『討鬼伝』新作が発表!武器種やストーリーなど全要素がボリュームアップ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『討鬼伝』新作が発表!武器種やストーリーなど全要素がボリュームアップ

ニュース 最新ニュース

公式サイトより
  • 公式サイトより
コーエーテクゲームスは、PS Vita/PSPタイトル『討鬼伝 極』を発表しました。

『討鬼伝』は、「無双」シリーズを手掛けるオメガフォースによる、壮大な和風ハンティングアクションです。その続編となる『討鬼伝 極』では、オオマガドキを巡る戦いから3ヵ月後が舞台に。前作『討鬼伝』の内容に加え、さらに難易度の高い任務や、薙刀などの新たな武器種、戦闘スタイルなど、すべての要素が大幅にボリュームアップしています。また、プレイヤーが戦う 「鬼」も、北の地に現れた未知の鬼“イミハヤヒ”のほか、新たな「鬼」が多数登場し、その数は前作の約2倍に及ぶボリュームです。

◆特殊任務
決められた「鬼」と闘うだけでは物足りないというモノノフのために、新たな形の特殊任務を追加されます。この特別な任務でしか手に入らないミタマや報酬もあり、新たな「鬼」から手に入れられる素材で製造する武器や防具の収集と合わせ、やり込み要素が満載。

◆連携システム
他プレイヤーやNPCとの共闘を行うことにより、「鬼」の部位を一撃で破壊する「鬼千切」よりもさらに強力な必殺技が使えるようになりました。また本作では、NPCの行動を司るAIをブラッシュアップ。より賢く、人間らしい動きをするようになった仲間のモノノフと連携して“鬼”に挑めます。

◆新モノノフ
『討鬼伝 極』では、前作のストーリーの後に、ほぼ同量の新たなストーリーを一挙追加。前作ではほとんど明かされていなかった、モノノフの起源や「陰陽方」や存在など、『討鬼伝』の世界をさらに深く掘り下げられます。また、「桜花(おうか)」や「速鳥(はやとり)」といった前作で登場した仲間のモノノフや、ウタカタの里のNPCたちは引き続き登場。それに加え、薙刀を操る「暦(れき)」のほか、新たに魅力的なキャラクターたちが登場し、壮大なストーリーが展開します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
公式サイトでは、新鬼「イミハヤヒ」、新プレイヤーキャラクター、暦のビジュアルも公開されていますので、合せてご覧下さい。

『討鬼伝 極』は2014年発売予定で、PS Vitaのパッケージ版の価格が5,800円(税別)、ダウンロード版が 5,143円(税別)。PSPのパッケージ版の価格が4,800円(税別)、ダウンロード版が 4,286円(税別)です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《栗本 浩大》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  2. スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

    スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

  3. 変化していく世界を描くミステリアスADV『Mosaic』2019年夏リリース―スイッチ版も発表

    変化していく世界を描くミステリアスADV『Mosaic』2019年夏リリース―スイッチ版も発表

  4. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  5. 新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

  6. 『レインボーシックス シージ』防衛初の盾持ち新オペレーター「Clash」の経歴が判明―TwitchとMiraが関係

  7. 冒険家の人生描くオープンワールドRPG『Outward』がDeep Silverより発売決定!

  8. PC版『モンハン:ワールド』中国WeGameでの配信停止―「多数の苦情」のためか【UPDATE】

  9. まだ削除しないで!『CoD:BO4』ベータ版クライアントが9月に「Blackout」対応のためアップデート

  10. 噂:「SteamOS」にWindowsゲームへの対応機能が開発中か

アクセスランキングをもっと見る

page top