中国人民解放軍が共同開発のFPS『Mission of Honor』が間もなく完成 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国人民解放軍が共同開発のFPS『Mission of Honor』が間もなく完成

ニュース 最新ニュース


中国人民解放軍(People's Liberation Army)が、ミリタリー・シミュレーションを意図したファーストパーソン・シューターを開発中であると、中国日報(ChinaDaily)が伝えています。タイトルはMission of Honor。Wuxi Giant Interactiveとの共同開発で、これまでおよそ2年の開発期間を費やしているとのこと。

軍用キャンプでの典型的な兵士生活から始まり、最終的にコードネーム“Mission of Honor”と呼ばれる大規模戦に至るストーリーライン。トレーニング、ソロミッション、チームコンバットといったモードが用意されているそうです。


開発理由として、外国製のミリタリーシムは、異なる価値観を持つ兵士を混乱させる可能性がある、との報告。また制作に関して、米陸軍の公式ミリタリーシムであるAmerica 's Armyの影響も指摘されています。米陸軍が開発にこれまで3,300万ドルを投じているシリーズで、新兵の募集に(他のどんな方法よりも)効果的だった、と言われています(ただしMission of Honorが市販されるかは不明)。


現在、Mission of Honorは主要な開発をすませデバッグ段階に入っており、中国人民解放軍の将校および兵士がプレイできる機会が、間もなく訪れると伝えられています。(ソース・イメージ: ChinaDaily: China's PLA develops own military game via Gamasutra)


【関連記事】




《Kako》

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

    『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  4. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  5. 【TGS2017】日本ゲーム大賞発表!大賞は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

  6. 『NieR:Automata』世界累計出荷&ダウンロード販売本数200万本突破!

  7. PS4/Xbox One/PC『Project CARS 2』予約特典やシーズンパスの詳細が明らかに

  8. もうひとつの「EDF」始動!『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』ティザーサイトが公開

  9. たった1ドルからゲームをまとめ買いできる「Humble Bundle」とは ― 仕組みや購入方法を解説!

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

page top