『旋光の輪舞2(仮称)』業務用版開発中!Xbox 360への移植は? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『旋光の輪舞2(仮称)』業務用版開発中!Xbox 360への移植は?

「12月16日に何らかの発表がある」と、週刊G.Rev通信(Blog)で告知されていた謎のゲームは[b]旋光の輪舞2(仮称)[/b]であることが分かりました。現在は仮サイトも設けられ、内容は明らかではないものの、業務用版として開発が進んでいるようです。ミカやチャンポは

家庭用ゲーム Xbox360
「12月16日に何らかの発表がある」と、週刊G.Rev通信(Blog)で告知されていた謎のゲームは[b]旋光の輪舞2(仮称)[/b]であることが分かりました。現在は[url=http://www.grev.co.jp/ronde2/index.html]仮サイト[/url]も設けられ、内容は明らかではないものの、業務用版として開発が進んでいるようです。ミカやチャンポは再登場?!


上のイラストは新キャラクターで、左がLev Lefanu(レーフ)、右がHenri Xia Xiaotien(アンリ)。まだこれだけしか出ていませんが、これから増えてくるでしょう。前作になる[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=120-10024&kword=%C0%FB%B8%F7%A4%CE%CE%D8%C9%F1]旋光の輪舞Rev.X[/url]([url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=119-10182&kword=%C0%FB%B8%F7%A4%CE%CE%D8%C9%F1]WarTech: Senko no Ronde[/url])も、基になったのは業務用版です。Xbox 360用としてオンライン対戦やダウンロードコンテンツに対応し、BGMも大幅に追加されていました。弾幕対戦アクションシューティングという独特のジャンルを生み出し、B.O.S.Sモード起動で一発逆転を狙えるシステムなど、様々な新要素を盛り込んでいます。現在でもオンライン対戦はピーク時より下火になったものの、ファンや海外ユーザーのマッチメイキングが行われるほど根強い人気を誇っています(海外版はパッケージ画像がダサいとされて少し不評だったようです……)。



最新作である旋光の輪舞2が、Xbox 360へ移植となるかどうかはプレイヤーの反応次第と思われますが、前作での人気はグレフの開発陣にも知られているところ。まずは業務用で人気を得つつ、移植決定!となれば良いですね。業務用版は、2008年稼働予定です。
[size=x-small](ソース・イメージ: [url=http://kotaku.com/gaming/g%27rev/grev-goes-ahead-with-senko-no-ronde-2-more-gender-confusion-335012.php]Kotaku[/url])[/size]
[url=http://www.grev.co.jp/index.html]参考: G.Rev公式サイト[/url]

【関連記事】
『旋光の輪舞Rev.X』北米と欧州で発売、名称はWarTech: SenkoのRonde
『旋光の輪舞Rev.X』チャンポ&ペルナの抱き枕が予約中
『旋光の輪舞Rev.X』操作や技などを詳しくムービーで解説(字幕)
『旋光の輪舞Rev.X』追加コンテンツ配信中
「デートしてみたいXbox360用ゲームのヒロインは!?」投票結果発表

(C)2005,2008 G.rev Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  2. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

    『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  3. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

    不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  4. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  5. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  6. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  7. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  8. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  9. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  10. 【吉田輝和のTGS絵日記】PSVRリズムアクション『Beat Saber』気分はジ◯ダイの騎士!

アクセスランキングをもっと見る

page top