機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場

ゲーム文化 Kickstarter

機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場
  • 機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場
  • 機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場
  • 機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場
  • 機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場
  • 機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場
  • 機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場
  • 機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場
  • 機械軍団と戦うオープンワールドサバイバル『Second To One』がKickstarterに登場

『DayZ』や『Rust』などのヒットによりブームとなっているオープンワールドサバイバルジャンルですが、また新たに『Second To One』なる作品がKickstarterに登場しました。


本作はもはや人間が食物連鎖の頂点ではなくなり、無慈悲な機械軍団が人間を蹂躙する世界が舞台。プレイヤーは資源調達や装備のクラフト、派閥への所属などを行い、この厳しい世界を生き抜いていかなければなりません。本作では次のような要素を特色としています。

  • 恐ろしい機械軍団に支配された世界

  • パーツのサルベージ及び技術のクラフト

    機械部品からクラフト可能な技術

    ・防犯カメラ

    ・壁や床に設置可能なセントリーガン(ショットガン及びマシンガン)

    ・コンピューターシステム

    ・通信デバイス

    ・アップグレードされたバッテリー駆動のユーティリティ

    ・エレベーター

    ・警報機

    ・リモート操作のドアシステム

  • NPC派閥への参加や先導

    登場勢力

    ・The Militants

    ・The Survivalists

    ・The Bandits(自分のチームを裏切ったプレイヤーのみ参加可能)

    ・独自の勢力

  • ミッションを達成し、ランクを上昇

    ミッションタイプ

    ・Search & Destroy: 対象のプレイヤーやNPCを追跡し排除

    ・Raids: ライバル派閥への攻撃

    ・Rescue: ライバルの拠点に捕らわれている人質の救出

    ・Vehicle Mission: 乗り物の回収や破壊

    ・Convoy: 貨物トラックを敵派閥から防衛

  • 興味深い拠点

    ・プレイヤーグループは敵の拠点を奪い、領土を拡大可能。

  • 乗り物及びモジュールアップグレード

    ・森林エリアでは入手困難な車両は、機械軍団が制圧している都市エリアで発見可能、修理して盗むことができる。

    ・車両はロッカーを設置して移動拠点としたり、機銃などで武装可能。また、自動車爆弾にして拠点攻撃にも使用できる。

  • ステータスをブーストする消耗アイテム

    ・効果は良いものだけでなく、副作用や依存も。

  • グラフィカルなクラフトシステム

  • 拠点構築と建物

  • 狩猟と家畜化

    ・現時点では動物は食料源だが、将来的には友好的なペットにし、訓練して敵と戦わせる事も可能になる。また、他のプレイヤーとの取引にも使用できるようになる。

  • 資源集めと探索


他の作品とは一味違ったサバイバルが楽しめそうな『Second To One』はPC/Macを対象に2015年リリース予定。Kickstarterの目標金額は14,000ドルで現在は約1,000ドルが集まっています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. もし『オーバーウォッチ』が格闘ゲームだったら…完成度高めの海外ファンメイド映像!

    もし『オーバーウォッチ』が格闘ゲームだったら…完成度高めの海外ファンメイド映像!

  2. 海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道

    海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道

  3. 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ

    『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ

  4. 海外『マインクラフト』チームが作った世紀末都市が壮大過ぎる…8ヶ月がかりで築かれた2,000x2,000ブロック

  5. 映画「カン・フューリー」続編にシュワルツェネッガー参戦!まさかの大統領役でファスベンダーと共演

  6. 「日本のやり方はうまくいかない」韓国のe-Sports協会「KeSPA」合同取材で見えた日本のビジネスモデルの穴

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 対戦型恋愛シム『Monster Prom』Steamで4月末発売、気になるあの子をひと狩りいこうぜ!

  9. 『LoL』PENTAGRAMにペナルティ、Dara、Tussle選手に警告を付与―在留カードを提出させた問題で

  10. 宇宙ステーション構築管理シム『Starmancer』のKickstarterが開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top