海外『Minecraft』プレイヤーが制作した巨大ロボットが話題に、自走式で武装のリロードも可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外『Minecraft』プレイヤーが制作した巨大ロボットが話題に、自走式で武装のリロードも可能

ゲーム文化 インディーゲーム

海外『Minecraft』プレイヤーが制作した巨大ロボットが話題に、自走式で武装のリロードも可能
  • 海外『Minecraft』プレイヤーが制作した巨大ロボットが話題に、自走式で武装のリロードも可能
  • 海外『Minecraft』プレイヤーが制作した巨大ロボットが話題に、自走式で武装のリロードも可能
  • 海外『Minecraft』プレイヤーが制作した巨大ロボットが話題に、自走式で武装のリロードも可能


海外のハードコアな『Minecraft』プレイヤーが制作した、自走式ロボットの映像が同作ユーザーの間で注目を集めています。


このロボットを制作したのは海外マインクラフターのCubehamster氏。『Minecraft』の中で制作されたとてつもない建造物や自動制御オブジェクトはこれまでも多数公開されていましたが、なんとこのロボット「Mega Gargantua」は実際に歩行、戦闘まで出来てしまう緻密な作品。MODも導入しておらず、動作にはレッドストーン回路やピストンブロックを利用しており、コマンドブロックも一切使っていません。



映像ではのしのしと歩く「Mega Gargantua」の様子もチェック出来ます。TNTブロックを射出するギミック、そしてリロードする動作までも実装されており、まさに戦闘用ロボットと言った設計です。こちらのワールドセーブデータはPlanet Minecraftよりダウンロード可能。また、制作には60時間以上を費やし、1200ものバックアップを取りながら作業していたとのことです。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 18 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 入国審査シム『Papers, Please』映像化が進行中、強烈再現度の撮影風景もチラリ

    入国審査シム『Papers, Please』映像化が進行中、強烈再現度の撮影風景もチラリ

  2. 「第9地区」ブロムカンプ監督の新作ティーザー映像…第1弾は無料配信を予定

    「第9地区」ブロムカンプ監督の新作ティーザー映像…第1弾は無料配信を予定

  3. 本物の熊とツーショット!『トゥームレイダー』ララ・クロフトの本気過ぎるコスプレ

    本物の熊とツーショット!『トゥームレイダー』ララ・クロフトの本気過ぎるコスプレ

  4. 『LoL』韓国選手Fakerの収入は100万ドル超、同作プロシーンで初のミリオン達成

  5. 【現地レポ】『WoT』世界最強の栄冠を手にしたのは―モスクワ「The Grand Finals 2017」決勝戦

  6. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 動画配信サービス「Beam」名称変更、「Mixer」へ

  9. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  10. 『DEATH STRANDING』は既にPS4で動作―小島監督がトライベッカで語る

アクセスランキングをもっと見る

page top