スクウェア・エニックス第1四半期決算−家庭用ゲーム売上低調などで経常赤字20億 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクウェア・エニックス第1四半期決算−家庭用ゲーム売上低調などで経常赤字20億

PC Windows

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成25年3月期第1四半期の連結決算を発表しました。

発表によると、売上高は249億1400万円(前年同期比1.6%増)、営業損失は11億6300百万円(前年同期は営業利益21億7800万円)、経常損失は20億4900万円(前年同期は経常利益14億8700万円)、四半期純損失は20億7700万円(前年同期は四半期純利益6億9000万円)の赤字決算となりました。

デジタルエンタテインメント事業では、ニンテンドー3DSソフト『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』の販売が好調でしたが、その他の家庭用ソフト販売は低調に推移しました。

一方、PC・スマートフォン等をプラットフォームとしたコンテンツについては、ブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』、Mobage向けソーシャルゲーム『ファイナルファンタジー ブリゲイド』等が順調に推移しているということです。

事業単体の売上高は113億3600万円(前年同期比3.9%減)となり、営業損失は1億1100万円(前年同期は営業利益2,834百万円)となりました。 (ソース: IR情報 : スクウェア・エニックス・ホールディングス)

【関連記事】
スクエニ、新プラットフォーム“Ouya”向けに『ファイナルファンタジーIII』を提供
スクエニがGamescom 2012の出展ラインナップを発表 『FF XIV』、『トゥームレイダー』他
スクエニ、『新生 ファイナルファンタジーXIV』の新名称を発表! 予告編第一弾も公開
スクエニ: 次世代機がLuminous Studioに対応するには膨大なRAMが必要
スクエニ、海外サイトの『ヴェルサスXIII』開発中止の噂を否定
スクエニ、iam8bitと共同で『Quantum Conundrum』をベースにした実写クイズ番組を制作
《インサイド》

PC アクセスランキング

  1. 狙撃FPS『Sniper Ghost Warrior 3』マルチプレイは発売後に実装

    狙撃FPS『Sniper Ghost Warrior 3』マルチプレイは発売後に実装

  2. 『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』で128名の人気ストリーマーが激突!ー公式チャリティイベントで

    『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』で128名の人気ストリーマーが激突!ー公式チャリティイベントで

  3. オープンワールド潜水艦ADV『Diluvion』日本語追加アップデート公開!

    オープンワールド潜水艦ADV『Diluvion』日本語追加アップデート公開!

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』海外向け序盤ゲーム映像!恐怖は遥か上空から始まる

  5. Steam版『Stardew Valley』日本語収録の新アップデート配信

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』がファミコン風に? 海外ファン無料ゲームが公開中

  7. 『オーバーウォッチ』に3つ以上の新マップが年内実装予定

  8. 『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』日本語版の予約開始

  9. レーザースキャナで真っ暗な洞窟を探る『Scanner Sombre』配信日決定!

  10. 『Heroes of the Storm』20人のヒーロー無料解除!アップデート2.0後にログインで

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top