『Deus Ex: HR』の主人公役の声を務めたElias Toufexis氏が『Far Cry 3』の主役から降ろされていた事が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Deus Ex: HR』の主人公役の声を務めたElias Toufexis氏が『Far Cry 3』の主役から降ろされていた事が明らかに

ニュース 最新ニュース

サイバーパンクSFアクションRPG『Deus Ex: Human Revolution』の主人公アダム・ジェンセン役を務めたElias Toufexis氏が、『Far Cry 3』の主役から降板させられていたことを、海外メディアXbox360 Achievementsが伝えています。

英国ロンドンで開催されたMCM Comic ConのX360A and PS3Tステージでの講演で明らかとなったもので、Toufexis氏は「確かに、これを言うべきではないのだが、皆がFar Cry 3と呼ぶゲームについて知っていると思うが、私はそれでJason Brody役を演じていた。二年間を通じて彼を演じてきたが、Deus Exが発売されたとき、プレイヤーがこのゲームをプレイして別のゲームを連想することに神経質になった彼らは私を外した」と語り、さらに「それは理解出来ている、けれども、そのゲームで私は普通の声で喋っていたんだ。Jensenの人気故に自分の仕事を失ったようなものだ。」と述べています。

Elias Toufexis氏が声を担当した主なゲームでは『I Am Alive』の車椅子の男Henry役や、『Splinter Cell: Blacklist』のAndriy Kobin役のほか、『Assassin's Creed II』のエツィオの兄、Federico Auditore da Firenze役などを務めています。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

page top