15年間の歴史を探る…『The Elder Scrolls』シリーズのグラフィック進化 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

15年間の歴史を探る…『The Elder Scrolls』シリーズのグラフィック進化

15年間で名実共に世界中で愛されるRPGシリーズへと進化した『The Elder Scrolls』。最新作『Skyrim』の公式フォーラムにて掲載された、シリーズのグラフィックの歴史を探る動画やイメージをご紹介致します。

PC Windows

今年2月に公開されたトレイラーでは、その圧倒的なグラフィックと臨場感で見事に話題をかっさらい、トリプルA級シリーズの最新作として十分な期待を集めた『The Elder Scrolls V: Skyrim』。戦闘アニメーションの改善やより躍動的になったNPCなど、グラフィック面への注目も強く集まっている本作ですが、公式フォーラムではそのグラフィックの進化に焦点を当てたスレッド“Evolution of Tes(Graphically)”が設立。その内容を海外サイトSysetm Linkが纏め上げていますのでご紹介致します。


まずご覧に入れるのは、『TES』シリーズ全作のトレイラーを収録した13分にも及ぶこの動画。1994年に発売された『Arena』から始まり、2011年の最新作『Skyrim』まで、全14タイトルのグラフィックの歴史を一挙に確認することが出来ます。また映像以外でも、サウンド面ではより豪華なBGMやSE、ボイスなどが代を重ねる毎に追加されている点にも注目したいところ。

こちらは『Morrowind』『Oblivion』『Skyrim』と9年間で発売された3作品のグラフィック進化を比較した画像。上から酒場、湖、洞窟、遺跡、街並みと5種類の環境がそれぞれ比較されています。『Morrowind』でも高い評価を得た美しいグラフィックが、『Oblivion』でさらにオブジェクトの数が増え立体感が増し、『Skyrim』ではそれらが精細にブラッシングされている事が伺えますね。大きいサイズはこちらからどうぞ。




前作『Oblivion』ではどうしてもノッペリした顔となってしまい、スタート地点である地下の下水道から出られない顔職人達の嘆きが良く聞こえてきました。顔面グラフィックの進化や違いは、『Oblivion』と『Skyrim』の人物イメージを並べる事で歴然としてきます。皺や筋肉の付き方、骨格がよりリアルに近づいているようです。

またもう1つの“進化”として、Dunmerことダークエルフの変わりっぷりも面白い所です。耳が尖っている点以外は肌の色や雰囲気などが作品毎にガラリと変わっている彼等ですが、先日公開された『Skyrim』のDunmerのスクリーンショットでは、武士の様な勇ましいその変貌っぷりで再び話題となりました。




シリーズの正統ナンバリング5作目、前作から約5年ぶりとなる最新作『The Elder Scrolls V: Skyrim』は、PC/PS3/Xbox 360をプラットフォームに2011年11月11日に発売予定。国内でも日本語版が2011年に発売される予定となっています。
(ソース&イメージ: System Link)


【関連記事】
『The Elder Scrolls V: Skyrim』約40分の直撮りゲームプレイ映像!
ドラゴン像が付属!『The Elder Scrolls V: Skyrim』のコレクターズエディションが発表
『Skyrim』ディレクター: ゲームソフトの価格は高額過ぎる
SDCC 11: 『The Elder Scrolls V: Skyrim』の新たなフッテージが掲載
残念ながらデモ配信は無し『TES V: Skyrim』E3インタビュー映像
今作では結婚も可能に!『TES V: Skyrim』最新ディテールが一挙公開
海外アナリスト: 『TES V: Skyrim』と『Saints Row: The Third』に延期の可能性
『TES V: Skyrim』ディレクターTodd Howard氏がDLCに関する情報を明らかに
《tobiuo》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 『タルコフ』ライクな略奪マルチプレイFPS『Marauders』早期アクセス開始―コンテンツを追加する今後のロードマップも公開

    『タルコフ』ライクな略奪マルチプレイFPS『Marauders』早期アクセス開始―コンテンツを追加する今後のロードマップも公開

  2. 『CoD: MW2』日本語版では表現に変更あり―「CERO」の禁止表現によるものと公式発表

    『CoD: MW2』日本語版では表現に変更あり―「CERO」の禁止表現によるものと公式発表

  3. 異世界ソ連舞台の新作サバイバルMMOFPS『PIONER』新ゲームプレイ映像!おぞましい敵との戦闘や武器カスタマイズなどがお披露目

    異世界ソ連舞台の新作サバイバルMMOFPS『PIONER』新ゲームプレイ映像!おぞましい敵との戦闘や武器カスタマイズなどがお披露目

  4. 総プレイ時間は約5億時間超え!配信やSNSが人気の支えか―『New World』が1周年記念で統計情報を公開

  5. リメイク版『Dead Space』初ゲームプレイトレイラー日本時間10月5日0時公開!

  6. オープンワールドのアクションローグライト『Ravenbound』16分ゲームプレイ紹介映像!

  7. 誰でも無料で参加可能!『ギルティギア ストライヴ』クロスプラットフォームオープンベータ開催発表

  8. 『Mirror 2: Project X』は“青少年向け(16+)”公式アナウンスから1日で「不評」レビュー激増―本編&DLC購入者への無条件返金も

  9. 『Elona』続編ローグライクRPG『Elin』Steamページ公開!アルファ版配信は早ければ年末ごろか

  10. ウクライナ侵攻での実際の出来事と証言に基づく完全無料ADV『Ukraine War Stories』は現地10月18日配信

アクセスランキングをもっと見る

page top