Paradox Interactiveのスタジオが開発タイトルを語るダイアリー「Tinto Talks」を公開―コミュニティでは『EU V』を予想する声も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Paradox Interactiveのスタジオが開発タイトルを語るダイアリー「Tinto Talks」を公開―コミュニティでは『EU V』を予想する声も

『EU』シリーズ生みの親Johan氏が、開発中のプロジェクトのビジョンを語っています。

ニュース ゲーム業界
Paradox Interactiveのスタジオが開発タイトルを語るダイアリー「Tinto Talks」を公開―コミュニティでは『EU V』を予想する声も
  • Paradox Interactiveのスタジオが開発タイトルを語るダイアリー「Tinto Talks」を公開―コミュニティでは『EU V』を予想する声も
  • Paradox Interactiveのスタジオが開発タイトルを語るダイアリー「Tinto Talks」を公開―コミュニティでは『EU V』を予想する声も
  • Paradox Interactiveのスタジオが開発タイトルを語るダイアリー「Tinto Talks」を公開―コミュニティでは『EU V』を予想する声も
  • Paradox Interactiveのスタジオが開発タイトルを語るダイアリー「Tinto Talks」を公開―コミュニティでは『EU V』を予想する声も
  • Paradox Interactiveのスタジオが開発タイトルを語るダイアリー「Tinto Talks」を公開―コミュニティでは『EU V』を予想する声も

Paradox Interactiveは、スペインのバルセロナに拠点を置く同社のスタジオParadox Tintoの開発ダイアリー、「Tinto Talks」を公開しました。

『EU』シリーズ生みの親Johan氏が率いるParadox Tintoスタジオ

タイトルにもなっている「Tinto」は、Paradox Interactive傘下のスタジオParadox Tintoのことを指しており、同スタジオは『Europa Universalis』シリーズなどを手掛けたJohan Andersson氏が統括しています。今回行われたフォーラムの投稿も、作成者はJohan氏の名前になっています。


Johan氏は近年のプロジェクト開発サイクルが数年単位になっていることに触れつつ、プレイヤーからのフィードバックを適切に受けるコミュニケーションツールとして使用するために、ゲームデザインなど開発のアイデアを公開することを語っています。

なお、語られているタイトルがどの作品で、いつリリースされるのかなど詳細については現状伝えられず、このゲームを仕上げていくにはユーザーからのフィードバックが不可欠であるとしています。redditなどコミュニティでは新作の『EU V』を期待する声が多く寄せられています。

ビジョンは「リアリティーのある世界」や「没入感」「リプレイ性」

今回のダイアリーでは第一弾として、これまでの開発で抱いてきたビジョンについて語られています。Paradox Tintoスタジオには現在30人ほど在籍しており、ゲームエンジン「Clausewitz」と「Jomini」を使用した「Marius」と社内で名付けられたプロジェクトが進行している様子。

Paradox Tintoが抱くビジョンの1つ目は「リアリティーのある世界」で、ゲームをプレイ中に"理にかなっていて、リアルである"と感じられる世界にするべきという考え方を示しています。ゲームの世界を身近なものにしすぎない一方でもっともらしさがあり、抽象的な表現をなるべく減らすようにしているとのこと。

『Europa Universalis IV』

また、Paradoxのタイトルはプレイヤーの想像力と「もしも」のシナリオで盛り上がることに触れつつ、設定に忠実であることで「没入感」や深い味わいを生み出しているほか、何を選ぶか、どのような遊び方をするかなど「リプレイ性」も重要視しています。

ゲームにさまざまなメカニクスが用意され、いくつもの要素が絡み合うことでプレイヤーの選択肢や辿る道が増えると、プレイヤーは同じスタートからでも新しいストーリー体験ができると語っています。

『Europa Universalis IV: Domination』

そして、今回のダイアリーの最後ではオリーブのイラストとともに、「そして…これらのビジョンをよく表しているタイトルといえば、何だと思う?」と意味深な質問を投げかけています。

Paradox Tintoの開発ダイアリー「Tinto Talks」はParadox Interactiveのフォーラムにて毎週更新が予定されており、来週はマップなど「世界でもっとも重要なこと」についてが語られる予定です。

《kurokami》

チャーシュー麺しか勝たん kurokami

1999年生まれ。小さい頃からゲームに触れ、初めてガチ泣きした作品はN64の『ピカチュウげんきでちゅう』です。紅蓮の頃から『FF14』にどハマりしており、Game*Spark上ではのFF14関連の記事を主に執筆しています。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 配信者ライフシム『Streamer Life Simulator』FanaticalでSteamキー無料配布中!日本時間4月24日まで

    配信者ライフシム『Streamer Life Simulator』FanaticalでSteamキー無料配布中!日本時間4月24日まで

  2. 「DECOゲー」復刻シリーズが配信停止か―GOG.comでデータイースト作品の「ラストチャンスセール」始まる

    「DECOゲー」復刻シリーズが配信停止か―GOG.comでデータイースト作品の「ラストチャンスセール」始まる

  3. オンラインRPG『Fallout 76』PCとXbox版がAmazonプライム会員向けに無料配布開始

    オンラインRPG『Fallout 76』PCとXbox版がAmazonプライム会員向けに無料配布開始

  4. ユービーアイ新作FPS『エックスディファイアント』ふたたび延期か―海外の噂報道「難航の理由は『CoD』のパクリだから」はバッサリ否定

  5. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  6. 最大80%OFF! アトラスの“大問題作”や『戦場のヴァルキュリア』、良作アクションにパズルなどがどれもお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  7. Steamにて最大80%オフの『Fallout』シリーズセールが開催!―1週間の『Fallout 76』フリープレイも実施中

  8. 裏で何かが動いてる?開発難航の『Hollow Knight: Silksong』SteamDBでアセット更新が確認される

  9. 『アサシン クリード』最新作「Codename Red」は来年3月末までに発売か?待望の日本舞台アサクリに期待かかる

  10. EAが開発中の「ブラックパンサー」&「アイアンマン」ゲームはオープンワールドになる?求人情報に気になる記載

アクセスランキングをもっと見る

page top