万本を突破いたしました!

今年は、Xbox Series X|S/Xbox One/Windows版の発売や、アメリカで開催予定の「ARC WORLD TOUR 2022 FINAL」を控えている『GUILTY GEAR -STRIVE-』をはじめとし、さまざまなタイトルを楽しんでいただけるよう準備しておりますので、本年も何卒よろしくお願いいたします!


《高村 響》
高村 響

多義的に面白いことが好きです 高村 響

兵庫県生まれ。子供の頃からゲームを初めとしたサブカル全般にハマっていたものの、なぜか大学にて文学研究で博士課程まで進むことに。本が好きで、でも憎い。純文学を中心とした関係性の中で生きていたが、思うところあってゲームライターに転向。その結果、研究のさなかゲームをしまくっていたことが恩師にバレつつある。 読んでくださっている皆様、どうぞよろしくお願いします。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top