スクウェア・エニックス第1四半期決算−家庭用ゲーム売上低調などで経常赤字20億 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクウェア・エニックス第1四半期決算−家庭用ゲーム売上低調などで経常赤字20億

PC Windows

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成25年3月期第1四半期の連結決算を発表しました。

発表によると、売上高は249億1400万円(前年同期比1.6%増)、営業損失は11億6300百万円(前年同期は営業利益21億7800万円)、経常損失は20億4900万円(前年同期は経常利益14億8700万円)、四半期純損失は20億7700万円(前年同期は四半期純利益6億9000万円)の赤字決算となりました。

デジタルエンタテインメント事業では、ニンテンドー3DSソフト『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』の販売が好調でしたが、その他の家庭用ソフト販売は低調に推移しました。

一方、PC・スマートフォン等をプラットフォームとしたコンテンツについては、ブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』、Mobage向けソーシャルゲーム『ファイナルファンタジー ブリゲイド』等が順調に推移しているということです。

事業単体の売上高は113億3600万円(前年同期比3.9%減)となり、営業損失は1億1100万円(前年同期は営業利益2,834百万円)となりました。 (ソース: IR情報 : スクウェア・エニックス・ホールディングス)

【関連記事】
スクエニ、新プラットフォーム“Ouya”向けに『ファイナルファンタジーIII』を提供
スクエニがGamescom 2012の出展ラインナップを発表 『FF XIV』、『トゥームレイダー』他
スクエニ、『新生 ファイナルファンタジーXIV』の新名称を発表! 予告編第一弾も公開
スクエニ: 次世代機がLuminous Studioに対応するには膨大なRAMが必要
スクエニ、海外サイトの『ヴェルサスXIII』開発中止の噂を否定
スクエニ、iam8bitと共同で『Quantum Conundrum』をベースにした実写クイズ番組を制作
《インサイド》

PC アクセスランキング

  1. 実在した原子力潜水艦クルスクの沈没事故描くADV『KURSK』2018年リリース予定

    実在した原子力潜水艦クルスクの沈没事故描くADV『KURSK』2018年リリース予定

  2. オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

    オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

  3. PC版『World of Tanks』に8-bitなゲームモードが期間限定で復活―1月26日から

    PC版『World of Tanks』に8-bitなゲームモードが期間限定で復活―1月26日から

  4. 復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

  5. オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

  6. Android NがPCで動くゲームプラットフォーム「BlueStacks +N」がオープンベータテスト開始

  7. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

  8. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  9. GOGにて残虐カーアクション『Carmageddon TDR 2000』が48時間限定無料配布!【UPDATE2】

  10. 『PUBG』パルス調整を目的としたテストサーバのアップデート―新チートパターンも発見

アクセスランキングをもっと見る

page top