【コスプレ】『ニーア』2B和装コスプレの再現度が高過ぎる!多彩なポーズに注目の人気レイヤー・水瀬あいり【写真15枚】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【コスプレ】『ニーア』2B和装コスプレの再現度が高過ぎる!多彩なポーズに注目の人気レイヤー・水瀬あいり【写真15枚】

10月28、29日に開催された「池袋ハロウィンコスプレフェス2023 Powered by dwango」に参加したコスプレイヤーをピックアップしてお届け!

ゲーム文化 コスプレ
2B『NieR:Automata』/水瀬あいり(@minaseairi_cos)
  • 2B『NieR:Automata』/水瀬あいり(@minaseairi_cos)
  • 2B『NieR:Automata』/水瀬あいり(@minaseairi_cos)
  • 2B『NieR:Automata』/水瀬あいり(@minaseairi_cos)
  • 2B『NieR:Automata』/水瀬あいり(@minaseairi_cos)
  • 2B『NieR:Automata』/水瀬あいり(@minaseairi_cos)
  • 2B『NieR:Automata』/水瀬あいり(@minaseairi_cos)
  • 2B『NieR:Automata』/水瀬あいり(@minaseairi_cos)
  • 2B『NieR:Automata』/水瀬あいり(@minaseairi_cos)

10月28、29日に東京・池袋で「池袋ハロウィンコスプレフェス2023 Powered by dwango」が開催されました。同イベントは毎年2万人以上のコスプレイヤーが参加する日本最大級のハロウィンイベントです。

10周年となる今年は目玉企画の一つ「池ハロコスプレパレード」の規模を拡大し、ステージでは参加者自慢のコスプレを披露できる「ニコニココスプレクション」や「親子でハロウィン」の恒例企画も実施。また未経験者でも気軽にコスプレ体験ができるコーナーの設置や、人気コスプレイヤーを撮影できる「コスプレイヤーガチ撮影」企画など様々な催しが行われ、来場者総数は過去最多となり14万人を超えました。





さらに池ハロアンバサダーに”ラスボス”こと小林幸子さんが就任。人気漫画のラスボスコスプレで300 名以上のコスプレイヤーと池袋の街をパレードし、イベントを大いに盛り上げていました。

そしてイベントの主役はなんと言っても様々な趣向を凝らして推しキャラのコスプレで参加するコスプレイヤー達!2万人以上の参加者がサンシャインを中心としたイベントエリアに集結する様子はまさに圧巻です。

本稿では『NieR:Automata』2Bの和装衣装コスプレでイベントに参加した水瀬あいり(@minaseairi_cos)さんの撮り下ろしフォトレポートをお届けします。キャラクターを魅力的に魅せる多彩なポージングと、再現度の高いプロポーションは必見です。

2B『NieR:Automata』/水瀬あいり(@minaseairi_cos)
【画像タップorクリックでフォトギャラリーへ】
【画像タップorクリックでフォトギャラリーへ】
【画像タップorクリックでフォトギャラリーへ】
【画像タップorクリックでフォトギャラリーへ】

撮影:山颪ヒア(@fotomachen)

《tama》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

    駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

  2. 『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

    『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

  3. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

    『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  4. 『Cult of the Lamb』日本に来た教祖様が終電逃してヤケ酒…京都府PRキャラとも激突するやんちゃぶりを見せる

  5. ゲームトレイラーと本編の内容が違った…!『メタルギアソリッド2』『Hello Neighbor』他、海外ゲーマーたちの叫び

  6. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

  7. 格闘ゲームの祭典「EVO」、2025年はなんと4回も開催!アメリカにフランス、そして日本も

  8. 『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

  9. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  10. ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

アクセスランキングをもっと見る

page top