『Assassin's Creed IV: Black Flag』マルチ用無料マップ配信。Ubisoftが語るアイテム課金制の新たな将来像とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Assassin's Creed IV: Black Flag』マルチ用無料マップ配信。Ubisoftが語るアイテム課金制の新たな将来像とは

今日のゲーム業界において幅広く普及したアイテム課金制ですが、追加コンテンツを小出しに販売していくだけがビジネスモデルではないと、Ubisoftのゲームディレクター、Damien Kieken氏はGDC 2014にて違った視点で切り崩しました。

ニュース ゲーム業界
今日のゲーム業界において幅広く普及したアイテム課金制(マイクロトランザクション)ですが、追加コンテンツを小出しに販売していくだけがビジネスモデルではないと、Ubisoftのゲームディレクター、Damien Kieken氏はGDC 2014にて違った視点で切り崩しました。

海外サイトMP1stによると、『Assassin's Creed IV: Black Flag』のマルチプレイモードを指揮する同氏は、追加マップの無料配信が従来のアイテム課金制というモデルにどう関係しているかをカンファレンス内で説明したとのことです。
    "わが社の例を挙げて説明するならば、我々はアサシンクリードの全マップを無料で提供することにしている。その主な理由は、コミュニティーを分断したくないからだ。「俺はDLC持ってるから、DLC持ってる人だけとしかプレイしない」、「私の相方DLC持ってないの。彼、私と遊べないじゃない」そんなことを言うプレイヤーを出したくないんだ。そんなのナンセンスだ"

アサシンクリードのプレイヤーたちが皆同じコンテンツを楽しめるよう、お金はもっと別のことに使うべきというKieken氏の信条は、以前紹介した『The Elder Scrolls Online』が月額基本料を課す理由に共通する部分があります。
    "何故なら我々は、全てのプレイヤーにゲームの楽しみを共に味わい、共にプレイし、共に幸せになって欲しいから。そして、コスチュームや他のことにこそお金を費やして欲しいから"

特筆すべきなのは、アイテム課金制において無料マップを提供した結果、収益に増加が見られたという同社の仔細報告です。デベロッパーの大多数がアイテム課金制モデルの導入を決めている今日、同社のような理由でマップ等のコンテンツを無料提供する企業はそう多くはありません。こういった新たな試みがこれからのオンラインゲームをどう変えていくのか、開発側とユーザー側が互いに満足できる着地点に期待したいところです。
《河合 律子》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 新たなバンドル月額サービス「Humble Choice」が発表―「Humble Monthly」から改定へ

    新たなバンドル月額サービス「Humble Choice」が発表―「Humble Monthly」から改定へ

  2. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

    『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

  3. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

    『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  6. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  7. 机の上に小さな工場を建設する『Little Big Workshop』発表! 色々な製品を製造して出荷しよう

  8. 西遊記アクションADV『MONKEY KING ヒーロー・イズ・バック』PS4/PC向けにリリース―中国大ヒット映画のゲーム化

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

アクセスランキングをもっと見る

1
page top