我こそ欧州筆頭!?ゲームデベロッパー版ヨーロッパチャンピオンシップ・ベスト50 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

我こそ欧州筆頭!?ゲームデベロッパー版ヨーロッパチャンピオンシップ・ベスト50

かつては第三世界扱いで、未だ日本では"洋ゲー"の名の下に一括りにされがちだったヨーロッパ。しかし、アメリカとはまた違った独特のユーモアセンスや美的感覚を持ち、また同じ欧州内でも実にさまざまな顔を持っています。今回Next-Genでは、そんなヨーロッパの今を

PC Windows

歴史的には様々な機種が普及したPCゲームやテーブルゲームの伝統が北米以上に長く、デモシーンなどで個人レベルのユーザーが集まって高いスキルを発揮する文化もあるヨーロッパ産ゲーム。

一方でコンソールの普及が遅くかつては第三世界扱い、未だ日本では"洋ゲー"の名の下に一括りにされがちですが、アメリカとはまた違った独特のユーモアセンスや美的感覚を持ち、また同じ欧州内でも実にさまざまな顔を持っています。

今回[url=http://www.next-gen.biz/index.php?option=com_content&task=view&id=5495&Itemid=2]Next-Gen.biz[/url]では、そんなヨーロッパの今を代表するデベロッパーベスト50位をランク付けして、一挙大公開。海外では大きな話題となっています。





まずは、その1位を50点で、2位に49点…と順位で重み付けして集計した国別ランキング。

 1. イングランド (887点)
 2. フランス (109点)
 3. スコットランド (77点)
 4. スウェーデン (58点)
 5. ドイツ (51点)
 6. デンマーク (37点)
 7. オランダ (16点)
 8. ウクライナ (12点)
 9. ノルウェー (9点)
10. ルーマニア (8点)
11. フィンランド (7点)
12. ロシア (4点)


デベロッパーの力関係で見たヨーロッパの一面ですが、やはり英語の母国イングランドが圧倒的。3位扱いのスコットランドを加えると、2位フランスには実に10倍近い差をつけそうです。

意外なところでは、独自のゲーム文化を持つドイツより上に来た4位の[url=http://www.isatokyo.org/opportunity_sweden/industry/060615/index.html]スウェーデン[/url]。一方、こちらも大国としてその事情が気になるブランド品王国イタリアも、ビデオゲームの世界では壊滅的。開発元は一つもベスト50位に入らず、完全にランク外。

昔から[url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3]デモカルチャー[/url]の伝統を持ち、ITで大きな躍進を遂げた北欧勢の後、これからの注目はやはり8位になったウクライナ、10位のルーマニア、それにロシアといった東欧勢でしょうか。



そして、こちらがその元となったデベロッパーランキングのトップ10まで。そもそもこれは、最近のヨーロッパとアメリカでの市場調査や批評、将来性なども加味してNext-Generationが独自に格付けしたものなんだそうで、互いの上下関係についてはあくまで参考例の一つかも。

 1. Rockstar North (Scotland)
 2. Traveller's Tales (England)
 3. Crytek (Germany)
 4. Criterion (England)
 5. Ubisoft Paris (France)
 6. EA UK (England)
 7. SCE London (England)
 8. Ubisoft Montpellier (France)
 9. Lionhead (England)
10. Sports Interactive (England)


1位のRockstar Northは言うまでもなく、現在世界最大のヒットフランチャイズGTAの生みの親。2位に入った、Traveller's Talesはあまり知名度がありませんが、初期にセガのコンソールでSonic 3DやSonic Rなど技術力の高いキャタクターゲームを手がけた後、最近はLego Star Warsシリーズのヒットで名前が挙がったようです。3位はご存知、Far Cryで華々しくデビューして現在はCrysisを手がけている、いつもドイツ訛りのCrytek。4位のCriterionは、かつて日本のキヤノン傘下(現EA)でミドルウェアのRenderWareを開発して名を上げた後、現在ではBurnoutシリーズでもすっかりおなじみとなりました。

5位からは、かつての有名どころを吸収したり名前を変えたりで大手パブリッシャーの地域スタジオとなったところが続きます。この辺の事情もあってか、こうしてみると懐かしい名前は結構少なくなりました。日本同様、ヨーロッパのデベロッパーも再編期を迎えているようで、最近はこんな感じになるみたい。



以下、せっかくなので残り50位まで全部格付けチェック

11. Codemasters (England)
12. Blitz Games (England)
13. Rockstar Leeds (England)
14. IO Interactive (Denmark)
15. Creative Assembly (England)
16. Rare (England)
17. Splash Damage (England)
18. DICE Sweden (Sweden)
19. Bizarre Creations (England)
20. Sumo Digital (England)

21. Kuju Entertainment (England)
22. Evolution Studios (England)
23. SCE Studios Liverpool (England)
24. Realtime Worlds (Scotland)
25. Eurocom (England)
26. Climax Studios (England)
27. Free Radical (England)
28. Relentless Studios (England)
29. Frontier (England)
30. Team17 (England)

31. Eden Games (France)
32. Avalanche Studios (Sweden)
33. Reflections Interactive (England)
34. Exient (England)
35. Gusto Games (England)
36. Magenta Software (England)
37. Guerilla Games (Netherlands)
38. SCE Studio Cambridge (England)
39. GSC Game World (Ukraine)
40. Beautiful Game Studios (England)

41. Rebellion (England)
42. Funcom (Norway)
43. Ubisoft Romania (Romania)
44. Remedy (Finland)
45. Starbreeze Studios (Sweden)
46. Juice Games (England)
47. Nival Interactive (Russia)
48. Blue Byte (Germany)
49. Playlogic (Netherlands)
50. Sega Driving Studio (England)

今回アメリカ発のソース元では、この50社全部に代表作のスクリーンショットと概要つきで丁寧に特集されており、かなりの読み応え。今やコンソール向けのゲーム開発でも日本に負けないぐらい、予想以上にたくさんのゲームが、ヨーロッパからやってきていることに、気づかれるのではないでしょうか。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.next-gen.biz/index.php?option=com_content&task=view&id=5495&Itemid=2&limit=1&limitstart=0]Next-Gen.biz: "Europe's Top 50 Game Studios"[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/8117060@N07/484301061/]Flickr[/url], [url=http://www.tatsachen-ueber-deutschland.de/en/]Fact About Germany[/url]他)[/size]

【関連記事】
Crytekが新作に向けて新たな開発スタジオを発足!
Wiiで『LEGO Star Wars: The Complete Saga』が発売?!
『Grand Theft Auto IV』初のデジタルスクリーンショット+OPMプレビュー(伊・豪)

C&C3の自爆兵ユニットに問題アリ。ドイツバージョンではただの“爆弾兵”に
PS3がイギリスの歌劇場をジャック!オペラ公演でPS3も体験できちゃう
公務執行中にPSPで遊んでいた警察官が処分@イギリス
最近の露骨な暴力や性表現は倒錯、ローマ法王がバチカンからコメント

特集インタビュー:中里 “レイ” 英一郎氏が、日本と世界のゲームを語る (1/4)
開発の苦労は?新しいデザインは?『Lair』開発元Factor 5へロングインタビュー
『Pinata』や『Banjo』は?世界に通じるゲーム作りとは…Rare社ロングインタビュー
《Miu》

PC アクセスランキング

  1. 『PAYDAY』開発者の新作Co-opシューター『GTFO』最新プレイ映像が近日公開! シネマティックティーザー披露

    『PAYDAY』開発者の新作Co-opシューター『GTFO』最新プレイ映像が近日公開! シネマティックティーザー披露

  2. 【吉田輝和の絵日記】サイバーパンク系タクシードライバーADV『Neo Cab』乗客と会話しながら失踪した友人を探す!

    【吉田輝和の絵日記】サイバーパンク系タクシードライバーADV『Neo Cab』乗客と会話しながら失踪した友人を探す!

  3. 『ディビジョン2』海外時間10月15日より大型アップデート「TU6」配信開始―新ストーリーやスペシャリゼーションなど

    『ディビジョン2』海外時間10月15日より大型アップデート「TU6」配信開始―新ストーリーやスペシャリゼーションなど

  4. 50vs50のWW2FPS『Hell Let Loose』にオマハ・ビーチ登場! 週末無料プレイやセールも実施

  5. オープンワールドシミュレーター『Pine』配信開始ー生き残れ、生態系は刻一刻と変化する

  6. 海外美少女恋愛シムRPG『Love Esquire』配信―あの娘の心を掴むため、いざ自身を鍛え上げろ

  7. 伏見稲荷を散策できるウォーキングシム『Explore Fushimi Inari』Steam配信開始! VR版も用意

  8. シューター初心者に捧ぐ!「エイム力を磨けるPC用FPS&練習ソフト」4本を徹底比較

  9. PC版『CoD:MW』の要求スペックが明らかにー必要ストレージは175GB、推奨グラボはGTX970など

  10. 『ストリートファイターV』新キャラ・新コンテンツの情報を11月と12月に公開予定―全キャラ対象の無料DLC「スポーツウェア」は12月配信

アクセスランキングをもっと見る

page top